地理的表示で認められているのは、世界ではワインのボルドー・シャブリ・シャンパーニュ、ブランデーのコニャック・アルマニャック、ウィスキーのスコッチ・バーボン等があります。その地理的表示をうけて壱岐焼酎ではシンボルマークを作成し、壱岐焼酎の発展と認知を高め、麦焼酎発祥の地としてのブランドの確立につとめます。

 壱岐焼酎は大麦3分の2、米3分の1の割合で醸造した本格焼酎です。古くから壱岐島内で製造愛飲されてきましたが、最近焼酎ブームに乗ってその芳醇な味わいが広く知れ渡り全国的に販路も拡がりました。米と麦の折衷で悪酔いしないのが特徴で、酔い覚めもさわやかです。
 壱岐焼酎の発祥については歴史的資料はほとんどなく、詳細は不明ですが、18世紀の終わり頃には刀傷等の医療用としての焼酎は各酒屋に常備されていたと推定されます。明治に入ってから自家用酒として製造されていたのが、その後酒税法の制定に伴い製造が免許制となり、営業用として製造されるようになりました。

壱岐酒造組合

郷ノ浦町東触639-3
TEL 09204-7-0423
FAX09204-7-0423