MRI


 
静かなオープンタイプ

 MRIは磁石と電波を使って体内の水素原子の反応量をしらべています。スキャンで得られたデータはコンピューターで高速フーリエ変換されて、画像となり、体内をいろいろな断面から見ることができます。
 人体の大部分は水分やタンパク質、脂肪からなり、いずれも水素原子が含まれていて、MRIで画像にすることができるのです。
 また、血管や尿管、膵胆管等、造影剤を使わずに描出できるのも大きな強みです。
 当クリニックでは、スクリーニングやフォローアップといった患者様が多いという状況に合わせて、低磁場タイプの静かなMRI装置を採用致しました。検査中の騒音はかなり静かなので、快適に検査を受けることが出来ます。
しかも、頭部、脊椎、骨盤腔、後腹膜臓器、膝や肩など動きの少ない部位については高磁場装置と遜色ない検査が可能です。
もちろん、そのほかの部位も充分な検査ができます。
X線被ばくの心配も無いので、子宮や卵巣、前立腺などの検査も安心です。

こんな症状がありませんか?
  • 頭痛
  • 高血圧
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 手足のしびれ
  • 物忘れが激しい
  • 足がもつれる
  • 言語障害
当クリニックの装置はオープン型なので、閉所恐怖症の方も安心です。
 

MRI検査を受けられる方へ
MRCPを受けられる患者様へ
CT・MRI検査の部位別適応比較