エッセンシャルオイルは非常に濃厚なため、
何かに希釈して使わなければなりません。

純粋な植物油はエッセンシャルオイルを体内に
確実に運び込むキャリアの役割を果たすとともに、
実はこの植物油だけでも、たくさんの有効成分を含み、
健康や美容に大変効果をもたらしてくれるのです。

 こんなにあるキャリアオイル。

それぞれにすばらしい個性があり、エッセンシャルオイルと組み合わせることによって、
より大きな効果を期待できます。
アロマテラピーでは脇役に見えるキャリアオイル、その秘められた特性をご紹介します。



クリックするとオイルの持つ特性が表示されます。

グレープシード油 
 セサミ油 
 マカデミアナッツ油 
 ホホバ油 
スウートアーモンド油
 ツバキ油 
小麦胚芽油 
月見草油 
ピーチカーネル油 
アボガド油
 ローズヒップ油
ココナッツ油 
ピーナッツ油 
サフラワー油 
サンフラワー油
  ヒマシ油
メマツヨイグサ油
 ボラージ(ボリッジ)油 
 オリーブ油 
 キャロット油
イブニングプリマローズ油 
カロフィラム油 
セントジョンズワート油 
カレンンデュラ油

 
グレープシード油
  • ぶどうの種子から取れるオイル。ビタミンを豊富に含み、肌への刺激が少ない無臭のオイルです。
  • ビタミンEが多いため酸化しにくく肌を若返らせます。
  • リノール酸を多く含み美溶液にも適しています。さらっとしていて、脂性の人にもなじみます。
  • イギリスのアロマテラピストがよく使います。
セサミ油
  • インドでは、アーユールヴェーダーとして、古くから病気の治療や、美容、健康のために使用されてきたオイルです。
  • 治癒特性が高く、全タイプの肌に良い。
  • ビタミン、栄養を多く含む。
  • 血行促進、傷、火傷にも良い。
  • 浸透しやすくマッサージに向いています。
マカデミアナッツ油
  • パルミトオレイン酸をはじめ、人間の皮脂に類似した脂肪酸組織を持つオイルなので、肌になじみやすくベトつかない。
  • ヴィタミンを豊富に含み、浸透力に優れている。
  • 酸化しにくく安定している。
  • しっとりと伸びが良いのでマッサージ用に適しています。全身向き。
ホホバ油
  • すべてのタイプの肌の人に。
  • 強いにおいはなく、比較的さっぱりとした使いここちのオイルで酸化しにくくほかのオイルに少し混ぜると酸化防止的役割をします。
  • 浸透性に大変優れ、皮膚の保護作用、消炎作用、殺菌作用、痩身、紫外線防止作用あり。全身向き。
スウィートアーモンド油
  • 強いにおいはなく、さっぱりとした使いここちのオイルで、やや酸化しにくく、ビタミン、オレイン酸、脂肪酸、ミネラルが豊富です。
  • 皮膚をやわらかくする効果があります。粘度が低くボディー向き。
  • 栄養価が高いため、赤ちゃんには精油を混ぜず、このオイルだけでマッサージするだけでも効果的。
  • 抗癌作用があり、食用にも広く使われています。
ヘーゼルナッツオイル
  • 必須脂肪酸を適度に含み、パルミトレイン酸を20%以上含む。さらさらして浸透性に優れ、筋肉にもよいされる。
  • ビューティーケア用としてもよく使用される。香りが気になる場合はコーンやアーモンドのオイルと混合する。
ツバキ油
  • 強いにおいはなく、皮膚への浸透性が高いのでべとつきません。
  • 酸化しにくく、皮膚をやわらかくする効果があります。全身向き高級オイル。
小麦胚芽油
  • フイートジャーム。ビタミンEを豊富に含んでいるため酸化しにくく、他のベースオイルに10%位加えておくと酸化しにくくしてくれる。
  • においやしっとり感の強いオイル。乾燥肌に良く、老化防止効果、肌を若返らせる効果が期待できます。
  • ただし、小麦に対してアレルギーのある人はパッチテストをしてから使うほうが安全でしょう。
  • 内服でコレステロールを取り除く作用があるといわれています。
月見草油
  • 最近ベービーフードなどで見かけるガンマーリノレン酸を豊富に含んでいます。ガンマーリノレン酸はアレルギーや生理痛を抑える働きがあります。
  • アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症の方はカプセルに入れて内服するほうをすすめます。
  • 他のオイルに10〜20%位加えて使用するのがよい。酸化しやすいので注意。
ピーチカーネル油
  • 比較的さっぱりとした使いここちのオイル。
  • 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の両方を含み、細胞に活力を与えてくれます。
  • きめが細かいのでフェイスに向いています。

  • 甘い芳香でしかもさらっとした感触は美溶液としても使いやすいでしょう。
アボガド油
  • 肌に対する浸透力が強く、ビタミンAとB、ミネラル、葉緑素など栄養価の高いオイル。
  • しっとり感の強いオイルなので、乾燥肌、日焼け肌の手入れ、老化した肌に向く。
  • 単独で使うとベタつきがきになることもあるので、他のオイルに少し混ぜて、保湿効果をアップさせます。
ローズヒップ油
  • 不飽和脂肪酸を多く含み、細胞機能を高め、新陳代謝を活発にする働きがあるので、

