Isaak-fan♪


 ホーム > 自己紹介 >  オル窓ファンに100の質問

オル窓ファンに100の質問


あなたについて

1、HNをお教えください。
  aidaです。

2、HNの由来があれば教えください。
  ペンネーム(笑)が、「相田 光(こう)」なので。使ったことはありませんが…(笑)
  ちなみに光はユリウスの「光り輝く者」から。

3、よろしければ年齢(年代)・血液型・星座をお教えください
  「午後の紅茶」と同い年・根っからのA型・射手座

4、どちらにお住まいですか?
  関東・K川県

5、初めてオルフェウスの窓をよんだのはいつですか?
  2001年の春頃です。

6、どのようなきっかけで読み始めましたか?
  母がベルばらファンで、すすめられてファンになり、
  池田作品つながりで自分から買ってはまった…という感じです。

7、どのような形で読みましたか?(連載・コミックス・愛蔵版・等・・)
  文庫です。

8、一番最初めにオルフェウスの窓を見たの感想は?
  「おお!オスカルに似た綺麗な子が!ミステリーっぽくてス・テ・キvvvv」

9、一番初めに「最終回」を読んだ時の感想は?
  (頭がガンガンしながら)「ああ…人生ってはかない…」

10、ファン歴は何年になりますか?
  5年半です。

11、ご家族・ご友人はあなたがオル窓ファンだと知っていますか?
  かなりのマニアだと言うこともばれています。(隠してませんが)

12、友達にオル窓をすすめたことはありますか?薦めた方、その反応はどうでした?
  あります。「(絵が)きれいだね〜」と言ってくれた子もいました。

13、ファンになって嬉しかったことはなんですか?
  オル窓ファンの同志と出会えたことです。周りにいないので嬉しかったです。

14、ファンになって悲しかったことはなんですか?
  イザークファンの同志が少なかったこと…です。

15、あなたは強いて言えば、オル窓のキャラに例えると、誰に似ていますか?
  もちろん、イザーク。他にいません。

16、どのあたりが似ていますか?
  黒髪、くそまじめな性格、ある意味で素直なところ(バカ正直?)、いくじなし。
  耳ざとい(地獄耳)時もあれば、話を聞いていない時もある…(汗)。
  そして、自分ではどうにもできない事からの”逃げ方”も。

17、オル窓に登場する都市に行ったことはありますか?それはどこですか?
  行ったことはありません。ぜっっっっっっっったいにいつか行きます。

18、どこでもドアが手に入りました。一番行ってみたいオル窓都市はどこですか?
  レーゲンスブルクです!!!!

19、そこで何をしたい(見たい)ですか?
  トルン・ウント・タクシス城とケプラー記念碑で記念写真を撮りたいです。
  イザーク巡りがしたい!!

20、オル窓がきっかけではじめたことはありますか?それはなんですか?
  オル窓のパロディマンガです。パロディマンガを描いたのはオル窓が初めてでした。
  まさかこんなに楽しいとは!


大好きキャラクターについて


21、一番好きな男性キャラクターは誰ですか?
  イザーク・ゴットヒルフ・ヴァイスハイト

22、そのキャラクターのどこが好きですか?
  自分ではどうにもできない事からの”逃げ方”が私と似ていて、
  私のなくした物を持っているから。

23、一番好きな女性キャラクターは誰ですか?
  ユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤ

24、そのキャラクターのどこが好きですか?
  いじらしいほどかわいいところ

25、好きなカップリングがあれば教えてください。
  ユリウス&イザークです。

26、そのカップリングのどんなところが好きですか?
  イザークのユリウスへの愛情が好きです。コンビっぷりも好きだったりします。
  でも最近はユリウス&アレクセイも好きですし、よくわからないです…。

27、嫌いなキャラクターはいますか?それはだれですか?
  うーん、…アネロッテでしょうか。怖いです……。

28、あなたのイチオシキャラはだれですか?
  イザークです。

29、どんなところがイチオシですか?
  いじりやすいです。

30、そのキャラはどんな正確だとおもいますか?
  まじめで、素直で、からかい甲斐があるキャラ(本当にファンか!?)

31、そのキャラのイメージカラーは?
  グリーン

32、そのキャラの身長・体重・はどのくらいだと思いますか?
  (大人で)184cm・60kg代

33、そのキャラの血液型・星座はなんだと思いますか?
  A型・おうし座(←4〜6月生まれっぽいので)

34、そのキャラは休日に何をしていると思いますか?
  のほほんとワインでも飲みながら窓際でうとうととしていそう (でも頭の中はピアノのことだらけ(笑))

35、そのキャラへ一言メッセージをどうぞ!
  がんばって(?)ください、応援してます!

