オーナー独り言 TOP

2000.11〜  2000.12〜  2001.01〜   2001.05〜  2001.11〜 2002.08〜 2003〜 2005〜


独り言は移動しました。

http://applejack.jp/hitokoto.html


2009.10.3  オリンピック
リオデジャネイロに決まった。オリンピックを招致する意味に経済効果や都市計画等があるのかも知れない。東京なら内需だったが、ブラジルなら新幹線受注など外貨を獲得する等、経済のオリンピックがもう始まっているのだろう。ぜひ金メダルをとってもらいたいと思う。


2009.8.31 総選挙

今回は民主党の圧勝だった。再構築するには一度Oに戻すこと、すべてを壊してからもう一度構築する。すべてがうまく行く訳がないだろうが再構築する大変さは小さな店の経営からみてもわかる。


2009.5.5  豚インフルエンザ

今年のGWは良い意味で予想外だった。いつもは連休の中日はだらだらと暇な時が多いが今年はずっと忙しい。これは豚インフルエンザと、高速渋滞の異常な程のマスコミ影響だろうか近場の行楽地に行っているのかも知れない。しかし、現実的にはインフルエンザは日本で大騒ぎし過ぎでいるようで、高速道路も時間をはずせばそれほどでもなかった。マスコミに振り回されない情報が大事。カリスマもそうだったなあ。


2009.5.2  ケヤキ

east店の裏のケヤキの木が2本並んであるが、この二つのケヤキはすごいなあと思う。いつも北側の木の方が早く葉の付きだす。いつになったら隣のケヤキに葉がつくのだろうと見ていると北側の葉っぱが立派に育って繁々としてからだ。そろそろ大丈夫かなとでも言うように木の下の方から大きくなって今日みたら上の方も少しづつ葉が大きくなり始めた。少ししか照らさない隣の太陽の日を遮らないように南側のケヤキが遅らせて葉をつける。『共存』という言葉を自然から教えられる。


2009.4.6  新入社員

見たからに真新しいスーツを身にまとった新入社員達が街に溢れだした。いつの間にか体がスーツにあって、顔も社会人の顔になってくるのだろう。お店でも1年目のスタッフと4月に入った新人とでは1年の差以上に違う。小学生6年生と中学1年生みたいだ。


2009.3.27 大リーグ

WBCで思う事。もっともっと日本人が大リーグに入って稼いでくる。NPBは代理交渉や情報、分析等に力を入れ大リーグで戦える選手を育てるなんていうのはだめかなあ。


2009.3.25 WBC

連覇で日本中が大騒ぎのWBC。新聞の記事になんとなく釈然としない気持ちになった。内容はWBCの主催は大リーグ機構(MLB)と大リーグ選手会であるために他国が運営面の改善等を求めてもなかなか応じないらしい。キューバのカストロは世界3強の日本韓国キューバを2次で同じ組に入れたという事を批判していたようだ。確かに韓国と5度も対戦するシステムはおかしいとも言える。色々な国と対戦して世界の頂点という実感が湧くものだ。一番納得いかないのが収益面。日本代表についたスポンサーなど全ての収益はMLBの運営会社に集められ各国に配分される。配分率がMLBと大リーグ選手会が約33%づつで 計66%なのに日本は13%。前回の収益は約15億5千万程度で今回は上回ったらしいがその半分が日本マネーらしいが優勝した日本の賞金は約3億円。日本プロ野球組織(NPB)は赤字らしい。強かなアメリカが見えてくるが、日本国内の経済効果に期待したい。


2009.3.23  祖先

人間の祖先の話を聞いた。遺伝子学では現代の人の遺伝子を辿っていくと20万年前の一人の女性に行き着くらしい(イヴ)、考古学的に言えば道具を使いはじめた時、進化論的に言えば猿が歩き出した時、面白かったのは心理学(?)的にいうと絵を書いた時だという。人の心や感情を持った時が人の祖先と言う訳だ。人の感情は今も基本的には変わっていないし、その目に見えないもの(心)をずっと残し続けてきた。自分の中に大きな大きな歴史が刻み込まれている。


