Surfing @ Irita Beach

ビーチブレイクの入田浜、地形の変化に合わせて
波の良し悪しも日替わりです。

今シーズンお客様の人数がピークを迎えた8月13,14日ごろ
には楽しむのに丁度良い波がきていました。
少し厚めの、ロングボーダー向けというか、崩れそうで崩れない
ショートボードの人にとってはどのあたりで波待ちするか
すこし悩んでしまう波でもあったと思います。

そんなときには一度ボードを降りて水深がどれくらいなのか
測ってみるのが確実だろうと思うのですが、やり方は簡単、
足がつくか、つかないか、つかなければどれくらいもぐったら
海底に足がつくかやってみるだけです。

くずれそうで崩れない波がきている場所というのは、水深が
深いところで、たぶん足なんかつかないところのはずです。

何年かサーフィンをしている人なら自然にわかることですが、
初心者の人にこのことを教えてあげるとちょっと喜ばれます。
そんなことをいいつつ、ついつい沖の方へ気持ちがいってしまい
ますが、だいたいそれでいい波を逃してしまうものです。


とはいえ、沖のほうで波待ちをする原因の大きなものは
ときどきやってくるセットのなかでも「なんで?」っていう感じの
大きな波がやってくることでしょうか。沖にいればいるほど
その波にまかれなくてすむし、うまくいけば北島コウスケの
コメント並みの体験にもなるかもしれません。

結局、コンスタントにくる波で楽しむか、一発勝負をかけに
いくのか、それぞれのスタイルが波待ちの位置取りに
あらわれているのかもしれませんね。

しかし、勝負をかけて大きな波に乗れたとき、というのは
だいたい、一生懸命スープにまかれまいと沖に向かって
パドルしてくるサーファーたちが障害物になってしまう、
これは大変残念なものです。 続きを読む

旅行で伊豆においでのお客様へ

波乗りで疲れた夜にはラジオをきくのが
リラックスのためにおすすめです。
ジェットストリームとかもいいんですが、
ネットのラジオをきいてると旅先でも
自分の部屋にいるような、それでいて
海外にきているような、気分になるんじゃ
ないかとおもいます
BostonPete.com というネットラジオの
NIGHTSCAPESというプログラムはどうで
しょう?いちどお試しください。

Copyright(C)2004 HamaPAll Rights Reserved