2006年JFL 前期第4節

【戻る】

春の嵐…?
4月に入っても肌寒い季節が続きますが、この日は寒い上に嵐も起こりました。いや、本当に。
出掛ける時は少し曇り気味の天気で1日持つかな?と甘く考えていましたが…
話によるとロッソの試合はよく雨が降るそうですが、雨どころではなく強風と雷も憑いてきました。いや。付いてきました。
試合前はほんとに強い風が吹いていて「強風で中止ってありなのかなぁ」と、ちょっと思っていたら雨が降り出してしまい 「おいおい、試合どうなっちゃうんだ?」と、不安になっていたら、 更に風は強くなり雨足は強くなり稲妻が上空で轟くという大嵐。
「荒天中止」という言葉が頭をよぎりました。
ちなみに試合前にスマップの曲が流れていたのですがタイミングがいいのか悪いの雷が一番激しかった時に 「青いイナヅマ」が流れていたのでとても笑えません。選曲した人も驚いていることでしょう。
試合前には雨は止み始め嵐が嘘のように晴れてきたので「なんだかなぁ」と言うか1時間弱で目まぐるしく 天気が変わったので試合前からエラク疲れてしまいました。
試合よりも試合前の天気の激しさばかりが印象に残る1日で頭の中で「青いイナヅマ」がずっとかかっていました。

1勝2引き分けで2試合連続で引き分けているのでここで勝っておきたかったと言う気持ちがちょっとありましたが、 相変わらず攻め込まれる時間帯があり、そう言う時に踏ん張り切れず1点献上。
3連続引き分けとなってしまいました。
立ち上がりはロッソの動き出しが良くない気がしました。緊張かな?ピッチが悪いからかな?エンジン掛かりにくいのかな?
ピッチ上の選手達は声を掛け合って修正していこうと言う気持ちが伝わってきたので「良いチームだな」と思いました。
ロッソで印象に残ったのは「ゆたかー!」と叫び続ける女の人。あんなに応援されていて「ゆたかー!」選手は幸せ者だなぁ。 って、思いました。応援の声が届いたのか同点ゴールは「ゆたかー!」選手でした。良かったね。
でも、近くにいたらちょっと迷惑かも(笑)>声の主

横河武蔵野は凄く入りそうなシュートが全然入らない。大丈夫かな?と心配になっちゃいます。
次節以降の試合からは気を抜いたら大量失点もあり得そうなチームとの対戦が続くのでうかうかしていられないという気持ち になっています。私がそう言う気持ちになっても仕方がないんだけど。
佐川印刷戦はあれだけ押されていたのに1−1の引き分けだったのでアウェーの試合としては結果的に良かったかな? と、思うですが…ホームで2試合引き分けなので次の試合こそ「絶対勝つぞ!」って気持ちでアウェー戦に挑んで欲しいです。
内容はものすごく悪いってサッカーではないし、むしろいい形の時間帯を作っていて そこで何故か点が入らないと言う不思議な現象が起きています。
右サイド池上の動きがとても良くて彼からパスでチャンスがあったのですが生かし切れず。本人のシュートもゴールに入らず。
なんか、なんか憑いているのは「あなたですか?」と、問いたくなった。嘘ですけど。
1点上げるところまでは良かったのでこのままの雰囲気で追加点を取れるようになったら良いと思う。 その肝心な追加点を取れずに追いつかれてドローなのが問題。
不安になる気持ちを払拭するような勝利を早く見たいです。

【戻る】