護国山 興禅寺 本文へジャンプ

Waseda-AmazonのIDをお持ちの方はログイン後にアクセスしてください。

Google



禅・臨済宗 妙心寺派
護国山興禅寺

へようこそ



臨済宗妙心寺派・興禅寺は建久元年(1190年)に臨済宗の開祖・栄西千光国師が宋から帰国後、西国各地を伝道した折に開山され、令和元年で創建829年に至る禅宗の古刹です。
兵庫県尼崎市唯一の禅・臨済宗妙心寺派寺院です。
安置されてる本尊・釈迦牟尼佛は、室町時代初期の作であり、戦国時代の再三の兵火から護られてきました。
室町時代に、幼い頃の足利義満(足利三代将軍)をかくまい、幕府より莫大な領地を頂きました。
現在の本堂は今から350年程前に建立され、現在、市内では唯一の木造禅宗建築物となっています。
山門、鐘楼、経蔵など、禅宗に必要な七堂伽藍をほぼ全て備えています。


ようこそ、あなたは番目の訪問者です