安い滞在先を探す
大まかな計画

・滞在期間はビザのいらない3ヶ月以内。2ヶ月は1ヶ所に留まり、会話のレッスンなど受けてイタリアに慣れ、その後1ヶ月弱をイタリアを中心に、自由旅行をする。・・・という大まかな計画をたてた。
・予算は航空券など全て込みで日本での生活費程度、オーバーしてもすこしだけで抑えよう。

ネットを使って探す
・最初は、検索サイトGoogle 等で「ロングステイ イタリア」と検索。
Google
WWW を検索 定年からの海外ロングステイ を検索
・イタリアの民宿施設「アグリツーリズモ」を発見。
    イタリア政府観光局 情報ライブラリー
    イタリア政府観光局
・当初,現地のアグリツーリズモと直接交渉・契約も考えたが、イタリア語が出来ないこととからあきらめ、H社を通すこととした。この会社には現地駐在員も常駐しており、何かと安心だった。

ロングステイ財団は、押さえるべきポイントではあるが、「ロングステイ宿泊ガイド」掲載の宿泊施設は私にとって予算オーバー。
・株式会社飛行船、イタリア政府観光局、ロングステイ財団については、ネットで情報を見るだけでなく、全て訪問した。
  

長期滞在先

所在地 期間 種類 予約方法
ローマ郊外アメリア 2ヶ月 一般家庭の1フロア−借用
ユーゴ家
H社経由

<参考書籍>全て地元の図書館で借りて読んだ。
書名 著者名 出版社
50歳からの海外旅行の手引き―初めてのヨーロッパを楽しむために 永井輝男 情報センター出版局
Aクラス海外旅行―個人旅行テクニカル・ガイド・ブック 桐山秀樹 マガジンハウス
イタリアの田舎に泊まる アグリツーリズモの楽しみ方 篠利幸 NTT出版
イタリア古都と街道 紅山雪夫 トラベルジャーナル
海外生活の手引き 西欧編U 財)世界の動き社
<私流基本書籍>買って読んだ本
ローマ帝国衰亡史 全10巻セット (ちくま学芸文庫)(エドワードギボン) 学生時代、岩波文庫で読んだ。イタリアに対する興味の原点。
塩野七生さんの一連の著作。そのなかでもとくに、ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫
海の都の物語―ヴェネツィア共和国の一千年〈上〉 (中公文庫)は力作。