2005.4 レーシック(視力矯正)手術

念願のレーシック手術を受けてきました。
私は近視と乱視がきつくって視力が0.1位しかなかったのでいつもコンタクトだったの。
でも、コンタクトって目が乾くと不快だし、ゴミ入ったら痛いし、目が疲れるし、傷つくこともあるし
以前からレーシックの存在は知ってていつか受けたいとは思ってた。
最近レーシックの値段が下がってきたのと、どうせいつかやるなら一刻も早いほうが得だろうと思い
即刻受けたい気持ちでいっぱいになり、即、梅田にある遠谷クリニックに予約しました。
遠谷は専門の眼科なので精密検査も本格的に何度も何度も受けた上で
個人的な乱視情報に基づいて、きっちりあわせてレーザー当ててくれるんです。→遠谷へのリンク

2週間ソフトコンタクトを休んでめがねだけで過ごした後やっと手術の日がやってきました。
手術の様子はビデオにとって渡してくれるというサービスまであって私も録画してもらいました。
手術は目をあけたままやるのでさすがに怖かったです。

手術の手順は、機械で目の表面の角膜を薄くスライスして剥ぎ取り
角膜内部をレーザーで削り取り厚みを調節した末
先ほどスライスした薄い角膜を張り合わせるという手術です。

機械が結構、轟音発するのでそれがとにかく怖くて怖くて・・・
目を開けたままじっと我慢すること約10分。すぐですね(笑)デモ怖かった。

手術後はすでに、きれいに見える(笑)
ちょっとしみるかな程度の痛みが4〜5時間続き、その後は乾くかな、って感じが続き
次の日はもう普通なんですよ。
レーシック、ほんとすごいです。
今までの近視生活、いったいなんだったんだろう。
こんな簡単に近視が治るなんて、夢でも見ていたみたいです。
おかげで視力は両眼1.5です。
肉眼で見る世界は以前よりきれいに見える。
この世界をますます好きになれた気がします(笑)

BACK



HOME




This contents are designed and produced By KICCO