ここに聞こえるのは
君の声?
僕の声?

ほんの少しの言葉が
雑踏にかき消されて
君に届かない


この言葉を
君に届けたいから
もっと近くに来てほしい

僕の吐息が聞こえるくらい・・・