レギュレーション   

 

1.        使用する銃(トイガン)に関した規定                           

 

 1−1.ハンドガン(拳銃)

 

銃本体

・市販のシングルアクションリボルバーのエアソフトガン(ガスガン)。

(タナカ製、ハートフォード製、マルシン製のS.A.A.(ピースメーカー)や、マルシン製のブラックホークなど)

・市販のデリンジャーのエアソフトガン(ガスガン)。

 (マルシン製のダブルデリンジャーなど)

・6mmまたは8mmのBB弾を使用する。

・ケース式、ケースレスは問わない。

   

本体

    ・法律に抵触する物、トイガン業界の自主規制に反する物または、誤解を招く恐れのある金属パーツの使用は、

     いかなる理由があろうとも禁止する。

     (アウターバレル、メインフレームの金属化)

   ○ サイト

    ・削ったり、着色は構わないが、別パーツを足したり、パテ盛り等は行ってはならない。

    ・光学照準器及びそれに準ずるサイト(レーザーサイト、集光アクリル他)への交換、加工を禁止する。

   ○ グリップ

    ・材質の変更は認められるが、パームレスト・サムレスト他、著しくピースメーカーの外観(雰囲気)を損なう

     物は禁止する。

   ○ トリガーガード(レミントンダブルデリンジャーを除く)

    ・幅を削り縮小しても構わないが、取り除いてはならない。

    ・前面(銃口側)及び下面から見て、トリガーがトリガーガードよりはみ出して見えてはならない。

   ○ アウターバレル

    ・43/4、51/2、71/23種類のうちの何れかを使用する。(シェリフスの3inは使用可)

   ○ インナーバレル

    ・インナーバレルの交換は構わないが、アウターバレルの銃口面より飛び出してはならない。

   ○ パワーソース

    ・銃本体にタンクが内蔵されている場合は、フロン134a(又はフロン134aを主成分とするフロンガス)を

     使用すること。

外部ソース(エアータンク、グリーンガス)の使用は、不可とする。

   ○ パワー

    ・6mmBB弾は、0.80J以下でなければならない。

    ・8mmBB弾は、1.30J以下でなければならない。

 

 1−2.長物(ライフル、ショットガン)

 

銃本体

・市販のレバーアクションライフル(カービン)のエアソフトガン。

(KTW製のウインチェスターM73、マルシン製のウインチェスターM92など)

・市販のポンプアクション式ショットガンのエアソフトガン。

 (タナカ製M1897トレンチガン、KTW製のイサカM37、マルゼン製のレミントンM870

マルシン製モスバーグなど)

  ※ハドソン製ダブルバレルショットガンは、予備ケースが有れば使用可。

・6mmまたは8mmのBB弾を使用する。

・ケース式、ケースレスは問わない。

   

本体

    ・法律に抵触する物、トイガン業界の自主規制に反する物または、誤解を招く恐れのある

金属パーツの使用は、いかなる理由があろうとも禁止する。

   ○ サイト

    ・着色、別パーツを足したり、パテ盛り等は行ってはならない。

    ・光学照準器及びそれに準ずるサイト(レーザーサイト、集光アクリル他)への交換、加工を禁止する。

   ○ ストック・フォアグリップ

    ・ストックをソードオフしてあるも使用可とする。

・金属ストックの物は禁止する。(バントラインのスケルトンストックは除く)

   ○ アウターバレル

    ・ソードオフも使用可とする。

   ○ インナーバレル

    ・インナーバレルの交換は構わないが、アウターバレルの銃口面より飛び出してはならない。

   ○ パワーソース

    ・エアーコッキング式。

    ・銃本体にタンクが内蔵されている場合は、フロン134a(又はフロン134aを主成分とするフロンガス)を

     使用すること。

    ・外部ソース(エアータンク、グリーンガス)の使用は、不可とする。

   ○ パワー

    ・6mmBB弾は、0.80J以下でなければならない。

    ・8mmBB弾は、1.30J以下でなければならない。

  

 1−3.BB弾・装弾数

 

BB弾

・市販の6mm又は8mmのBB弾を使用する。

・ハンドガン、長物ともに以下の重量の物を使用する。

     6mm : 0.25g以下(推奨は、0.20g)

     8mm : 0.45g以下(推奨は、0.27g)

 

  ◎ 装弾数

   ・ハンドガンは、1丁につき6発(デリンジャーは2発)とする。

    (ステージで認められた場合のバックアップガンの2丁目も6発)

   ・ライフル、ショットガンは、銃の装填可能数まで(フル装填)で何発でも可。

    (ケースレスの場合は、競技中の追加装填は不可。ケース式は予備のケースが有れば装填可)

   ・ショットガンは、1度に発射出来るBB弾は、3発以内とする。(ケースレス・ケース共)

 

