ある時は真実を  
ある時は幻想を  
僕に映しだしてくれる  

どんな悲しいときも  
鏡を覗くと  
笑った僕がいる  

こんなに悲しいはずなのに  
こんなに淋しいはずなのに  
笑った僕がそこにいる  

どちらが真実なのか  
どちらが偽物なのか  
僕はわからない  

どんな時も本能を映しだしてくれる  
そんな鏡を壊したくなる  
壊したあとには悲しみしか残らないのに    

鏡の世界に入りたくて  
僕はいつも鏡を眺めている