2009.2.21  オーストラリア

シドニーとゴールドコーストに遊びに行ってみた。何も予定のないフリーなのんびり旅行だったからなのか心にくる刺激がない。オーストラリアだから?年を取ったから?美術、景観、食、ファッション等に刺激が感じられない。私が30年前に初めてヨーロッパに行った時とは文化も若さ違うから仕方ないのかも知れないが、自分のそういう気持ちが何か寂しいと感じた。そして帰ってから思った。もっと日本を楽しもう、東京を、文京区を白山を、、、そして身近な人を。


2009.2.8   ぬくもり

30年来のお客さまが80歳に。そう初めの頃は緊張したなあと思いながら手をとってシャンプー台までお連れする。そのお客さまの手の温もりがほんわりと癒される。


2009.1.29  釜山

釜山に行った。若い女性が前髪ぱっつんのヘアが目立った。あまり可愛いいと思える髪ではなかったが、人気歌手がやっている髪型らしい。昔日本も聖子ちゃんヘアをしていると誰でも可愛く見えた時代を思い出した。


2009.1.20  誕生日

今日、誕生日を迎えた。この日はアメリカ大統領の就任式。オハバ大統領の演説を自分に置き換えて聞いてみた。若いと言えない年令になった自分に元気を与えてくれた良いプレゼントだった。


2009.1.18 本物

最近「本物」探し、志向など本物という言葉を多く聞く。美容室(美容)の本物とはなんだろう?難しいが探していく年になりそうだ。


2009.1.10 不況

株が下がり経済が悪化で暗いニュースで始まった2009年。確かに自分の持ち株もきっと半分以下になったのだろう。お金は半分になったが自分にとって価値のあることに使えばそれはお金の価値以上の価値になる。2万円の旅行も4万円の価値のある旅行にすればいい。¥4000のカットもうんと気に入れば¥8000の価値だろう。得した気持ちになる使い方を(仕事を)していけばいい。


2009.1.4 今年は

新年はいつも目標をたてる。少し成熟してきた今年は『行動』『思考』『協力』だ。説明は長くなるので省くが、なんだか選挙ポスターみたいだな(笑)


2008.9.30 父の死から

8月28日の朝、父が悪性リンパ腫という病気で亡くなった。バタバタと事が進んで行き悲しんでいる暇もなかったが、叔父や叔母等の話や写真から父の人生を振り返ってみることが多くなった。子供の時とは違い今の自分は父の事が理解でき近く感じられる。また、相田みつをではないけど、生きているという事はどうしようもない死という宿命を背負っていることを再認識させられ、自分に今をどう生きるかを問いかけてきた。


2008.7.6 形

『天才とは1%のインスピレーションと99%の努力である』Genius is one percent inspiration and ninety-nine percent perspiration.
有名なアルバート・アインシュタインの言葉。『努力』と訳されている『perspiration』のそのもう一つの意味は『汗』。『天才』のところを『成功』と置き換えてみると、まさに『成功の裏には99%の汗がある』。こんな内容のメールマガジンが届いた。他でこういう事も聞いた。アイデア製品など思う人は多いがそれを形にした人が勝ちだと。技術等でも練習や勉強すればできる様になるのはわかってるよと思う人は多いが「形」にする人は少ないのではないだろうか。


2008.6.8  猿回し

白山神社のあじさい祭りが始まった。そこで猿回しがやってくる。ひもにつながれて芸をする姿に我々も目にみえないひもにつながれて猿回し師に動かされているのかも知れないなあと思ってしまう。可哀想に思う事はなくつながれていることの安心感と幸福感があるのかも知れない。


2008.5.29 舟場吉兆の廃業

インタビューで社長が攻められていた。『誰の為にやっているんですか?』何も言えないだろう。偽装に続いて食べ残し使いまわし事件ではお客様の裏切り行為以上に悪質。「『一期一会』のおもてなしの心を大切に」という創業者の心は会社が大きくなった経営者には届かなかったのだろう。ブランドを作るのは大変な努力と時間がかかったに違いないが失うのはあっけなかった。自分は「『一期一会』のおもてなしの心を大切に」を大事にして行こう。


2008.5.27 ブランド

箱根に行くと必ずと言っていい程アウトレットに寄って帰る。昔はアウトレットというとブランド店等で並んでいるものと同じ物が工場等ででる傷ものなどのB品だった。今や4500億円に達するといわれるアウトレット業界。正規の値段事体がその価値があるのかどうかが不思議だ。最近は食品の改ざんがニュースに出ているが、色々な分野で消費者の真の価値を見分ける力が、これからの本当のブランドを作っていくのだろう。


