2006年JFL 前期第14節

【戻る】

W杯リアルタイム中継見るの禁止!(夜更かし禁止)
いや、気持ちは分かるけど自分たちがスタメンだ。ベンチだ。と、言うことは前日に言い渡されていると思うんだ。
なので、誘惑に負けて夜更かししてコンディションを悪くして試合に出るって言語道断な気がするんですが。
どうなんでしょうか?みなさん、我慢していますか?自制していますか?

前節は沖縄独特の暑さにへたれていましたが、この日は梅雨の中休み。爽やかな天気でした。
相手は前節6失点の三菱水島。大量失点は避けたいところです。
「失点するくらいなら相手をファールで止めてしまえ!」と、いう感じがしました。 とにかくガンガン当たってくる感じで見ていて痛い。「開き直った人間は怖い!」そんな感じです。
キャプテンの高松選手が一人上手で猛烈なドリブル突破で横河の選手たちを抜いてたり、シザーズでかわしたり。 と、見せ場を作っていました。(試合を見ていた選手たちが盛り上がっていた)
一人上手い人がいてもチーム全体が…だと厳しいところですね。
一生懸命だけじゃ勝てないというのが辛いところだなぁ。昔の横河を思い出す。
負けちゃったけど三菱の方が必死さが伝わってくるので応援している人は「次、頑張れよ!」って言いたくなると思う。 4本しかシュートを打ってないのに凄く苦しめられた印象です。
私も全社で何度か見ているのに頑張って欲しいなぁと思う。苦しみを乗り越えた後に得る強さが備わるチームじゃないかなぁ。 そういう風に感じました。

横河武蔵野は「大丈夫?」というか「結果だけで満足しちゃ駄目だよ?」とかそういう感じになってしまう。
内容はともかく結果が出ているので複雑。こんなことでいいのか!(良くないと思う)
見ていてすっきりせず、不完全燃焼というサッカーなので見ていてもどかしい。
別に手を抜いているわけではないし頑張っているんだけど内容があんまり良くない。
野球にたとえると先発全員安打をしたのに残塁数が異常に多くて記録樹立って感じかなぁ。
20本以上のシュートを打って1点だけじゃ見ている側は「なんじゃそりゃー!」と、言いたくなる。 選手たちも「こんなはずでは!」と頭を抱えているだろう。  
陽介は2点くらい損してる。何故、決まらない!?呪い?
今年の試合は惜しいシュートがとにかく決まらない。練習しているだろうにここまで入らないと気持ちが悪い。
ここで満足してしまったらこの先のリーグや天皇杯予選でどういうサッカーするのかな? 心配になっています。

良かったこと。
ソニー仙台戦で負傷していた大多和選手が復帰。
得点には結びつかなかったけれど試合途中で出てきて試合の流れを少し変えました。
江川さんが久しぶりにスタメン。頑張ってました。
あとはルーキー浅川が初スタメン。これから場数を踏めば良くなるかな?期待します。

心配なこと。全体的な動きの悪さ。決定機の精度の悪さ。
練習あるのみですね。仕事との両立は大変だけど、試合できっちりやるために 練習でしっかり動かないといけないんだろうなぁ。
あと、ホンダロックのスタッフが偵察に来ていました。
アウェーでは料理されちゃうかも?
先週と全然動きが違うぞ!とキリキリ舞いさせて欲しいけど、逆にロックの早い動きにキリキリ舞いしたりして…

日本代表みたいな試合だけはお願いだからしないで欲しいです。なんだ、あのオーストラリア戦…がっかり来た。

【戻る】