護国山 興禅寺 本文へジャンプ
栄西禅師とは


『興禅護国論』『喫茶養生記』などの著書があり、鎌倉時代当時の大ベストセラーとなりました。
禅師は当寺において「興禅護国論」を著し、その著作の趣意をとり、『護国山興禅寺』と名付けられました。

栄西禅師→wikipediaへ


盤珪国師とは



→Wikipediaへ

興禅寺の中興開山は、妙心寺の管長も務めた盤珪国師です。


『盤珪国師筆』による「興禅寺」の寺号額。




興禅寺秘蔵:盤珪国師頂相

都合により、画像を削除いたしました



現妙心寺管長筆による「護国山」山号額