  • しわの部分や老化した肌に向く。
  • 皮膚の損傷を修復する働きがあり、皮膚疾患、、色素沈着の肌の改善、外傷、やけど、成熟化前の肌の老化現象、傷跡など、様々な肌の障害にこのオイルがすばらしい効能をあらわすこ とが、ラテンアメリカの皮膚病研究によって明らかにされたそうです。
ココナッツ油
  • 分留ココナツなら、非常にさらっとしていて浸透性が高くべとつかない
  • サンオイルに使用されることが多い。ヘアケアやサンオイル向き。
  • 固いココナッツオイルに熱を加えて液化し、混合物を分離して取り去ったもの。
  • 敏感肌の人は使用前にパッチテストを行う。
ピーナッツ油
  • すべてのタイプの肌の人に。蛋白質、ビタミン、ミネラルを含みます。
サフラワー油
  • サフラワー(紅花)の種子から取れるオイル。タンパク質、ビタミン、ミネラルが含まれます。
  • 深い山吹色で未精製の物は必須脂肪酸に富み、ヴィタミンEを適度に含む。酸化しやすいので冷蔵庫で保存。
  • やや肌を乾燥させる性質があるので、脂性肌向き。またはアボガド油などとブレンドして使用しましょう。
サンフラワー油
  • ひまわりオイル。すべてのタイプの肌の人に。適量の必須脂肪酸、豊富なヴィタミンEを含みます。
ヒマシ油(Ricinus communis)
  • 非常に粘性が強く、痛んだ髪のトリートメントに使用される。
  • お風呂に入れると、細かく拡散されるので、バスオイルに向いています。
メマツヨイグサ油
  • 良質の必須脂肪酸を多く含み、酵素の活動を助けて、湿疹や炎症、乾せんを改善してくれます。
ボラージ(ボリッジ)油
  • 必須脂肪酸の含有量が特に豊富で、皮膚細胞を強化し老化を防いでくれます。
  • 月見草油の2倍以上のガンマリノレン酸(GLA)を含んでいます。
  • 肌に活力、色つや、弾性を与えるためのフェイシャルトリートメントに適しています。
  • 湿疹やかいせんを治し、ホルモン異常による月経症候群や、胸の痛みの解消にも役立ちます。
オリーブ油
  • 不飽和脂肪酸、ビタミンE,プロビタミンAが豊富に含まれています。
  • 皮膚を保護し乾燥を防ぎます。皮膚を柔軟にする働きがあるので、スキンケアオイルとして役立ちます。
  • ヘアケアにも。購入の際は必ずエキストラヴァージンオイルを選ぶこと。
  • 外用は乾燥、炎症の肌に、妊娠線の予防などに利用、また昔からリウマチの痛 みの軽減に皮膚に擦り込むなどして使われてきた。

  • 内服 により心臓病の予防や穏やかな便秘薬として使われる。
キャロット油
  • 炎症を抑える力をもつキャリアオイル。特に乾燥肌、成熟した肌には、そのままマッサージするだけで効果的。
  • 植物をオイルに漬け込んで作られた侵出油ですので、他のベースオイルとは抽出方法が違います。
  • 皮膚の損傷、打ち身、あざなどに効果があります。ベータカロチン含有。
  • 単独の使用や高濃度での使用は、肌がオレンジ色に染まることがあるので、他のベースオイルに1〜10%の低濃度でブレンドして使用するとよいでしょう。
イブニング プリマローズ オイル
  • GLA(ガンマリノール酸)を8%以上も含むことで有名なオイル。スキンケアに適した贅沢なオイルです。
  • 特に老化した肌の蘇生に効果を発揮します。
カロフィラム油
  • マダガスカル産ノオトギリソウ科テリハボク属の種子から採れるオイル。
  • 発疹制皮膚病、水虫や血液循環不調(静脈瘤、赤鼻、痔)などを好転させるのに効果的です。
セントジョンズワート油
  • 皮膚を癒す特性からヨーロッパで何世紀にもわたって使われてきたオイル。
  • 花をピーナッツオイルに浸出することで得られるオイルです。
  • ダメージ肌に適しています。傷、日焼け、打撲傷、痔、座骨痛、リウマチ等に使用。
カレンンデュラ油
  • マリーゴールドの花をひまわり油などで浸出することで得られるオイルです。
  • 元来肌を癒す特性があるとして古代エジプト時代から愛用されていました。

  • 乾燥肌、ダメージ肌などの敏感なお肌を癒し、適しています。
  • 炎症をおこし、痛みやかゆみを伴う皮膚病、火傷、湿疹、おむつかぶれ、ひび割れた乳首の症状緩和、切り傷、擦り傷、破れた毛細血管や静脈瘤を治すのに使われる。
  • 抗炎症作用には同量のセントジョーンズワート油と混合
AROMA TOPHOME



This contents are designed and produced By KICCO