 
原作について1


36、もっとも好きな部は第何部ですか?
  第一部です!!

37、なぜその部が好きなのですか?
  主役級キャラが一番光り輝いていたと思います。

38、原作のなかのシーンで一番好きなのは?
  イザークがジークフリートに選ばれて、
  ユリウスが「昨日は人の身、今日は我が身だ」と言ったシーンです
 
39、なぜそのシーンが好きですか?
  大笑いしたからです。ある意味、復讐…(笑)

40、もっとも好きな名セリフはなんですか?
  校長先生の「愛はやはり…すべてのにくしみに勝る……」

41、もっとも楽しかったシーンはどこですか?
  カーニバル近辺の頃です。全体的に楽しいシーンが多かったと思います。

42、もっとも泣いたシーンはどこですか?
  校長先生の死のシーンです。

43、もっとも辛かったシーンはどこですか?
  ユリウスがヤーコプに殺されるシーンです。

44、もっとも納得がいかないシーンはどこですか?
  ユリウスがヤーコプに殺されるシーンです。

45、もっとも美しいと思うシーンはどこですか?理由があればどうぞv
  ユリ&クラの枯れ葉の中での抱擁シーンでしょうか。ただただ美しいです。

46、もっとも悲劇的だと思うシーンはどこですか?理由あればどうぞv
  アレクセイの死のシーン。あんな別れ方って…

47、あまり興味のない部は第何部ですか?
  前だったら第2部…と書くところですが、最近興味あるので、
  あえていうなら第4部でしょうか。

48、なぜ興味がないのですか?
  やるせなさすぎるので。

49、どうしても許せないシーンはありますか?
  アネロッテがゲルトルートを殺したシーンです。

50、どうして許せないのですか?
  無実の少女をあんな無惨に殺さなくても…と思いました。

*あと半分です!頑張って!!*


原作以外のジャンルでオル窓


51、宝塚のオル窓をみたことがありますか?
  ないです……。

52、見た人、感想を一言どうぞ!見たことない人、見てみたいですか?
  イザークが主役なのは嬉しかったのですが、
  「ファンだからこそ」こわ…い…!!ので、ビデオがあっても見れません。

53、宝塚で再演するのならユリウスを演じてもらいたいのは?
  あんまり知らないので書けません…。

54、ほかのキャラクターで演じてもらいたいひとは?
  知らないので書けません…。

55、ドラマでオル窓放映決定!ユリウスは誰に演じてもらいたい?(日本人俳優限定))
  柴咲コウさんに。歌も上手いですしね〜。

56、ほかのキャラクターで演じてもらいたいひとは?
  クラウス→木村拓哉さん、ドミートリィ→江口洋介さん

57、ハリウッドで映画化決定!ユリウスは誰に演じてもらいたい?(外国人俳優限定)
  ウィノナ・ライダーさん・・・かしら?私の見た写真ではぴったりだったのですが・・・。

58、ほかのキャラクターで演じてもらいたいひとは?
  大人時代のイザーク→ヒュー・ジャックマンさん(ニューヨークの恋人、Xーmen等の)
  アマーリエ→ジェニファー・アニストンさん(ブラピの奥さん)

59、映画で役をひとつもらえるとしたら何役を演じてみたいですか?(どーんと本音で!)
  ほ、本音で!?じゃあ、ザビーネで。いえね、体格が……(笑)
  (イザークとの絡みも一回だけありますし)

60、映画スタッフになれるとしたら何をやりたいですか?
  イザークのメイクさん。顔に近づけるから…(笑)

61、漫画、小説家、そのた等でオル窓別バージョン作ってもらえるなら誰にお願いしますか?
  手塚治虫先生風のオル窓は見てみたいかも。

62、オル窓を題材に使ってもらえるとしたどんな形がよいとおもいますか?(ドラマ・映画・その他)
  最近はやりのシリーズ映画で。

63、61or62にひとつだけあなたの意向を取り入れてもらえるとしたら何をお願いしますか?
  ユリウスがもう少し救われる最後にしてください…。

64、61,62はヒットすると思いますか?
  う〜ん、どうだろう、ラブコメファンには好かれないかなぁ…。

65、それはなぜですか?
  最近はハッピーエンド映画が主流だからです。


原作について2


66、名脇役、助演男優賞をあげたい男性キャラは?
  ダーヴィト

67、なぜそのひとを選びましたか?
  主役キャラをナイスサポートしていると思うから。イザークのコンサルタント〜♪

68、名脇役、助演女優賞をあげたい女性キャラは?
  マリア・バルバラさん

69、恋人にしたいのはだれ?
  オル窓で言ったらイザークです。そばにいてピアノを聞くだけでも幸せです。
  …というか、私の理想としては、イザークは「夫」がいいなと思うのですが。

70、友達にしたいのは?
  ユリウス!そばにいて守ってあげたい〜!同性として大好き!