   ライブシェル式のショットガンに関する、特別ルール

   ・ポンプアクション、レバーアクションのショットガンで、マガジンチューブ内に装填して使用する場合は、

    合計タイムそのまま集計する。

   ・ポンプアクションのレバーアクションのショットガンで、チャンバーに1発ずつ装填する場合は、

    試技回数に応じて以下のハンディキャップを与えて集計する。

    試技が、3回中上位2回集計の場合:合計タイムより、4.0秒を引いたタイムを集計

        1回中1回集計の場合  :合計タイムより、2.0秒を引いたタイムを集計

                     ※競技の内容等により、競技会当日に発表します。

 

                                                       

 

 

 2.使用するホルスターに関した規定

 

 2−1.ホルスターの形状

 

  ○ トラディショナルスタイルで正面及び側面から見て、以下の条件をクリアしていること。

     シリンダーカバー率 : 50%以上

     バレルカバー率   : 100%

     傾斜角       : 35度以内

 

  ○ 銃を抜かずに撃てる物や、著しくカウボーイシューティングの雰囲気を損なう物は不可。

 

 2−2.ホルスターの素材

 

  ○ 皮革製が望ましい。但し、他の素材を用いたホルスターでも形状がトラディショナル

スタイルに近ければ可とする。(KD-PRO他)

                                                       

 

 

3.競技中に関した規定(注意事項)

 

 3−1.競技中の注意事項

 

  ○ 競技者及び見学者は、すべてシューティンググラスを着用すること。

 

  ○ 競技前には、必ずガンチェック及び弾速(パワー)チェックを受けること。

    ※測定方法については、「4.弾速(パワー)測定方法について」を参照

 

  ○ 射撃(競技)及び試射エリア以外でのドロウ、ハンマーコックは禁止します。

 

  ○ 射撃(競技)及び試射エリア以外では、BB弾を装弾してはならない。

   (但し、進行の都合により、NEXTサークルでの装弾は認められる)

 

競技後の残弾は、安全なエリアですべて発射し空にします。

 

  ○ ターゲット以外に銃口を向けてはならない。

 

 

 3−2.競技の進行等

 

  ○ 競技は、基本的に「ブザー音」でスタートし、「ストップ」ターゲットを撃ってタイマーが停止するまでの

   タイムで競われる。

 

  ○ ミスヒットの(ターゲットをヒットせず飛ばしてストップを撃った)場合、ペナルティとして、

   ターゲット1枚に対して「+5秒」をタイムに加算します。

   (各ステージに定められたMAXタイムを超える場合は、MAXタイムを記録とする)

 

  ○ その他のペナルティ等は以下の通りとする。

   ・各ステージのシューティングボックスから足が出ていた場合 : +2秒

   ・移動がある場合、ボックス間の移動中にガンがホルスターから出ている。又は、ガンの銃口がターゲット方向に

    向いていない場合 : 1度目は注意、2度目は+5秒

   ・180°ルールを適用する。

     ※「180°ルール」とは、銃口の向きに関するルールで、レンジ(シューティングエリア)

に入ったときから、退場するまで、常に銃口はターゲットに対し上下90°左右180°

向きの範囲でコントロールしなくてはならない。

   ・各ステージにMAXタイム(オーバータイム)を設定する。                       

                                                       

 

 

4.弾速(パワー)測定方法について

 

 4−1.大会・練習会時の弾速測定方法

 

  ○ASGK公認の簡易弾速測定器を使用し、規定の0.80J(6mmBB)1.30J(8mmBB)

超えていないかを測定します。

    ・6mmBB弾の場合、貫通する用紙の枚数は、3枚以内(4枚目を貫通しない)でなければならない。

    ・8mmBB弾の場合、貫通する用紙の枚数は、4枚以内(5枚目を貫通しない)でなければならない。

 

 

 4−2.GUN調整等のためより詳細な測定が必要な場合の方法

 

  ○水平方向に発射された弾丸が弾道の上における銃口(インナーバレル先端)から水平距離が、

それぞれ0.75mの点と1.25mの点との間を移動する速さ及び弾丸の質量を測定したときにお

ける測定値とします。(気温は、20℃〜35℃とします)

 

  測定に使用するBB弾は、6mmの場合は0.2g8mmの場合は0.27gを使用します

が、それ以外の物でもそのBB弾の質量で計算するものとします。

  ○1度に発射する弾数は、ハンドガン及びライフルの場合は、「1発」とし、ショットガンは、

   「3発」(仕様上「2発」の物は、それに従う)とし、BB弾の質量は発射したBB弾の合計

   の重さとします。

○ジュールの計算式は、以下の通りです。

  ジュール(J)=M×V×V÷2000

      [J=ジュール、M=BB弾の重さ(g)、V=BB弾の速度(m/sec]

 

* ジュール換算表 *

BB弾の重さ(g)

BB弾の速度(m/sec

6mmBB弾

0.20

0.80

89.443

0.60 (0.2x3)

0.80

51.640

0.25

0.80

80.000

8mmBB弾

0.27

1.30

98.131

0.35

1.30

86.198

0.45

1.30

76.012

 

 

 

                                                     以 上     

 

 

 

 2008 9日(改定3版)

 

  原案:村山 篤人(JIN 村山)

  編集:Winches 田村

  監修:Conety 加藤