全米BOX OFFICE レポート    3月22日付
 次週 前週 TOPへ

 3月19−21日                             
今週 先週 タイトル 週末 累計 上映
ドーン・オブ・ザ・デッド $27,300,000 $27,300,000
パッション $19,187,113 $295,279,980
テイキング・ライヴス 原作 $11,410,000 $11,410,000
スタスキー&ハッチ $10,675,000 $67,745,000
シークレット・ウィンドウ 原作 $9,600,000 $33,111,000
エターナル・サンシャイン(仮題) $8,569,427 $8,569,427
オーシャン・オブ・ファイアー $8,500,000 $48,500,000
Agent Cody Banks 2: Destination London $6,000,000 $17,293,000
50 First Dates $4,300,000 $113,194,000
10 Confessions of a Teenage Drama Queen 原作 $1,500,000 $27,600,000
3月22日AM7:30更新


【今週のBOX OFFICE 動向】
 3月19日公開
 「
パッション」から首位を奪ったのは(やっぱり?)初登場「ゾンビ」リメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」 ホラーの公開週は強いという傾向があるとはいえ、ゾンビ、強かった…というわけで、2位は「パッション」、3位に初登場「人生を盗む男」の映画化「テイキング・ライヴス」が入りました。
 ジョニー・デップの「
シークレット・ウィンドウ」は「スタハチ」にも抜かれてやや失速の5位。結構評判のいい「エターナル・サンシャイン」が6位スタート。
 原作モノでは「
Confessions of a Teenage Drama Queen」が10位にいますがまだ、予測による集計値なので確定したときにどうでしょうか? 


【今週の初登場】
 3月26日公開予定
 ベン・アフレックとジェニファー・ロペス元カップルの共演作品って感じで話題になって何だかリヴ・タイラーの影が薄い(笑)?ケヴィン・スミス監督の「
Jersey Girl」 ケヴィン・スミスっぽくない感じの映画に見えるのですが、気のせいでしょうか?
 ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン監督で55年の「マダムと泥棒」(アレック・ギネス、ピーター・セラーズ出演)をリメイクした「
レディ・キラーズ」(日本公開は5月予定)。トム・ハンクスにマーロン・ウェイアンズ出演で興行的にはどうか?
 「
Never Die Alone」はDMX主演のギャングモノ。原作あります。
 「
スクービー・ドゥー2」もあいかわらず。脚本は「ドーン・オブ・ザ・デッド」も担当ジェームズ・ガン(SF作家と同名だけど別人の兄ちゃん)。このあたりが拡大公開。
 日本ではもう既に公開中の「
ドッグヴィル」、いよいよ米上陸「少林サッカー」が限定公開。その他ではヒース・レジャーとオーランド・ブルームが共演、「バッファロー・ソルジャーズ」(日本未公開)のグレゴール・ジョーダンが監督の「ネッド・ケリー」も公開予定。


                                     TOPへ
見てから読む?映画の原作