バス釣り ブラックバスのサイト ←←当サイトTOPページへ

バス釣り ルアー

バス釣りのルアーはさまざまな種類があります。初心者の方はなかなか馴染めないルアーもあるかと思います。 バス釣り初心者の方はそれぞれのルアーの潜る水深、そして重量、動きを把握してください。フィールドの状況によってさまざまなルアーを使い分け しなければならないからです。初心者の方はルアーを根掛かりなどでロスしやすので、なるべく安価なものを使用してください。
下記にはルアーを大別した表があります。一般的に広く使われているルアーばかりです。
フィールドの特徴をつかみどのレンジ(層・深度)を攻めればよいのか自分なりに研究してみてください。
タックルボックスにはバス釣り用ハードルアーが並んでいるとすごくカッコイイです。
自分のお気に入りのハードルアーを見つけられればとても楽しいバス釣りができることでしょう。

 ルアーの種類

ルアー画像 

ルアーの特徴 

 TOPウォータープラグ

バス釣りTOPウォータープラグ

 水面をリトリーブさせて使用するルアーのことで主にポッパー(写真上)とペンシルベイト(写真下)などがある。
ポッパーはポコポコと音と水飛沫をあげ、ペンシルはドッグウォークでバスを刺激する。活性の高いバスに効果的で夏の朝、夕などはTOPで入れ食いになることも珍しくない。ラインは浮力が高めのナイロンラインで使用するのがベスト。

 バズベイト

バス釣り バズベイト

TOPウォータの一種。水面をすばやくリトリーブさせることによってそのプロペラ音と水飛沫でバスを誘う。TOPウォータープラグ同様、バスの活性の高いときに使用する。アシ際や岸ギリギリをリトリーブしていると突然バイトが起こる。初心者にはこんなもので釣れるのか?と疑問を抱かせるような形をしている。

 ショートリップミノー

バス釣りミノー 

 水深50cm〜1m前後までもぐりロッドワークで小魚の逃げ惑う様子などを演じて使用する。フローティング(浮く)タイプとサスペンド(静止)タイプ、シンキング(沈む)タイプがある。ジャークやトゥイッチ、タダ巻きで使用する。春のプリスポーニングバスにはスローに攻めたい。

 シャロークランク

バス釣り クランクベイト 

 水深50cm〜1.5mまでもぐり、タダ巻きで十分なウォブリングアクションでバスを誘う。基本はボトムのストラクチャー(障害物)などにコンタクトさせて使用する。ラトル入りだとコロコロ音を発する。シャローエリアで広く使いたい。春〜秋。

 バイブレーション

バス釣り バイブレーション 

 ブルブルと身体を振動させながら泳ぐルアーでラトル入りとそうでないものがある。ただ巻きでも十分釣れるルアーである。反応が悪いときはリフト∩フォールで使用しても面白い。フローティング、サスペンド、シンキングの3タイプがある。大きさと重さもいろんな種類がある。オールシーズン。

 スピナーベイト

バス釣りスピナーベイト 

 ブレードが回転することによりラバーが振動しバスを誘う。バスの反射を誘うためのルアーで実績はかなり高くバス釣りには欠かせないルアーの一つ。。
アシ際やストラクチャーがらみのタダ巻きでよく釣れる。
アピール力が高いので同じ場所で何度もキャストするのは避けたい。ラン∩ガンで打つべし。ブレードタイプはウィローリーフ(楕円形)タイプとコロラドタイプ(うろこ形)、インディアナ(中間)タイプがある。色はシルバーとゴールドが圧倒的に多い。春〜秋。

 ロングビルミノー

ロングビルミノー 

 水深3m前後をカバーできるミノーでタダ巻き、トゥイッチ、ジャークなどのロッドさばきでバスを誘う。フローティング、サスペンド、シンキングタイプがある。春〜秋。

 ディープクランク

クランクベイト 

 深さ5〜6mをカバーできアピール力は強い。ボトムをコツくようにリトリーブさせ、ストラクチャーにわざとHITさせて使ってみよう。深く広く探れるルアーである。


バス釣り ブラックバスのサイト  「LIVE BAIT EATER
    〜バス釣りを愛する者達へ〜

 

バス釣りサイトTOP100