越前ガニ漁11/6解禁!芦原温泉

日本海冬の味覚、ズワイガニ漁が11月6日解禁される。
海が荒れなければ、11月6日 午前零時、日本海に繰り出していた漁船が底引き網を投下、網を引いて海底にいるカニをとる。 福井県内の漁船は夕方には三国港などに帰り、水揚げされたカニは初競りにかけられる。
ズワイガニは福井県では「越前ガニ」と呼ぶ。山陰地方にいくと松葉ガニ。雌ガニはセイコガニ。山陰地方はセコガニ、石川、富山県ではコウバガニ、丹後地方などではコッペガニと呼んでいる。地元の人はセイコガニを好む傾向にある。
ズワイガニは日本海、オホーツク海、ベーリング海、北太平洋、北大西洋など広く生息している。 日本海では水深二百メートルから四百メートルの範囲に生息。 水温、餌、産卵場所、繁殖海域などに適している。
カニを賞味する日本人の嗜好が、ズワイガニを冬の味覚を代表するようにした。 一時は取りすぎでカニ資源が枯渇。 沿岸自治体、漁港等の努力で資源保護の成果を挙げている。

参考
甲 幅 :オス 最大15cm(足を広げると80cm)、メス 最大8cm
漁獲サイズ:オス(甲幅9センチ以上)は約11歳、メス(成体)は約11歳
成 長 :一生でオスは13回、メスは11回の脱皮を繰り返し、成長する。
産卵時期:初産は6〜7月、経産は2〜3月
寿 命 :約15年
生息水深:220m〜400m
産卵水深:220m
漁 期
オス 11/6 〜 3/20
水ガニ(脱皮直後のオス) 12/21 〜 3/20
メス(セイコ) 11/6  〜 1/10

名前について


女将のページへ

カニカニプランへ