ホームに戻る


妻の戯言

2005-06-30

 またまた突然ですが、ココログに移行することに決めました。
 http://kabachan.moe-nifty.com/kabachan/
 今度は当分上記のブログに書く予定です。

2005-06-24

 突然ですが、ブログを始めようかなあと。で、しばらくは戯言(このページ)だけで始める予定。あまり意味ないですね。とりあえず、下記のURLで。
 http://blog.so-net.ne.jp/kabachan/

2005-06-20

 土曜日に用事があって外出したのです。とっても疲れていたのですが、仕事だったので。でも、やっぱりそれがたたったようで、日曜日は頭痛がひどいし熱は出るし。1日中寝ておりました。今日はどうにか復活したのですが、なかなか疲れが抜けないのよねえ。時間をとってマッサージに行きたいなあ。ああ。

2005-06-18

 なんと! 1週間も間が開いてしまいました。いやあ、なんだかすっげー疲れておりまして、娘を寝かしつけながら一緒に寝ていた(先に寝ていたであろう日も)のですな。おまけに、急に涼しい日があったりして、見事に風邪を引きまして。今日も頭痛と闘っておりました。それでもビールを飲んでしまうのがなあ。だめだめですな。

 明日は父の日。娘は保育園で父の日のプレゼントを作って参りました。今回は娘の絵に「肩たたき券」と「肩もみ券」つき。で、肝心の娘の絵がねえ・・・。昨日、帰って来るなり「パパは?」と尋ねられまして。会社だと答えると不服な顔つき。どうしたのかと聞き返すと、何も言わないのですな。でも、通園バッグに父の日の作品が入っていたので、そのことを聞いてみたのですよ。すると、「さよちゃん、リッチミルク(ハーゲンダッツのアイスですな)かいたの。先生にパパの絵を描いてもらったの」と言うのですな。実際にはパパの絵は描かれていないのですが、パパよりもアイスクリームの絵が描きたいとは。ま、普段から家にいませんからねえ。仕方ありませんね。ふっ。

 一時期、ポニーテールが良いといっていた娘。保育園で昼寝をするとぐしゃぐしゃになることから、先生は3つに結わくのが良いと説得してくれまして。しかも、娘が大好きな先生が三つ編みをしてくれたのですな。ちょっとでも下に結わくとヘアピンが必要で、それはそれで危ないかもしれないと心配だし、ポニーテールだと寝るのに痛いだろうと心配だったので、それは大変ありがたいことなのですが、毎朝、「おねえさんにする」と三つ編みを強要されます。時間がないのにねえ。なかなか難しいものです。

2005-06-11

 娘、自分のことを「おかあさん」と言い始めました。じゃあ、私は何なのかというと「おかあさま」。お母様プロジェクト、なんとか目的を達成したようです。

 その娘、いろんなことに興味を持つようになったり、実際にいろんなことができるようになったり、成長が著しいのです。今日は、たまったペットボトルをつぶそうとしているところにやってきて「さよちゃんもする!」。ふつうのボトルは堅いので、ミネラルウォーターのものをつぶしてもらいました。そうかと思うと、「つけたよ!」というので何かと思ったら、トイレの明かりがつけられるようになったのですな。このごろすぐにおなかがすいたり、すごく眠たがったり、体がまた一回り大きくなるのではないかしら。楽しみですな。

2005-06-06

 勤務先は農業高校。農業クラブという団体に加盟しております。農業クラブの大会というのが、都大会、関東大会、全国大会とあるのですな。いったい何をしているのかというと、農業鑑定の競技や研究発表、意見発表(これはいわゆる弁論大会)などなど。本校では研究発表はしていないのですが、意見発表は毎年校内選考会があって、ジャンルごとに1名ずつの推薦者を出すのです。で、今年はその中の1人の推薦者の担当をすることになりまして。論文指導です。とはいえ、読む文章ではなく聞いてわかる文章にしなければなりませんでして。ちと自信はなかったのですが、もともとしっかりとした文章だったので、大して手を入れることなく都大会に送り出したのですよ。その都大会が昨日ありまして、私が担当した生徒がみごと関東大会に出場することが決まったのですな。本人も報告に来てくれまして、関東大会にむけてもう少し手を入れたいのでよろしくお願いしますとのこと。いやあ、たいしたことはしていないんですがね、うれしい一日でした。

2005-06-05

 昨日のこと。娘が「飛行機に乗って、おさるさん見に行くの」と言い出しまして。「おさるさん?」と聞き返すと「キリンさんとサイさんも」と言うのです。動物園に行くことを考えているようなのですが、今まで動物園といえば上野だったし、上野へは電車で行くわけだし。飛行機に乗るという感覚は持っているようなのですが、どこでどう飛行機と動物園がつながったのだかわからないのですよ。うーむ。まあ、もうちょっと大きくなってから、旭山動物園に行ってみたいとは思っていますがね。

