×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


vTop v 新 築 v リフォーム・耐震改修 v住まいへの想い v 会社案内 v お問合わせ v

住まいの耐震博覧会レポート
2008.08.02-03

今年も『住まいの耐震博覧会』(旧 ナイスわくわくフェア)に出展して参りました。
最近は大地震が続き、耐震に対して関心が高まり、大勢の方が来場されました。

 展示会参加の目的 

 ・お客様と接し、会話をする場を作る

・地震対策の知識をさらに高める

・メーカーの新商品に実際に触れ、情報収集をする

・展示をする事でデザインや施工の良さを相手に伝える力を磨く

 テーブルレイアウト 

                    左  : 耐震改修の木軸模型
                    右上: 卓上プレート
                    右中: 名 刺
                    右下: 施工写真アルバム

 テーブル詳細 

【耐震改修の木軸模型】
・耐震改修箇所が分かる木軸模型です。
前回使用した模型に一般診断法の構造評点を追加で表記しました。
来場者の方から「構造評点の基準が分からない」「補強箇所が分かりづらい」などの
アドバイスを頂きましたので次回は改善したいと思います。
(※一般診断法は震度6強から震度7程度を想定しています。)

【卓上プレート】
・大路工務店の所在地が分かるように『朝霞市』と入れました。
プレートはベニアや角材、アクリルなどを使用し、シンプルに仕上げました。

【 名 刺 】
・代表者の名刺を置きました。来場者の方より業者の方が多く名刺を持っていってしまい、
来場者の方に満足にお渡しできなかったので、次回は対策を練りたいと思います。

【施工写真アルバム】

・今までの施工写真が載っています。
写真はほんの一部ですがデザイン的にも施工的にも
丁寧でポイントを押さえていることが分かります。

 ブースの左側 

図面と写真を並べて見比べやすくしました。

【キッチンリフォーム】
既成のキッチンにカウンター収納を付けました。
キッチンの上が目隠しになるカウンターやカウンター下の収納、
キッチンが汚れにくい工夫などが考えられています。

【PC机】
まだ色を塗っていないので未完成です。
お客様と打合せをしてデザイン、机の高さ、幅、収納などを決めました。
配線や天板に角度を付ける、手をかける箇所に丸みを付けて
手触りを良くするなど細部のデザインや使い勝手を考え製作しました。
図面も細部まで考慮された、質の高い作品ができたと思います。

 ブースの右側 

耐震リフォームの図面と写真です。
耐震改修と同時にリフォームデザインをしました。


・以前の部屋より明るく広くする

・健康に配慮し、調湿作用のある材料を使用する

・部屋の風通しを良くする

・現在ある建具、キッチン、タイルなど再利用する


生活スタイルと結びついた快適なリフォームができました。


 最後に・・・ 

展示作品は前回の展示した時の基盤があったので、それに付け加える形で展示しました。
テーブルの上も、ブースの両サイドもすっきり整理してレイアウトできたと思います。
次回も今回の反省点を改善し、さらに良い展示に心がけたいと思います。
展示会での目的の達成度は80点くらいかと思います。

『お客様と接し、会話をする場を作る』と言うのは非常に難しく感じました。
この展示会は一般のお客様が工務店を探す目的で来場するのではなく、
各工務店が自身のお客様をご招待し、実際に商品などを見てもらう場になっているので、
ほとんどの来場者は工務店ブースを素通りしてしまいます。
一列に並んでいる工務店ブースは非常に近寄りがたい雰囲気があります。
自分たちがブースにいると来場者が近寄らないので
遠くから見守り、興味がありそうだと判断した時に声を掛けることにしました。

NHKのニュースで取り上げられたので以前より一般の来場者が多くなり、
耐震セミナー会場は賑やかになりましたが工務店ブースにはほとんど来ませんでした。
それでも展示会に参加する事は会社にとってプラスになると思うのでこれからも頑張りたいと思います。2008.09.01.


過去の『住まいの耐震博覧会』レポートは、こちら⇒ 2008年3月

Copyright©2007 oji Co.,Ltd. All Rights Reserved.