2006年JFL 前期第16節

【戻る】

記憶からこぼれていく…
今年は「負けない力」が付いている。そんな印象を受けますがなんだかすっきりしません。
2連敗したときは「この先どうなるんだろう?」と暗澹たる気持ちになってましたが、敗戦はそれ以降なく 勝ち点を重ねております。この後、夏を過ぎて崩れない事を祈る。
どこか心配の種をいつまでも懐に忍ばせている横河武蔵野はいつまでも放っておけない 末っ子のような甘酸っぱさがあります。(なんとなく言ってみました)
僅差のゲームが多いのですっきりしない印象なのでしょうか?

今節は、今シーズンよりデンソーから名称を変え、組織も一新し市民チームとして新たなスタートを切った刈谷FCとの 対戦です。黄緑に赤のタスキ掛けユニフォームが斬新です。斬新過ぎて目に眩しいです。 あれはハレーション効果を狙ったものなのでしょうか?

試合はなんだか攻めても攻めても点が入らないストレスがたまりそうな試合でした。
三菱水島戦の時のほうが攻め切れない、相手の守備に押されている印象を持ちました。
試合序盤で小山が怪我で途中退場となり全体的に危機感を持って試合に挑んでいたかな? 三菱戦よりも動きはずっと良かったと思います。
が。得点が入らない。刈谷はゴール際の粘りが凄かった。3回くらい決定的なシュートをDFに押し出されてしまった。 試合にかける執念。凄まじさを感じた。
刈谷で印象に残ったのはそのぎりぎりのところの粘りと「こんなところでファールするなよ!」と 怒鳴られていた浮氣さんです。(ベテランなのに…)
確かに余計なファールで警告をもらってしまったかなぁ。

横河武蔵野の方は「これは1点貰った!」と、言う決定的場面でシュートを外し 「どこの柳沢だ!」と、総突込みを入れられそうな陽介とか。(私も思わず言った)
横河武蔵野の詰めが甘いのか?刈谷の粘りが凄いのか?絶妙のバランスで点が入りません。
今年はそういう場面が凄く多い。佐川大阪戦やロッソ熊本戦は「何でだ〜!!」と頭を抱えたくなるような 試合だったのでこの日もちょっと大丈夫?と、思いました。
なにか憑いていたり、呪われていたりしてないか?とか本気で思うときがある。酷すぎる。
そろそろチーム総員でお払いをしに行ったほうがいいと思うし、鬼門に神棚を置くとかお守りを置くとか 少し考えてみたらどうだろうか?と、私は思っていたりする。
どんなものよりも「生 き て い る 人 間」の方がもっと怖いけどね。ははは。

4バックから3バックにフォーメーションが変わってどうなるかと思ったのですが どちらも練習していたようで機能していました。時々、間一髪な場面もあったけど。1点取りに行こうとして相手に取られて カウンター攻撃を受けてしまう。
そのときのケアがきちんとされていたのと井上の反応のよさに助けられた。井上は試合の度にボールの反応が良くなっていく。 入ってきた当初はとても心配したけど、今は本当に良い動きをするようになった。
西口が今季初スタメンでちゃんと動けていたので一安心。仕事との両立が大変だろうけど頑張っているのを見ると嬉しい。
DFでなくボランチの位置に入った本多も良かった。攻守にわたって活躍していた。
こういう選手がいると心強いなぁ。頼もしいなぁ。
小山の怪我がとても心配。「とっても丈夫!」と言うイメージの強い選手なので 途中で怪我でピッチを去るとは相当まずい状況なのか?
急遽、出場した石川は悪くなかったかと。大卒ルーキー組にも活躍してもらわないとね。期待してるし。
常に世代交代していく。マンネリ化しない。と言うのも大事なのでどのポジションにも 若手、中堅、ベテランの誰でも活躍するようなチームになると良いなぁと思う。
夢が広がる武蔵野ワールド。
今、感じる物足りなさ。すっきりしない感じ。と、言うのはチームが変化する前の段階。化学変化前だと良いなぁ。

試合後、スタッフの草サッカーを見学。そしてグランドで練習試合と、いうよりも動いている城定さんを見て 友達と胸きゅんになって(笑)帰りました。
試合よりも練習試合よりも何よりも城定さんばかりが目に焼きついているそういう日かもしれません。 それじゃまずいだろ!(セルフ突っ込み)

【戻る】