2005-06-03

 娘が自発的に布団に横になりまして。で、私の枕をたたきながら「ママも来るの」と言うので一緒に横になったのですが、そのまますっかり眠り込んでしまいました。で、たまたま2時前に目が覚めて、うだうだとしていたら玄関でガチャガチャと鍵を回す音が。夫が帰宅したのですが、なかなかドアが開きません。おかしいなあと玄関に行ってみると、チェーンをかけておりました。普段はかけないのですがねえ、何を考えていたのだか。というよりも、そういうときに限って、たまたま私が起きている時間に帰ってくる夫って、タイミング良すぎ・・・。 そういうところで、運を使い果たしているんだな、きっと。

2005-06-02

 今日、ようやく娘の治癒証明書をもらうことができました。明日から保育園に復活です。土曜日こそ微熱があったものの、比較的元気だった娘。外出がほとんどできずに、欲求不満状態。それでも今日はばあばのマンションの廊下を行ったり来たりすることで少し解消したようですが。明日から少しは遊べると思うので、すっきりすることでしょう。まずは治って良かった良かった。

2005-05-30
水ぼうそう
 木曜日、帰宅した娘の眉の付け根にぽつりと赤い吹き出物がありました。ちょうど保育園で水ぼうそうがはやってきたとお知らせがあったばかり。でもね、ほかのところには出ていないし、水ぼうそうって柔らかいところに出るということだし、と金曜日はそのまま保育園へ。で、別に連絡もなくいつもどおりに帰宅したのですが、服を脱がすと腰のあたりに2つぽつぽつとできておりまして。ああ、これは確定だと。念のために土曜日にお医者さんに行ったら「間違いありません」とのこと。我が家は予防接種を受けていないのですが、「それなら薬を出します」と。昔はなすがままだったのに、時代は進んでいるのですな。細菌の増殖を抑える顆粒薬とかゆみ止めのシロップ。粉ものは飲ませにくいと思っていたのですが、スプーンで与えるとなんてことなく飲んでしまうのですな。却ってシロップの方が味が好みではないらしくて「苦いお薬」と嫌がりはしないものの(薬好きは私に似たかもしれません)、ちょっと嫌な顔。意外な発見でした。
 最初にできたぽつぽつはすでにかさぶたになったものの、まだまだ完治までには時間がかかりそう。ちょうどあさってから1年生が移動教室で午前中授業になるので、タイミングとしては良かったのですが、しばらくばたばたとした日々が続きそうです。ああ。

2005-05-26

 ちょうど中間テストの時期なのです。この時期にあるのはずいぶん前からわかっていることなんですけどね。でも、毎度のことながらぎりぎりにならないと問題が作れないんですな。この癖、治らないなあ・・・。

 今日1日中、勤務先のあたりでカッコウが鳴いておりました。最初は隣の公園でテープでも流しているんだと思っておりましたが、職員室のすぐそばの桜の木にやってきて鳴いたので、本物だと。いるんですねえ、街中でも。なんだか気持ちの良い1日でした。

2005-05-22

 先週半ばくらいから、娘はどうやら虫歯だと思っておりまして。でも、なかなか歯医者さんに行く覚悟ができずにおりました。でも、放っておいても治るはずはないですしねえ。とうとう昨日、行って参りました。一応、小児歯科があるところへ行ったのですが、さすがですねえ。怖がらないようにちゃんと道具の説明をして、その道具でちょっと遊んでから診察するのですよ。最初は女性の衛生士さんだったので娘も安心したようなのですが、やっぱり虫歯だという判断をされて、治療の時にきた男性の先生も同じようにしていたのを見て、歯医者さん全体でそういう対応をするようにしているのだと思いましたね。良い歯医者さんなのだと思いました。
 で、娘。小さいながらもなんとC2(象牙質まで虫歯が進行している状態)と診断されまして。C1(エナメル質だけが虫歯になった状態)だと、再石灰化で治る可能性もあるそうなのですが、C2は治療しないとだめなのですな。でも、今回はまだ規模が小さいので、薬で進行を止めることが可能なのだそうでして。歯医者さんも「ここで無理して削ってトラウマになっても困りますし」とおっしゃいましたから。
 それにしても、娘、親のひいき目を抜きにしてもずいぶんと良い子にしておりました。まずね、お医者さんに入るときから「お願いします」とドアを開け、診察台にもいやがらず乗り、診察の間も嫌がらずに口を開け続け、すべてが終わって歯医者さんを後にするときには「ありがとうございました」と大きな声で挨拶。いったいどこで覚えてきたのだか。
 歯磨きはちゃんとしていたつもりだったんですがねえ。衛生士さんも「一番難しい奥歯の奥はきちんと磨けているんですけどねえ」と不思議がっておりました。ああ、これからはさらに力を入れて歯磨きしなきゃだわ。