2008.5.23 美容理容

最近は理容関係のオファーで講習をする事が多くなった。それは組合いの古いしきたりから解放されたと言う事なのだろうか。理美容師法が出来たのが戦後S22年だからこの頃の男女を想像すると今の男女とは容姿も感覚もかけ離れているが、今も理容美容師法が分かれたり、いくつかの改正はあるものの法律は大きくは変わっていない。理容とは容姿を整える事と書いてある。それに対して美容とは姿を美しくする事という定義だ。お役人が理と美という文字を変えて作った法律から今は解放され、カットの目的を「美(ファッション)を追求する」理容師さんが増えてきたのだろうかと思う。


2008.4.7 大嵐

いつもの勝浦へ行ったが夜から大嵐。何度も行く勝浦だがこんな天気は初めて。しかしここの自然を味わうと言う事はこういう事なんだと感じた。ここは晴ればかりじゃない大雨や強風もある、穏やかな海もあれば荒れる時もある、全部受け入れてここの自然に触れあう事なんだろう。そう思ったら嵐も楽しくなった。


2008.3.25 卒業式

今年も卒業式シーズンが終わった。最近はお母さんの振袖を着たりそれと袴という人が多くなった。新しいものではなく昔のものを利用してという感じだった。レンタル料は減るが古いものと今の着方や髪型を合わせて今流。良い事だと思う。


2008.3.17  「ラスト・コーション」

久しぶりに中国の映画を観に行った。中国のニュースで大胆な映画のカットと主演女優のタン・ウェイのコマーシャルが放送禁止処分になったと政治的圧力なニュースをみてちょっと興味をもった。この処分はいいのか悪いのかは分からないが、何でも自由という当たり前に生きている人たちには否定的に見える、しかしその自由が世の中を悪くしている事も事実。


2008.1.22  香港

社員旅行で香港に。ある笑い話を思い出した。沈没しそうな船から男性を飛び込ませる方法はアメリカ人には飛び込めばヒーローですよ!と言えば皆飛び込み、イタリア人は女性に持てます!と言えば飛び込む、ドイツ人にはこの船の規則です!、イギリス人には紳士ですよ!、フランス人には飛び込まないで下さい!、日本人には皆飛び込んでますよ!だった。中国人の男性にはお金をもらえますよ!かも知れない(笑)


2008.1.14  成人式

今年は新成人は135万人(男性69万人、女性66万)で過去最低、その反面、新生児は1069万人で上昇になって団塊Jr達が子育てに入った様でもある。また、全国の65才以上の人口は20・3%で15才未満の人口の13・8%を上回っているので、これからおばあちゃん子が増えそうな予感。


2008.1.13  2世代

成人式の髪型を親子で相談に来る事はめずらしくない。しかし、そのお母さんの成人式の時にも仕度をしている2世代で成人式の仕度をさせて頂くのは初めて。なんとも感慨深い。


2008.1.7  七種粥

お正月のあいさつはいつまでという素朴な疑問でネットで調べてみた。1月15日の小正月の松の内が明けるまでという。しかし、今はなんとなく今日の1月7日の七種粥までが正月気分。昔は時間がゆっくり流れていたが今は1年が忙しなくなった。


2008.1.1  新年

今年は美容界では変革の年と言われている。今年も平穏にと保守的に考えてしますが「守り」は変化に弱い。今年は常に攻めと柔軟さをもっていきたい。「攻撃は最大の防御なり」野球部の時によく聞いた言葉だがこんな所でも使えるかもしれない。


2000.11〜  2000.12〜  2001.01〜   2001.05〜  2001.11〜 2002.08〜 2003〜 2005〜



自動で移動しますが出来ない場合は下のアドレスをクリックして下さい。

http://applejack.jp/hitokoto.html

Quick Link

トップページ本店East店MENUお休みの予定キャンペーンお問い合わせメール
 
ドライカット縮毛矯正エクステンションドレッド撮影写真ブログ
ヘナ染めケラチンパーマR-mentまつげパーマジェルネイル
着付け出張サービススタッフ募集カットモデル募集講習関係┃Q & A┃

 ちょっと休憩・・・
スタッフのスナップ写真┃近所の写真┃4コマまんが┃リンク┃オーナーの独り言


  


サイトのオリジナルは全て無断転写禁止