71、友達になりたくない人は?
  シューラ。

72、ウチの子どもに欲しいかも・・・。
  ユーベル。かわいい…

73、こんな夫だったら100点満点!
  イザーク♪似たもの夫婦になりそう…なんてね…(笑)
  対等に付き合えるかなと思えたのも、理由のひとつであります。

  ピアノがあれば、
  真面目で、精神的に安定してるので、いいんですけどね〜〜(苦笑)。
  でも、完璧でない所は、ぶつかり合えればいいと思います。

74、兄弟にほしいかな・・・
  マリア・バルバラさん。いいお姉さまとして、しかってくれそう

75、内閣総理大臣になってくれ!
  レオニード。日本をびしっとして欲しい。

76、一番、心が美しいとおもうのはこの人。
  カタリーナさん。人のために何かできるなんて素敵です

77、一番、腹黒そうなのはこの人。
  アネロッテ。お金のためだけにあんなにいっぱいの人を殺したんですもの…。

78、一番、頭がよさそうな人はこの人。
  ダーヴィト

79、一番、カッコイイのはこの人!
  イザーク 
  無力をわかっていても、他人に何かをしてあげたいと思うその心が素敵〜
  特にピアノにむかうイザークがとてもカッコいいと思います。
  そういう見方もあるんですよ(笑)。

80、一番、怪しい人はこいつだ!
  ヤーコプ。アネロッテの鞭にすがりつく姿は…奇妙だ。

81、一日変われるとしたら誰と変わりたいですか?
  ユリウス

82、そしてなにをしたいですか?
  音楽学校中の注目を受けたい(サラサラの金髪で)

83、この人だけにはなりたくないのはだれですか?
  ユーリィ・プレシコフ

84、それはなぜですか?
  同志の恨みを一心に買って死ぬのだけは嫌だ……。

85、アーレンスマイヤ家・エーゲノルフ家・ヴァイスハイト家、ユスーポフ家、勤めるならどこ?
  ヴァイスハイト家です。

86、それはなぜですか?
  仕え甲斐がありそう(というかイザークに仕えたいだけ)

87、あなたはユリウスです。憲兵につかまってシベリアに送られたらどうしますか?
  何もしないで運命を待ちます。

88、あなたはユリウスです。ダーヴィトに「僕の小鳥」と迫られたらどうしますか?
  ビンタ+パンチして逃げる…。(スマン)

89、あなたはユリウスです。アレクセイに「シチューよりお前が食べたい」と言われたらどうしますか?
  ははは…(^0^)と笑う(原作より少々多めに)

90、あなたはユリウスです。レオニードに「幸せでいるか?」と聞かれたらどうしますか?
  うん。と答える(レオニードよりアレクセイ派です)


*あと少し〜〜最後の力を振り絞るんだ同志諸君〜〜!*


91、ネット歴はどのくらいになりましたか?オル窓ネット歴はどのくらい?
  ネット歴とオル窓ネット歴は一緒なので、今では5年です。

92、オル窓以外によく良くサイトのジャンルは何ですか?
  ベルばら、サザンオールスターズ、お絵かき系。

93、オル窓でこれだけは譲れないコダワリがあれば、どうぞ!
  イザークの7:3は7:3でも「皇帝」を弾く頃はすてきです。

94、ふいに日常の中でオル窓ファンだと自覚してしまった出来事があればどうぞ。
  英語の教科書に「window」とあったので、「The(window)of orpheus」と付け足して
  書いてしまってあわてて消したことがあります。

95、「オル窓」外伝が新たに始まるとしたらどんな内容を期待したいですか?
  ユーベルのお話がいいです。実現は難しいのかなあ…。
  できるとしたら、第五部 という形がいいのですが………
  ファンはしつこく待ってますよ〜〜! と、とりあえず書いておく。

96、オル窓はあなたにとって何ですか?
  青春です。

97、池田理代子先生に聞いてみたい「オル窓の謎」をひとつ挙げるとすると?
  イザークはストラディヴァリをどうしてしまったのか? …第四部の部屋にあることを祈る。

98、オル窓ファンの同志諸君に一言どうぞ。
  みんなでもっともっとオル窓を好きになっていきましょう!

99、池田理代子先生に一言どうぞ。
  すべて結末につながるエピソードと、その構成力のすばらしさにただただ感激するばかりです。
  こんな素晴らしい作品を生んでいただいてありがとうございました。

100、最後に一言メッセージをどうぞ!
  最後まで読んでくださってどうもありがとうございます!!おつかれさまでした。



Quartetto
←ここからお借りしました♪



自己紹介に戻る


ホーム