2006年JFL 前期第10節

【戻る】

主審は富山出身なのか?
前節の栃木SC戦がとてもふがいない試合だったので武蔵野へ行くのが憂鬱でした。 連続して大敗すると応援しているほうも凹みます。
試合内容は杞憂に終わったけど判定はどうかなぁ。と、思った。
「横河武蔵野に勝って欲しくない」と、言う意思を感じた。ここまでアローズ寄りで判定をされ続けると笑うしかない。

なんだか、審判の判定に「えー」って感じました。なんか、アウェーでゲームしているような感覚に襲われる試合でした。(笑)
試合の審判は出身地まで気を使って欲しいよ。って感じたんですけど、この方は富山出身ですか?
うーん、YKK APとアローズの差が広がらないようにアローズに勝って欲しいのかなぁ、この人。 と、ちょっと思った。それとも昔、アローズ戦でなんかやらかしちゃった負い目でもあるのかしら?
フリーキックの数がすごい事になってしまっている。やたらと横河のファールで試合を止めるので基準が厳しくなり 逆にアローズの側の警告が増えちゃったような。
何がしたいのよ、審判。と、思う試合でした。

試合はスコアレスドローでも前の試合が前の試合だっただけに「いやー良かったよ」と、ちょっと思うんですけどね。
なんだろう、このわだかまり。

まぁ、審判についてはこれ以上書いても仕方がないので他のことを。
対戦成績は圧倒的に分の悪い相手な上に失点がすごく少ないので得点を取れたら「奇跡」な気がしました。
チャンスはあるけどものに出来ず。逆にアローズの決定的なシュートを井上がスーパーセーブで防いだり、DF陣も 前回の大量失点で頭が切り替わったのかきっちりと守り抜き無失点で終わったのはすごく大きいと思います。
得点は本当に惜しい陽介のシュートがあったり、流れからシュートを打つことが出来たので枠にシュートが行っていれば 「何かが起きた」かも知れないなぁ。と、ちょっと思うところがあります。

残念なのはペナルティーエリアの外からのフリーキック。場所はほぼ中央で「狙ってください」という位置。盛り上がる客席。
田辺の蹴ったボールは見事にゴールに入ったのですが、審判の判定でノーゴール。違う意味で盛り上がる客席。
どこまでも武蔵野に勝たせたくないらしい。
仕切りなおしでもう一度、田辺が蹴っていたんだけど目先を変えて原島に蹴らせても面白かったんじゃないかなぁ。
村山が背中から落ちて痛めちゃったので次の試合が心配。
だんだん選手が満身創痍になってきたなぁと感じます。
これまで出番の巡ってこなかった選手たちに出番が回ってくるかも知れないので 出場の機会を得たらスタメンを取るチャンスだと思って力を発揮して欲しいです。

アローズはあまり強いと感じなかった。うーん、雨で滑っている選手が多かったなぁとか。
J2を戦力外になった選手が多いので横河武蔵野にいる選手たちよりもネームヴァリューがあるからアウェー側にお姉さんが いっぱいいるように感じた。ロッソの「ゆたかー!」お姉さんや三菱水島の「なべちゃーん!」おばさんとか ソニーの応援おばさんとか色々とすごい人がいるけど、アローズにもその系列の人がたくさんいるような予感です。

雨の中、思ったよりも人が入ったので急遽、スーパーシートを狭くして一人でも多くの人が屋根の下 で観戦出来るようにしてました。臨機応変に動けるスタッフの方の迅速な対応は好ましく感じました。
でも、いろいろと不満もあるだろうなぁ。と、思います。
スーパーシートは初の試みで手探り状態です。2〜3シーズンくらいの 長い目で見て欲しいなぁ。と、ちょっと思いました。やめちゃうのは簡単なので続けることが大事かなあと、思います。
スーパーシートについては個人的にスポンサーにはなれないけどチームに融資したいって気持ちの人が払うものかなぁ。と。
ちょっと高いけどチームの運営費になるなら喜んじゃう人のためにあると思うのです。
チーム運営の課題も色々あるようだし続けていくことの大事さを感じています。

【戻る】