〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通2-34-2             fax.052-851-2099

HOME > 診療方針

~ 診療および病院のポリシー ~

獣医学の発展と共に動物や飼主様のニーズも変化しています。一般診療に対する幅広い知識や経験だけでなく、自分の得意分野を持ったホームドクターでありたいと思います。一つの病院で全ての診療を行うのではなく専門家と連携し、難易度の高い疾患にも対応できるネットワークを持った病院である事を目指しています。
また地域防災に対しての対策も皆様と一緒に考えていきたいと思っています。

 ご案内

病気は治すのではなく予防するものであることは言うまでもありません。
飼主様方が受けている人間ドックも意味深いものです。動物も同様ですが、検査機器が発展してきたとはいえ、全ての病気を的確に健康診断で見つけられるものではありません。私が20数年間獣医師として診療を行い思うことは『飼主様の観察眼に敵う健康診断は無い』です。しかもタダ。飼主様が『なんかおかしい』と思った時は要注意、下記に例を挙げます。

  • ご飯を全部食べたけど、いつもペロッと食べてしまう子が食べるのが遅いどちらも『完食』ですが、病気の早期発見はこうした違いから分かれてきます)

  • 良く食べるけど少し食べ過ぎ。『いつもより食べる』も症状であることもあります

  • いつも散歩中3〜4回のおしっこが、回数が多く、一回の量が少ない

  • いつも飼主様が帰ってきたら玄関まで走ってくるのに寝ている

このように『いつもと違う』と感じる方は動物をよく見ている飼主様です。
私が恐れるのは『病院で健康診断したから大丈夫』と思い観察しなくなってしまう事です。
我々が行う健康診断は、こうした飼主様の観察の上に成り立っているとお考えいただきたいと思います。

ワクチン

ワクチン接種方法は『コアワクチン』と『ノンコアワクチン』に大別されます。
コアワクチンとは、世界中で感染がみられ、重症化しやすく命にかかわりやすい病気で世界基準で必ず接種しておいた方がいいワクチンです。
ノンコアワクチンは、その地域や飼育環境により必要か否かを判断するものです。


・コアワクチン(5種混合ワクチン) 
  生後2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月に3回接種。1年後に接種しその後は3年毎の接種。
   ※生ワクチンというタイプであるため一度免疫が成立すると長く効きます。
    始めに適切な接種を行うことでその後3年ごとの接種が可能になります。
    ただし、個体によっては3年以内に体内の抗体価が下がる場合もありますので、毎年抗体価検査を受けて接種時期を確認することをお勧
    めいたします。
 
・ノンコアワクチン(レプトスピラ感染症)
  初回2~3回接種後、年1〜2回接種。
   ※ネズミが病原体を運ぶ人にも感染する伝染病です。最近愛知県でもしばしば発症がみられるようになりました。アウトドアが好きな方や
    家にネズミがでやすい環境の方は接種をお勧めします。
    また近年の台風や豪雨による河川の氾濫、下水の逆流により住宅街への浸水が多くなりました。このときに病原体が拡散される可能性も否定できませんのでなるべく種する事をお勧めします。
    このワクチンは不活化ワクチンというタイプであるため生ワクチンのように効果が
    長持ちしません。年1回接種を希望される方は、レプトスピラは夏から秋にかけて
    感染しやすいため、春に接種されることをお勧めします。

・コアワクチン(3種混合ワクチン)
  生後2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月に3回接種。以後1年毎の接種。
  猫の接種間隔は、海外のガイドラインは3年に1回とされており、国内でもこの基準ので
  接種している病院はあると思います。海外は3種混合ワクチンが1種と2種の二本分か
  れており効果の持続が安定しない2種の方は毎年接種されています。3年毎に接種されて
  いるのは効果が長く続く1種(汎白血球減少症)です。我が国のワクチンはこの二つが
  1つにまとまって3種なので今のところ毎年接種としています。
  しかしながら、飼育環境によっては3年毎でいいこともありますのでご相談ください。

