ここでは、PixlrEditorについて取り上げます
普段絵をパソコンで描く人なら、一番利用頻度が高くなるページはおそらくここ

まずページに跳ぶとこの画面へ

もし日本語じゃなかった場合でも、ツールバーの「言語」で直せます

今回は、新しく画像を作成
ツールの一覧左側

膨張だけ赤いラインなのは、線が重なってしまうので色分けしただけです

トリミング 画像を選択した大きさにカット ぼかし 画像をぼかす
範囲選択 四角で範囲を選択 指先伸ばし 画像の一部を伸ばし塗る
自動選択 選択した色に近い範囲を選択 覆い焼き 画像を明るくする
鉛筆ペン 主線などに利用 赤目修正 写真で目が赤くなったのを修正
消しゴム 画像を消す 膨張 画像の一部を膨らませる
グラデーション 画面にグラデーションで色塗 スポイト 画像からカラーを選択
色の置換え 選んだ場所の色を変更 ハンド 画面より画像が大きい場合動かす


ツール一覧右側


選択範囲移動 選択した場所を動かす スポンジ 彩度をあげる
自由範囲選択 自由な形に範囲を選択 焼きこみ 色を濃い目に加工
塗り筆 主に色塗りに適してる筆 スポット修正 画像一部を周囲に溶け込ませる
バケツ 選択箇所を塗りつぶす 収縮 画像の一部を収縮させる
画面コピー ctrlで選んだ箇所をコピー テキスト 文字入力
定型色塗潰し 四角や丸・直線描画 拡大 画面拡大
シャープ 画像をシャープに カラー選択 色を選ぶ 選んだ色は下に反映

画面右側

レイヤー指定 レイヤーの重ね方指定 レイヤー効果 光効果やドロップシャドウなど


「アンドゥ」(一つ前の動作に戻る)はショートカット・ツールバーにあるのですが
両方私のPCではダメでしたので履歴を活用しております 履歴からだと幾つか前でも戻れます


画面上にあるツールバーの解説

ファイルや画像などは、他のソフト系とあまり変りませんのでここでは名前だけでは
わかりにくいフィルターの内容紹介

ぼかし 画像をぼかす シャープ 画面をくっきり
ノイズ 細かい点々描写 拡散 画像を散らす
スキャンライン 画像にライン ハーフトーン 画像をトーン化





入口に戻る