2006年JFL 後期第7節

【戻る】

いいところ,悪いところ
両方あったなぁ。と、思います。

この日は風が強かったような気がします。流れる雲が黒くて雨降ってきたらどうしようかと思った。この時期、突然の雨は怖い。日本の夏も熱帯に近付いているなぁ。 そんなことを近頃思います。ヒートアイランド現象とかそう言うのですかね。

試合は圧倒的に走るYKK APに翻弄された試合でした。いやー走る走る。走るサッカーは見ていて清清しいね。カッコ良いなぁ。
西ケ丘はピッチが近いので選手たちの声が良く通るのですがYKKの選手たちが兎に角出ていたことが印象的でした。
あとは、ベンチの渡辺コーチがエキサイトしているのが…相変わらず第4審が注意していた。 ちょっと面白いし気持ちを代弁してくれているけど退席処分になったりしないで欲しい。
選手も渡辺コーチに負けないくらいエキサイトして声を出して頑張れ。
そういえば、古矢監督が眼鏡かけていた!いやん、眼鏡ッ子!!素敵よ武士!老眼?(待て)

試合は陽介が先制点を挙げて「よし!」って思ったらあっという間にPK献上。 こういう失点は仕方がない部分が多くて相手を倒しちゃったらやっぱり駄目だよね-とか。いろいろ考える。
PKになってしまったことよりもペナルティーエリアの中に相手を入れてしまった展開が問題。
残りの失点はどうかなぁ。走り負けたのが大きいんだけど、追いついた場面もあった訳で。
戴東の同点ゴール。西ケ丘では右足で。いやぁ、あれは格好良かった。素敵過ぎる。
小山のセンタリングからなんだよね。右サイドに彼が戻ってきて頼もしい限りです。

でもそのあと失点して負けちゃった。セットプレーで綺麗に入れられてしまいましたね。堤の高さは良いなぁ。
YKKの選手の集中力は凄い。

そういや、ちょっと気になったこと。なぜに健太を左で使う?しかもボール来ないし。 ポジション取りが悪いのかな?サイドを意識するよりもボールをもらいに行く動きというかもっと中に入って 「オレによこせ!」くらい叫んでも良いような。まぁ、ちょっと奥床しいような所があるのが健太君のいいところ。
この辺も経験?とにかく経験ということかなぁ。前節も同じ交代だし「両方とも出来る子」と言う判断かな?期待してます!
でも、あの位置だったら最近出番のない高橋厳一が見たかったかも。 ああいう位置からミラクルな展開を持ち込めそうな雰囲気ありそう。あとは清水とか。 点取る能力ある左利きと言うとこの二人か。見たいなぁ、そろそろ。
この試合の場合だったら尹でも悪くない気がするし。(ちょっと守備的過ぎるか)
得点を取ると言う能力なら尹より健太だっ!ってベンチは思って出したので、 もうちょっとボールに絡めたら良かったなぁ。残念だ。きっと栃木戦のイメージがあったんだと思う。
大多和は「追いつかなければ!」と、言う気持ちが出ていたけど空回り気味。 もっと長い時間プレーする時間があれば変わった?
「追いつこう!」という気持ちが凄く見て取れたので負けて悔しいけど次につながって欲しいと思います。
もちろん、出来れば引き分けで終わりたかったけれど、走り負けているようじゃ駄目かな。 判断力も向こうが上だったし。
全体的には見ていて楽しかった。相手が上手だと感じた試合でした。 勝って変な自信を得るよりもけちょんけちょんにやられて自分を見つめ直すような試合ってあった方がいい。 シーズン中にこういう時間があるのが良いか悪いかは分からないけれど。

この夏。この一ヶ月過ごした時間と言うのは絶対に忘れない気がする。暑くてしんどくて全然勝てなかった夏。
どうやったら夏を乗り越えられるか。いつも課題としていると思うのです。 社会人としての個人と、サッカーで試合をする選手との両立は大変でコンディションを作りにくい。 それを言い訳にせずどうやったらベストなプレーが出来るか。 相手と互角に戦えるかを常に考えていると思うし自分を律していると思う。
でも勝てない。結果が出ない。目標を達成できない。というナイナイ尽くしの悔しい夏だったと思う。
この時期に感じた悔しい気持ちをばねにして強くなって欲しいと思います。

審判もちょっと有名人な方のようでジャッジに色々な意味で定評があるんですが… 審判がどうとか言う前に横河武藏野のサッカーがどうなんだろうなぁと言う気がする。 その辺は言い訳にしていたらきりがないような気もするし、したいような気もする。
とにもかくにも今回はYKK APの走力に完敗かなと思う。
しばらく公式戦はお休みなのでゆっくり休んでリフレッシュして下さい。 残りの試合を悔いないように頑張って欲しいと思います。

【戻る】