2005-05-20

 娘、しばらく前からぬいぐるみを「赤ちゃん泣いてるの」とあやすまねをしております。が、今日はなんと! おむつを替えるまねまでいたしまして。それも、「おしりふきちょうだい」と言うので渡すまねをすると、ぬいぐるみのお尻のあたりを拭くのですな。しかも、そのぬいぐるみの着ている服が、背中のところでマジックテープで留めてあるのをご丁寧にはずして、うつぶせにして(!)拭くのですな。保育園で先生がしているのを見て覚えたのでしょうが、よくまあ上手にまねするものです。

2005-05-18
嫌々なの
 娘、ここ数日ばあばの家でサンリオ作成の「シンデレラ」を見ております。内容をほとんど覚えてしまったようなのですが、舞踏会のシーンがお気に入りだそうでして。で、ばあばによると「大きくなったら、ばあばとママとワルツ踊るの」「じいじは応援」なのだそうな。さて、いつまで覚えていることやら。ああ、そういえば、パパは出てこなかったなあ・・・。

 夫がネットオークションで娘のTシャツを落札いたしました。今日、着せてみたのですが、もう、着る前から「怖いから嫌なの」と言うのを何とか説き伏せたのですよ。まあね、オークションにでていた段階で娘に見せたところ、同じような反応をしたので予測はできたのですが。で、記念に1枚。それでも嫌々なんですな。ところが、保育園に着いて先生に「さよちゃん、かっこいいねえ」と言われるとまんざらでもない様子。ばあばにも、夫の妹さんにも「いい!」と言われたので、次回からはもう少しスムーズに着てくれるかと。

2005-05-14

 今朝、娘は「ぬれちゃったのー」と鳴き声で起きました。そう、おねしょをしたのですな。寝るときもパンツにするようになって、初めてのおねしょ。ちょっとショックだったようでして、昼寝から目覚めたときも「ぬれちゃった」と言い張るのです。昨日の夜、トイレに行かないと言い張ったのを指摘すると、こまめにトイレを教えるようになりました。気にしすぎるような気もしますが、その気にならないと6時間くらい行かないこともざらだったので、まあ、いい傾向なのかと。

 このごろ「おかあさん」と呼ぶようになった娘に、調子に乗って「おかあさま」と呼ばせようとしております。が、初めて教えたときには「ちがうよ、おかあさんだよ」と言われてしまいましたし、職場でその話をしたら「そりゃ、無理だよ」「お嬢さんの言うとおりだ」と笑われておしまい。けっ、こうなったら意地でも「おかあさま」と呼ばせてやる! とがんばってみまして。その甲斐あって、「おかあさまちゃん」までたどり着くことができました。さあ、あとちょっと努力してみますかね。

2005-05-11

 体育祭の次の日は、生徒はもぬけの殻状態。私も疲れが抜けず、教室はもへーっとした雰囲気でした。でもね、再来週にはもう中間テストなのよねえ。いつまでもぼーっとしてられないのさ。さ、気分を入れ替えねば。

2005-05-10

 昨日、娘が母の日の制作品を作って参りました。1年でずいぶんと絵も上達したなあと感心したのですが、さすがに何が書いてあるかは本人に聞いてみないとわかりませんでして。で、何を書いたのか聞いてみたところ、「ママ」と言うではありませんか。ああ、うれしいぞ。と思ったのもつかの間、保育園からの連絡帳を読んでみると「ばあばにあげたくてしかたがない」と書いてあるではありませんか。なので、今朝再度誰を書いたのか確認してみたのです。すると「ばあば」というではありませんか。おいおい。母はがっかりだぜ。

 今日は体育祭。受付の担当だったのでそんなに動いたわけではないのですが、やたらと疲れております。娘に添い寝をしていたらそのまま寝てしまって、あやうくお風呂に入り損ねるところでした。明日、ちゃんと起きられるかしら・・・。

2005-05-08

 連休って、疲れますねえ。いえ、仕事に行けば行ったでもっと疲れるのですが。というよりも、うだうだと過ごすことで疲れやすい体になってしまっているということなのかもしれません。今日もオルフェウスの練習に行っただけなのに、すっげー疲れて、娘を寝付かせながらそのまま寝てしまいましたし。来週からはいよいよメトの練習も始まりますし、こんなにへろへろではいかんのですがねえ。ああ、パート譜作らなきゃだわ。
 それにしても、爪がもろすぎて困っております。金曜日に薬指がかけてしまいました。先週は中指。おかげで今日の練習では、左手は当然のことながら(!)右手の中指、薬指まで赤くなっております。いやあ、今回のオルフェウス、めちゃくちゃ高音域が多くて、爪がないと音を出すのがきついんですよ。ハーピストみたいに普段から鍛えているわけではないのでねえ。爪、作らなきゃだめかなあ。本番直前なら仕方がないけれど、できるだけ自前の爪のほうが良いのですがねえ。痛いよりはいいかなあ・・・。ああ。

