過去の表紙の写真/ビーチ・サイト情報
         /ビーチ情報詳細/お問い合わせ/


ハワイに行ったらプリモ(ビール)を
飲もうと楽しみにしていました。
喜多嶋隆の小説「ポニーテールは、
ふり向かない」の影響を多分に受けて
のことなんですが、いざ探してみると
プリモは見当たりませんでした。

だいぶ前に製造されなくなったとかで、
現物はレアな雑貨のような扱いみたい
です。ワイキキにある古着屋さんの
ガラスキャビネットのなかでプリモの
シックスパックを偶然発見したのですが、
6缶でたしか$600でした。

ビンテージワイン並みになったプリモは
あきらめて、もっぱらクアーズやこの
ハイネケンを飲んでいました。

素材感のいかされた涼しげなデザインが
とてもいいと思いましたし、税金の関係で
ビールが安いのがうれしいかぎりでした。


野口さんのウェブページから転載
させていただいたはじめての写真です。
伊豆南窓室をごらんください。)

左手に白浜を望む景色で、浜口駐車場
としてはライバルにあたるビーチに
なるのですが、やっぱりキレイなので
表紙の写真につかわせていただきました。

今年(2003)の夏は散々で一番お客さんが
集まる八月半ばの時期に大雨という天候で
ついでにこの写真が撮られたあたりの国道が
崩落(陥没)して通行止めになったという
たいへんな夏でした。

景色の雰囲気としてはオアフ島の東海岸沿い
にちょっと似た感じですよね。
ここからもう少し車で走るとダイアモンドヘッド
ロードからの眺めににたところもあります。

Home



上のコメントにもあるのですが、
2003年の夏は(特に浜P営業期間中)
天候に恵まれず寂しい夏になりました。
しまいには豪雨で南伊豆地方は孤島状態に
なるなどたいへんなこともおきました。

そんなわけで浜Pスタッフも営業はあきらめて
海へ(それもウエット着用)行っていたりしたの
ですが、そのあいだに駐車場係りをお願いして
いたおねえさんたちの写真です

しばらくサーフィンをして帰ってくると なんと、
お客さんが結構入ってる!!

集客上手なおねえさんたちです。


ボディーボードというのは、もともと海底の
状況が悪くサーフィンに適さない地形でも
波乗りができるように作られたもの、と
聞いています。
そうした状況はもとより、ボディボードは
いろんな使い方ができる便利なものです。

波がないときにはスキムボードにも
なります。風があるとあおられてやりにくい
ですが。

浜口駐車場ではボディボードはサインボード
として使っています。

そして写真にあるように、サンドスキーの
ためにも使うことができます。

田牛のサンドスキー場は狭いですが、
完全に天然に形成されたところです。
隣には下に写真が載せられている二穴洞窟
もあり、一度は訪れるべきところだと思います。

見た目以上に急勾配で相当早くすべれます。
ただリフトはありませんので自力で登って
ください。



一見すると夕日風ですが、ホノルルに
泊まったことのある方ならばこれが
ダイアモンドヘッドからのぼる朝日だ
ってことに気づかれるのではないでしょうか?

ワイキキの西のはずれからとった写真です。

一番安いパックツアーをとって、ホノルルマラソン
に参加したときに撮ったのですが、その時の
ホテルがワイキキサンドビラでした。
安いわりにきれいで、立地も悪くなくて良かった
のですが、一番良かったのはアラワイ運河が
近くにあったことです。

レンタカーを使っていたのですが、旅行の
予約を取った際には、かなり安くホテルの地下に
車をとめることができる、という話でした。
でも実際にいってみると、そういうことはなくて、
見るからに「日本人キライ」っていうアジア系の
フロントのおねーさんが感じ悪く、'そんな安く
とめられるわけないじゃない?'なんてなことを
言うので、早々にあきらめました。

だって、アラワイ運河沿いには車をとめることが
できるのですから。

ただ、朝と夕方の混む時間帯はとめることが
できません。 というわけで、早起きしてとめて
ある車を動かすことになったのです。
ハワイアンのTow Away=レッカー移動好きは、
かなりのもので、邪魔な車は速攻タウアウェイ
の憂き目にあいます。 それで、毎朝きっちり
六時前には起きて車の移動をさせてきました。

そんな事情の早朝ドライブの途中でとったのが
この写真です。



田牛(とうじ)海岸の隣にある二穴洞窟

今ではすっかり岩場になってしまいましたが、
昔はここも砂が多くあって、究極のプライベート
ビーチ的な雰囲気がありました。

サンドスキー場のとなりにあるこの洞窟は、
上部に向かっても開けているので、穴は三つ
ですが、二穴洞窟とよばれています。

真夏でも少しひんやりした空気の流れていて、
フナムシがいる以外はいいところです。

サンドスキー場の逆隣にあたる、田牛スポットは、
夏になるとホレた波がたつ、クセのあるサーフ
エリアになっています。鈴木直人いわく、
伊豆で一番ハワイに近い波のビーチ、なんだとか。

詳しい場所については、浜口駐車場スタッフまで
お問い合わせください。

もしくは、このウェブページトップからメールで
どうぞ。

Home