2006年JFL 前期第13節

【戻る】

めんそーれ・めんそーれ・めんそーれ沖縄!
いやー良かったよ、沖縄。
ずっと体調が悪くて引きこもりしていたけど、この日のために体力温存していたなぁって感じです。
わざわざ沖縄へ行った理由はバースデー得割が利用できるから。今年こそ使おう!と決めていたので 実は初沖縄でした。結構、楽しかったです。
次は北海道を旅行したいなぁとか考えてしまいました。(どこか北海道のチームがJFL昇格しないかしら?)
うーん、やっぱり安いって素晴らしい。

入梅していたので天気が心配でしたが「日ごろの行いが良かった為」快晴。雨に濡れることはなく試合観戦できました。
前日の観光中にスコールに遭いましたけど「ああ、(亜)熱帯に来ているなぁ」って沖縄気分を味わいました。
今度は沖縄へ長期滞在したいなぁ。(出来れば蒸し暑くない時期に)
なんだかんだ言って晴れると日差しが強くてやっぱりすごく暑いです。 でも、思ったより試合観戦中につらく感じることはなかったです。公式記録では「晴」でしたが、 そんなに晴れていたと言う感じはしなかったです。沖縄天気なのかな?
北谷はメインスタンドに大きな屋根がないので大きな屋根があると良いのに。 狭い屋根の下はスタッフと試合に出ない選手、マスコミ用になっていました。残念。

競技場は「チームを盛り上げよう!」と、いう感じで応援コールの練習をしたり、琉球太鼓のパフォーマンスがあったり、 マスコットが来ていたりとにぎやかでした。
マスコットはワラビー君という眠たそうな顔をしたワラビー(まんまや)で子供に大人気でした。
私も試合の後に子供がいなくなった隙を見て握手をした。ワラビー君の手はじっとりと湿っていた。(そりゃそうだ)

試合前の選手、審判団が一列になったときにワラビー君もスタッフに連れられピッチに来た。集合写真を一緒に撮るのかな? と、見ていたら選手に混じって横河の選手と握手をしようと近づく努力をしていた。しかし、悲しいかなワラビー君の歩みは遅く 選手たちに気づいてもらえず。最後尾にいた田辺だけが気がついてワラビー君と握手をしていた。グッジョブ田辺!
先頭の井上に向かって「井上ー!後ろー!」って言っちゃったよ。(笑)
笑いすぎて田辺とワラビー君の握手と言う歴史的瞬間を撮り逃した。誰か撮れた人いないでしょうか?(笑)

試合のほうは「物足りないー!」の一言に尽きるかな。。
ピッチは選手の予想よりも暑かった?蒸していたのかな?
真夏の多摩や夢の島よりは快適なんだから走ろうよ!と、ちょっと思いましたが沖縄の暑さにすぐ慣れる訳がないですね。
炎天下だったらどうなっていたか分かりません。負けたかも。
アローズ戦以降の試合を見るのが久々だったのですが、調子悪いなぁ。 前節せっかく勝ったのに波に乗れないなぁと言う印象です。
中島の飛び込みは良かった。あとはシュートが枠に飛ぶかどうかだなぁ。決定的な場面で外しちゃったので悔しいだろうなぁ。
守備は本多さんが凄く良かった。相手のチャンスの芽を摘むってこういうことね。って膝を打つ感じです。
味方にいるとこの上なく頼もしいと本当に感じます。
あと、井上が相変わらず凄く当たっているので点を取って気持ちを楽にしてあげたかった。
琉球の決定的なシュートをガンガン止めていました。今年は「何点防いだよー!」って叫びたくなるくらい止めています。 横河に来た最初のシーズンは「危なっかしい」と言う印象でしたが、試合を重ねるごとにどんどん良くなっていくのを感じます。
やっぱり場数だなぁ。経験って大事だね。
じゃあ、何が足りないのか。その辺は選手たちが一番分かっているんじゃなかな。
点を取らないと勝てないんだから点を取るためにがむしゃらになって欲しいなぁ。

琉球は今はこの順位だけどリーグで試合を重ねていくうちに良くなるように感じます。 シーズン終わったら意外と上位にいたりして。
藤吉は「やっぱりヴェルディの黄金時代を支えた選手」だった。 動きが他とは違うのでフリーにさせると怖いです。上手かったなぁ。
リーグで得点を決めている福田も結果が出ている選手なだけあってゴールに対する感覚は鋭いと感じました。
元新潟のリカルドをちょっと観たかったけどベンチ入りもせず。もしも出ていたらきりきり舞いさせられていたかも。
あと、タチコという馬鹿でかい選手に全部ボール取られた。ブラジル人なんで足元も強いし厄介だったなぁ。

帰りの飛行機は結構揺れたので後から帰る選手たちが乗った飛行機はもっと揺れたらいいと思った。(笑)
羽田に戻ってきた感想は「涼しい!」でした。沖縄ってやっぱり暑いんだな。(当たり前だ)

【戻る】