ラウアーさんへの手紙



レポートを作成していて、どうしても確認しておきたいことが出て来ました。そこで、ラウアーさんにお礼状を出した際に、2つほど質問してみました。以下は、その手紙の全文とその手紙に対する回答を私なりに解釈したものです。

to: Studienseminar I fur Gymnasien
Seminarleiter
Mr.Herbert Lauer

Dear Mr.Herbert Lauer,
It was a wonderful opportunity to see you. We learned a lot from you which was more than we expected.
We knew it was in a middle of the summer vacation season when we visited your office. In spite of that, you took more than two hours, and gave us lots of imformations.
We are greatly appreciating your kindness.
Thank you very much.

By the way, we could not have a name card of Ms.Heidi so we even don't know how to spell her name. We can write アーデル・ハイトゥ・マイツナー in Japanese Letters, but we are sure it is not proper pronunciation.

註・アーデル・ハイトゥ・マイツナー 女氏の名前のスペルをお伺いしました。後日、ラウアーさんから返事が来たのですが、驚いたことに、アーデルとハイトゥは1個の名前でした(笑)。
彼女の名前は Adelheid Meitzner というのだそうです。通訳を通した会話というのは、こういう行き違いを生じるのだということを改めて認識いたしました。

We would like to thank her, too, so if you could let us know how to spell her name, it would be very kind.
On the other hand, I would like to make sure few things. If you could help me, it would be very helpful for our repots to Sapporo City Council.

(1)
I would like to know how the Neo Nazis were associated.
According to our memory, Ms.Heidi said East Germany education had been synchronizing Hitler with capitalism.
On another ocasion, our translator said Neo Nazis people are mostly boys from East Germ-any which are facing financial or school problem.
In a simplified resolution:
Neo Nazism is based on East Germany education. When they accepted the capitalizm, they might also accepted Hitler,too. They might think that if capitalizm was good, why not Hitler and Nazis ?
I am sure it is not that simple, but I would like to have your professional point of view about this if it's possible.

註・これは、ネオナチが組織された経緯についての質問です。東ドイツではヒトラーと資本主義をシンクロナイズさせて教育していたと聴きましたもので、東西ドイツ統合で落ちこぼれた東ドイツの少年たちは資本主義を受け入れた際にヒトラーやナチズムをも肯定したのではないかと考え、そのことを確認してみました。
この件に関しましては、ラウアーさんの同意を得られました。東ドイツでは、ナチの社会資本主義のうちの社会主義だけを取り出して肯定し、資本主義を全ての元凶として教育していたそうで、これがために、歴史を深く掘り下げることをしなかったそうです。ファシズムの根は社会主義の方にあったわけですが、そこを暴露してしまうと東ドイツの体制そのものを否定することになるわけで、歴史教育の場では、そのあたりの本質論を避けて通り、ナチの党員が受けた処罰などを教えるだけの底の浅い教育を行っていたようです。ネオナチとは、そういう底の浅い教育しか受けてこなかった東ドイツの青年たちによって組織されているもののようです。


(2)
I would like to know if you are making any difference between battle and holocaust in historical valuation.
In your explanation, every countries' history has glorious part and depressing part . We do appreciate your idea very much.
However, there is a question.
When students learn about World War, are they supposed to learn that all of Deutschland did was wrong ? Or, wrong part is mostly in holocaust, and war itself was not wrong ?

In Japan, there are some people say there was no help for it in the period because of Europeans' colonization and blockade of their economic policy, and those people also say the war was a kind of common business in every country at that time.
We would like to know if there are such theory in Germany, too.

註・現在のドイツではユダヤ人虐殺について大いに反省するべしとしているようでしたが、そのことと大戦をひき起こしたこと自体についての歴史的評価を分けて教えているのかどうか質問してみました。日本には、今でも、「あの当時は戦争をやるしかなかった」とする論調があります。当時の時代背景では、戦争はどこの国もやっている常套的なビジネスのようなものであり、また、イギリス、フランスなどのやったブロック経済や、アメリカのモンロー主義にはじまる経済封鎖に追い詰められた日本としては、「やるしかなかった」という考え方があります。このことを中国人等に対する虐殺問題と分けて考える人が多いわけですが、ドイツにもそういう見解があるのかどうか尋ねて見ました。
しかし、ラウアーさんには、この質問自体がよく理解できなかったようで、その回答は、第三帝国のファシズム思想に内包されていた非人道性を強調するばかりでした。要するに、ドイツでは、戦争を起こしたこと自体の評価と虐殺問題を分けて考えるようなことはしていないものと思われます。
考えて見れば、当時の大日本帝国も一民族を抹殺してしまおうとするような方針や政策は持っていなかったわけで、残虐な行動はあったにしても、それが政府や天皇の方針であったわけではないのです。ところが、ドイツのユダヤ人虐殺はまぎれもなく政府の方針であり、ヒトラーのイデオロギーであり、国民の合意を得た国家的なプロジェクトだったわけです。したがって、虐殺問題だけを分けて考えるなどということは、心情的にも不可能なのだと思います。このあたりの事情は、やはり、日本とは全く異なるものだと考えられます。


Well, I'm afraid if those questions are bothering you too much. If it is, you do not have to reply me, of cause.
Anyway,when you find something we can help, please let us know. We are happy to help you back.

From Sapporo with extreme respect, we hope you have a great semester this year, too, and we hope the national team of Germany be blessed by gods in Sydney.

Thank you very much again.
Sincerely,

Sep.18th,2000
Director of Clean Group
Hayato Katsuki

 

COPYRIGHT(C)2002 勝木勇人. ALL RIGHTS RESERVED.