左右両方をチェックします。
骨盤が引っかかるような感じがしたり、曲げにくい場合は、外旋があります。
足をちゃんと外に開けない場合は、外旋があります。
膝の下のすき間をパートナーにチェックしてもらいましょう。すき間があれば、外旋がある可能性が・・・。
リラックスした状態で、パートナーにチェックしてもらいましょう。力を入れてしまうと、わかりにくくなるので注意。
足先が下がるために、つまずきやすくなります。こういう傾向のある人は、外旋のある可能性が・・・。
ここに無理が生じているため、筋肉が硬くなり、痛みが生じています。
腰痛。坐骨神経痛。
そんなあなたの痛みの原因はもしかしたら股関節が原因かもしれません。
簡単にできる股関節外旋・内旋の自己チェックをしてみましょう。
外旋?
外旋?
股関節自己チェック
1.立った姿勢で腰を横に曲げにくい
2.あお向けに寝た時、足を外に開きにくい。
3.あお向けに寝た時、膝の後ろが床につかない。
4.あお向けに寝てひざ頭を真上に向けた時、 足首が伸びて、内側に曲がっている。
5.何もないのに、よくつまずく。
6.ももの外の付け根が硬くなっている。   または押すと痛みがある。
股関節の外旋・内旋からくる腰痛・坐骨神経痛には股関節の矯正が必要です。
装着するだけで効果のある股関節矯正ベルトをお勧めします。
足、腰の痛み、機能障害、凹脚に対し、多くの成果を上げている治療法の基本となる考え方、『股関節の外旋』は健康雑誌『さわやか元気』(1999年6月号)に掲載されました。
 さわやか元気