SUBARUのレコード



▲クリックすると大きくなります。

これぞ「野生の響き」LEONEのレコード
どこから来たのかおまえと俺
唄:尾崎紀世彦
企画制作:富士重工業

 1997年4月、スバリストの一員である私は、青森県野辺地町に、5月で廃止となる南部縦貫鉄道(右下)を乗車しに旅立った。そこで活躍するレールバスキハ10は、30年昔のバスそのものの風体で風情があり、鉄道ファンに人気もあるが、実をいうとエンジンは日野製、そして車体は富士重工製なので、スバリストとしては見過ごせないのだ。
 終点の七戸駅には訪れた旅人の名刺や写真が数多く貼ってあったが、当然のごとく、スバルファンクラブの名刺と楯も貼ってあった。廃止間際の鉄道には共通の、にわかブーム状態だったことは省略するとして、時代離れした(老朽化した)レールバスが、ふにゃふにゃの貧弱なレールの上を力走し、凹凸に忠実にギッタンギッタンと車体を揺らす固い板バネの貨車同然の乗り心地は、決して悪いものではなかった。
 そんな旅の帰りに、盛岡で発見したのがこのレコード(ソノシート)である。ただならぬ異色なジャケット。濃厚なスタイルの尾崎紀世彦。野生の響き。溶岩とLEONEクーペ。ハネた髪。大徹よりも立派なもみあげ。不思議な服装。なんてワイルドな雰囲気なんだ。「どこから来たのかおまえと俺」というタイトルもいいぞ。値段も確かめずに即買いである。旅の目的がすりかわってしまった。
 まさにSUBARUに満ちた感慨深い旅だった。

 このレコードにはレコード番号や価格が示されていないので、レオーネ販促のためのディーラー配布オンリーの非売品だと思われる。しかも尾崎紀世彦関連のあらゆるCDには収録されておらず、貴重な音源である。ジャケットの尾崎紀世彦はそうとうワイルドでキテいる恰好をしているが、やはり歌はうまい。
 コマーシャルソングであるので、詞はLEONE LEONEが連発され、躍動感にあふれている。ぜひCMを見たいものだ。
 実に濃密なたまらない一枚である。


まだあったのか!またもオザキヨ !!
レオーネハードトップの唄

いまここに
唄:尾崎紀世彦
企画制作:富士重工業

 1997年8月3日、青森ねぶた祭り見物の帰りに盛岡に立ち寄った。わんこそば食い倒れが目的だったのだが、格闘しながらそばを食っている間中、心はあっちの世界に行っていた。というのも盛岡入りして即チェックした例のレコード店に、左の物件があったのだ。
 なんてこった、レオーネハードトップの歌か。存在すら知らなかった。だが実際にあるのだから仕方がない。
 問題は値段である。高い。ソノシートのくせに人に言えないくらい高い
 買うかよすか悩みながら、わんこそばは105杯食った。そばは私の脳にまで溢れかえり、正常な判断能力をマヒさせた。私はその時本能と反射の権化だったのだろう。
 結局これは、人から借金をして買ってしまったのである。私もまだまだ若者で通るなと思った。

 この盤もまた非売品である。これにはコマーシャルソングの表記がなく、いわゆるイメージソングであると思われる。
 人の耳に触れる機会は極めて少なかっただろう。これまた尾崎紀世彦関連のCDには収録されていない。
 レオーネクーペは若者向けでワイルドという設定だが、レオーネハードトップは上質な雰囲気でややアダルト層を狙ったようで、そのためこの盤のジャケットも国籍不明の鮮やかな女性で(小冊子「スバルの40年」によると、この女性は鰐淵晴子とのこと)裏ジャケットの尾崎紀世彦も「どこから来たのか」とは雰囲気を変え、物憂げな表情である。
 実際の曲調も8分の6拍子でゆったりしており、まるで尾崎紀世彦ディナーショウのように大いに唄い上げる。「心ときめく〜夜のレオーネ、おほおぉぉぉぉ〜レーオーホオーネー」と絶唱するのだ。いいねえ。

アルシオーネのイメージソング
CHICAGO 7:05
唄:ハリー・ステンソン

キティ 7DS0094(1985)

 1985年2月にスバルXTの名でアメリカで発表され、同年6月に日本でも発売が開始されたアルシオーネ。航空機をイメージしたというくさび型のスタイリングはかなり奇抜なものであり、現在でもかなり目を引く不思議な力を持ったデザインである。
 日本ではすっかりレア・カーの扱いだが、アメリカではよく売れたようである。
 そんなアルシオーネの、これはイメージソングだそうだ。たまたま中古レコード屋を物色していて見つけた。
 ハリー・ステンソンという人物はアメリカのパーカッショニスト兼ボーカリストで、レコーディングやコンサートツアーに参加する裏方ミュージシャンであるという。私も知らなかった。市場では外道扱いのようで、値段は安かった。
 肝心の歌の方であるが、軽快なシンセ・サウンドであるが、別に突出した特徴がある訳ではない。感動的なメロディでもない。例えるなら、元気のないクリストファー・クロスといったところか。ジャケットのコピーに「オトナ アヴァンギャルド」と書いてあり、これはアルシオーネの広告に使われたキャッチコピーであるが、このレコードの曲は少しもアヴァンギャルドではない。都会的に洗練されたというイメージを狙ったのであろうが、これではAORのできそこないだ。実車のイメージに完全に負けている。
 B面「CHICAGO 7:06」は、A面とわずか1分ちがいのタイトルであるが、ただのA面のインストゥメンタルナンバーだった。
 ジャケットデザインを楽しめるのは大きな魅力であり、現在のCDシングルと違って、7’シングルレコードならではの画像のもつ力が味わえる。

BACK