・ノンコアワクチン(FeLV:ネコ白血病ウイルス感染症)
  初回2回接種後、年1回接種。3歳齢まで
   ※同居猫にFeLVの猫がいる家または外に遊びに行く猫にお勧めします。
    家で単頭飼育の猫には接種する必要がありません。
    4歳以降は個々の免疫でワクチンを接種している猫同様の防御能力があるので
    接種の必要はありません。

 ※ワクチンの接種方法には諸説ありますが、当院は世界基準の基づいて上記の方法を採用しています。詳しくはお知りになりたい方は当院にお問い合わせください。

春の健康診断

フィラリア予防の前に感染の有無を調べる抗原検査を行いますが、8歳以上の成犬には一般血液検査をお勧めしています。一つだけ注意していただきたいのは『血液検査で全てがわかるわけではない』ということです。もちろん抗原検査は採血して行うので、ついでに調べることは有意義ですが、異常がなくても油断しないで上記の『観察』は続けてください。

 わんドック・にゃんドック

一般身体検査、血液検査、尿検査、糞便検査、
画像診断(レントゲン・超音波)、心電図、眼科、皮膚科、歯科検診など。
年齢などで上記の検査を健診A・B・Cに組み合わせています。

不妊手術について

欧米では『飼主のマナー』として推奨されています。(一部の国は除く)
これは動物はすでに家族同様であり、我が国ではドックカフェなど社交の場に飼主同伴で
出向く機会が一般的になっているからです。
その時に去勢していない雄が雌を追いかけまわしていたら、ちょっとねぇ、ということにもなります。
いずれにしても『番犬』から『家族』になって久しいのが現状の反面『避妊去勢をしていなければ自分の犬をコントロールできないのか!根本的なことができていないからだ』という国もあります。私としては後者の方がしっくりきます。

避妊手術

繁殖の予定がなく、避妊手術をいずれ行おうと思っている方は、なるべく早く実施することをお勧めします。生殖器疾患が予防できる事が主な理由ですが、代表的なものとして、初回発情前に避妊手術をすることで、乳腺腫瘍の発症率が明らかに低下することが挙げられます。4回目の発情までは確率は変わりますが予防効果は認められます。
これには反論する論文もありますが、避妊手術が絶対的な飼育条件であるアメリカではほとんど乳腺腫瘍がみられないという事実からも私は正しい理論だと思っています。
デメリットとしては太りやすくなる、食欲中枢や運動量、基礎代謝にも影響するといわれています。しかし、適切な散歩や食事管理または定期的な体重測定で管理はできます。

去勢手術

避妊手術ほど病気を防ぐ効果はありませんが、去勢をしないことで乳腺腫瘍のような重大な病気の発症率が上がるわけではありません。やはり、『お行儀』の要素が高いと言われます。肥満に関しては避妊手術と同様です。

往診

往診は行っておりますが、基本的にご来院をお勧めしています。
症状や処置がわかっている場合や移動が動物にとって大きな負担になる場合は遠慮なくお申し付けください。

マイクロチップ

各自治体では『動物の殺処分0!』と目指して努力しています。名古屋では関係各所の努力で犬の殺処分は0になりましたが、猫はまだ達成できていません。
マイクロチップで個体識別が可能になると、もし万が一旅行先で迷子になっても、獣医師会や自治体の関連施設であれば必ずリーダーで個体識別を行いますので、知らないうちに処分されることはありません。
もう一つ重要なことは、防災対策にも一役かっているということです。2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震が記憶に新しいですが、飼主様と生き別れた動物たちが沢山いました。東日本大震災では、マイクロチップが装着されている動物がわずか1頭だけだったので、飼主様を探すのに大変な苦労しました。
また、災害時もしはぐれてしまってもマイクロチップが入っていれば安心です。
行政から補助金もおりますので詳しくは病院までお問い合わせください。