2006年JFL 前期第7節

【戻る】

君は見たか!?マルセイユルーレットを!
あれが「マルセイユルーレット」だと思うんだけど違うんですか?
原島が華麗に相手選手を抜き去ったのを見て感激しました。やれば出来る子!
あそこから得点が入れば2006年シーズンDVDに確実に入る名場面になったに違いない。
まずは私に分かり易くクライフターンとマルセイユルーレットを教えてください。 とりあえず小泉さんがくるくる回るのとは訳が違うことだけは分かります。(細かいネタ炸裂)

6戦やって3勝3分無敗で来ちゃったよ。凄いね。負けてないので気持ちが悪くなってきた。
小心者なんです…負けない状態に慣れてないんです。本当です。試合中にめまいを起こしました。
まぁ、昔の勝てない横河武蔵野を知る選手は本当に数えるほどなので今の選手達は プレッシャーを楽しんで1試合1試合に挑んで欲しいです。
あ、勝てない横河武蔵野を知る男達が裏方に増えていましたね。林君と城定さんです。
コーチではないようでベンチには座らなかったので残念。その内コーチとしてベンチに座って欲しい。 凄く楽しそうなベンチだなぁ。

ふと、後ろを振り返ったらアローズ北陸の窪田さん(相変わらず格好いい)がビデオを回していた。偵察ですね。
他にもいたのかも知れないけど分からないのでイイや。アローズ戦でもないのに窪田さんの顔を見られてラッキー。
無敗同士の対戦。東京ダービーと言うことで結構盛り上がりました。

試合の感想。
なんか見えない力(主に風)が働いていた。 駒沢っていつもピッチに風が吹いているような気がする。特に今日は強かった。
前半は風上で試合をしていたのでのびのびと試合をしているように感じました。
ボールも上手いこと回っていたし2得点上げられたのは凄い大きいと思う。
3点目も入ったら完全な横河武蔵野ペースだったかなぁ。もう一押し出来ないのが残念なところ。
村山の持ち味は発揮されていたし陽介は得点こそならなかったけど果敢に点を狙う姿勢は凄く良かった。 決まればもっと良いんだけど。うちらしい試合の展開。悪い部分はあまり出ず持ち味を発揮した感じです。
村山のハットトリックを期待しながら見ていたんだけど終盤は風下と言うことでちょっと押され気味だったかな。
前節同様に1点返されてしまったのが心残り。でも、ソニー仙台戦より佐川東京戦の方が安心して見ていられました。 ソニー仙台の方が「1点を取る」気迫が凄く感じたけど佐川にはそれほど感じず。 西が丘と駒沢のピッチとの距離の差なのかな?
攻めから守りに転じた時に相手の速攻に対処しきれない時が一番怖いなぁ。
前の試合もこの試合も終盤、残り時間後わずかと言うところから取られているので 同じ事を何度も繰り返さない事が大事かだなぁと思います。

後半に入ってからの敵は風下に立ったことでとにかく風。ゴールキックが思うように飛ばずに「あわわわ…」状態。
きちんと対処出来ていたのか相手も風に翻弄されていたのか分からないけれどキックからのピンチは特に感じず。 中盤がしっかりしてきた証拠かなぁ。
後半から入った瀬田は本多の代わり大丈夫かな?と思ったけれど悪目立ちせず淡々と守備をこなしていたように思う。
熊谷が顔に怪我?したようでピッチの外に出た時に「どうしよう〜大丈夫?」と、心配したくらいかな? 熊谷がいなく困っちゃうからな〜大した怪我でなかったみたいで安心した。
あわや1点な場面でも井上のスーパーセーブが飛び出したり打つシュートが何故か井上の前だったりとか。 井上のミスは1回だけシュートをキャッチしきれずに前へ弾いてしまいピンチを自ら招いたくらいかな? 気合いの入ったプレーっぷりだったので格好良かった。ゴールキックは風が強いから仕方がない。
小山のプレーも印象に残った。体を張って相手を防ぎ、こぼれたクリアボールを拾ったらまっすぐに攻め上がる。 得点に結びつかなかったけどチャンスがあれば攻撃に転じる姿勢が凄く好き。
これは小山だけじゃなくてどの選手にも言えるし追いつかないかも知れないけどとにかく走る。頑張る! ボールに対して一生懸命追う姿が今年は凄く見られる。
逞しくなった。強くなった。と、感じるのはこのあたりの部分かな。
まずは佐川東京を破ったのでこの後の上位チームとの対戦に弾みがつくと良いなぁ。

今の順位を見ていると負けない」事って大事だなって凄く感じます。

【戻る】