2005-05-04

 どうも娘は、というか娘に限らず幼い子どもというものは、同世代の子どもを敵対視するのですな。今日、実家に向かう道すがら、同じくらいの年齢の子が「新しい車だ!」とクラシックカーを見て言っていたのですが、その子が信号を渡ってから娘は「新しくないよねー」と同意を求めてまいりました。タイミングはたまたまだったにせよ、そのあからさまな言い方。ライバルというより、敵対ですよね。
 実家に行ってからしばらくはみんなが自分をかまってくれるので大喜びだったのですが、姪が来てからは顔に緊張が走るのですね。少しでも自分の持ち物をいじられようものなら飛んで行って取り上げる。前回とまったく変わっておりません。家ではぬいぐるみを赤ちゃんにして、自分は「おねえちゃん」なのだと言うのですが、まったく行動が伴っていませんな。
 相当緊張していたのと、遊んでくれる人がたくさんいてうれしかったのとが相まって、まったくお昼寝をしなかったのですよ。帰りに乗ったバスで5分ほどうつらうつらしただけ。その後はちょっとぐずりましたが、比較的ご機嫌に過ごしまして。今夜はぐっすり眠ってくれることでしょう。

 久々に「夫の日常」更新しました。

2005-05-03
微妙な間
 昼前に、じいじとばあばが散歩に行こうと誘いに参りまして。江戸川の土手まで行って参りました。とにかくうれしかったようで、タンポポを見つければ「あ、たんぽぽ」と大声で叫ぶし、鳥を見れば「鳥さんだ!」と叫ぶし。そんな娘にタンポポの綿毛を渡すと、最初は「ふーっ」と息を吹きかけるのですが、上手くいかないと振り回すのですな。確かに振り回したほうが早く綿毛は飛んでいくのですが。もう、力任せ。それにしても、土手の斜面を一度も「抱っこ!」と言わずに上り下りする姿を見ると、娘も成長したのだなあと感じます。
 ところで、今日の写真は、そのときの娘の姿を後ろから撮ったもの。行きも帰りも夫が「さよちん、手つなごう」と手を差し伸べると、すっと離れて「いやなの」と言われ続けていたのですが、この写真の微妙な間がすべてを物語っていると思いません? ちなみに、私やばあばが「手つなごう」と言うと、素直に手をつないでくれます。そりゃ、そうよねえ。

2005-05-02

 気がついたら、もう10日も更新していないではありませんか! 最初の頃は、娘の看病疲れで更新する気がなかったのですが、ここ数日は、娘を寝かしつけながらそのまま一緒に寝てしまって・・・という日々を送っていたのですな。ま、それだけ疲れがたまっていたということで。

 久々にワインをあけまして。冬の間は室温でちょうどだったのが、ちょっとぬるめに感じるようになりました。これからは飲む前にちょっとだけ冷やさねば。残り15本。ふふふ。

 この連休、夫はなんと10連休。私は暦どおり。なので、今日もちゃんと出勤いたしましたよ。でもね、やる気起きないんだな。今日のメニューは、生徒総会と農業クラブの意見発表校内選考会。直接関係ないというのもあるのでしょうね。普通だったら、生徒はこういう日は自主的に連休にしてしまうのでしょうが、わが校は連休明けに体育祭がありまして、応援合戦の練習があるために、ほとんどの生徒がちゃんと登校するのです。しかも、朝練までするというのだから、驚き。だんだんとこういう団体活動が成り立たなくなっている学校が増えている中、すごいなあと感心しております。できるだけ長続きして欲しいものですな。

過去の戯言

2000年 11月分 12月分
2001年 1月分 2月分 3月分 4月分 5月分 6月分 7月分 8月分 9月分 10月分 11月分 12月分
2002年 1月分 2月分 3月分 4月分 5月分 6月分 7月分 8月分 9月分 10月分 11月分 12月分
2003年 1月分 2月分 3月分 4月分 5月分 6月分 7月分 8月分 9月分 10月分 11月分 12月分
2004年 1月分 2月分 3月分 4月分 5月分 6月分 7月分 8月分 9月分 10月分 11月分 12月分
2005年 1月分 2月分 3月分 4月分


*音楽工房<KABA>*
BZA10107@nifty.ne.jp