ドップラー超音波診断装置


強力なデジタルドップラー超音波装置 
循環器の検査にも対応できます。

 超音波検査は特別な前処置を必要とせず、必要なときに直ちに行うことができます。検査の迅速性、簡便性は医療では大きな武器です。しかも非侵襲的で、患者さまに苦痛を与えません。
 放射線被曝もないので、繰り返し検査による経過観察が可能です。ファーストチョイスとして最も有用な検査でしょう。
適応範囲は広く、腹部(胆のう、肝臓、腎臓、膵臓、脾臓など)の診断はもちろん、心臓の形を見たり、実際の動きを観察し、カラードップラーにより血流情報まで得ることが出来ます。
 画像の見え方は、細胞の成分や密度、ひとつひとつの大きさを反映していますので、病理組織的な情報も得られる場合もあります。
 しかも他のモダリティでは忌み嫌われているアーチファクトと呼ばれる虚像でさえも、診断の助けになってしまいます。骨や頭骸骨内、肺を除いてほぼ全身を検査することが出来る万能選手です。
 
当クリニックでは診察室に置くことにより、聴診器感覚で活用し、素早い対応のできる診察体制を整えております。