バス釣り シーズナルパターン

バス釣り シーズナルパターン  スピナーベイト   バス釣り ブラックバスのサイトTOPへ


シーズナルパターンとはそれぞれの季節に合わせたバスの付き場にある共通点をみい出し、
それに応じた釣り方をしていくというものである。非常にゲーム性豊かで、そのバスのつき場を
把握する しないでは釣果にモロ影響してくるのである。もしシーズン関係無く、同じ場所でロッドを
振っている方がいるならば是非下記パターンを参考としていただきたい。もちろん岸釣りメインに
お話していきます。



<SPRING/春>
<SUMMER/夏>
<AUTUMN/秋>
<WINTER/冬>


<SPRING/春>
 


知ってて得する春バージョン

春のバス釣りといえばもちろんバスのスポーニング(産卵)!!
スポーニングは水深1〜2mのシャローで行われています。ほぼ100パーセント の割合で
デカバスが岸に寄ってくる季節です。地域と場所、水質にもよりますが下記の攻めなら間違いなく釣れる!

 
◎シーズナルその1  春先にクリアレイクを攻めるなら 
 
クリアレイクは山上湖やダム湖など、水深のある場合が多いので春先は水温が低く岸からの釣りが
 難しい。しかし究極にプリスポーンバスが集まるエリア、それは紛れも無く
ディープエリアが近く、ワンドの
 水温が上昇しやすいところである。スプリットショットや常吉リグをストラクチャーに絡めながら
 スローなアクションで攻めたい。もしインレットなどの変化があれば、流れの中ではなくその
 周辺のストラクチャー狙いとしたい。

マニアックな攻めを! 
  インレットやせせらぎ周辺のストラクチャーにいるバスは必ず流れに逆らう方向を向いている。
 なぜならそれが魚の本質であり、流れて来る餌を待っているのである。それをルアーで演じ、
 背後から突然ルアーを出現させてバスのリアクションバイトを狙ってみよう。
 
 
◎シーズナルその2  三寒四温に適したルアー    ミノー
 
春は急激に気温が上がったり下がったりである。温かい日から急激に気温が落ちたときは
 ベイトフィッシュが弱ったようにフラフラと泳ぐことがあります。水温の急激な変化に耐えられない固体は
 特にその影響を受けやすいのです。そんなとき登場するのがフローティングミノー!!
 巻いて巻いて浮かす。巻いて浮かす。ポーズを長めにとりまた巻いて浮かしてを繰り返す。
 気温差に影響を受けない強い大型のバスが連続ストライクする可能性のある攻め方です。

◎シーズナルその3  アフタースポーンでデカバスを釣りたいのなら 
 
スポーニングを終えた状態のバスは極めてタフです。アフタースポーンのバスはストラクチャーに
 よりタイトに付いているので、特に第一ブレイクライン上にあるストラクチャーを狙ってみよう。釣りにくく極めてタフだが
 そんなときに登場するのが究極デッド常吉リグである。これだと決めたストラクチャーの影にリグを沈め
 ラインを張って延々と微動シェイクをするのである。できる限り水質色になじむワームを選定し、
 ただひたすら信じて微動シェイキングを繰り返す。 それでもそんなに簡単には食いつかないです。
 ポイントをたくさん知っていればいるほど有利なので、ポイントをハジゴしてピンポイントデカバスに
 執拗な攻めを繰り返してみてください。
◎シーズナルその4  5月の早朝、必殺対岸フォーリング!!   クロー
 
5月に入れば
バスの活性もグンとよくなるのでそのバスを手返しよく釣る方法があります。
 まずはフィールドですが、ピッチングやサイドキャストでルアーが対岸に届く程度の細長い川や水路がベストで
 水の流れは無いほうが良く、対岸にリーズやベジテーション、オーバーハング、護岸などが長く続く場所が良いです。

 ゲーリーヤマモト6inグラブなどの重めのノーシンカーリグを対岸へ向かって岸ギリギリにキャスト
 しフォールさせます。ボトムにつくまでラインテンションをかけつつアタリを待つ。アタリがなければすぐに
 ピックアップしてまた少し離れた対岸へキャスト。ボートで手際良くピッチングで探るような釣りに似ています。
 延々と対岸にキャストすれば良形のバスが釣れてくる可能性をかなり秘めています。
 

マニアックな攻め
  対岸は人の入れないオーバーハングやブッシュやアシがあればなおさら良い。着水音をいかに出さないかが
 釣果の分かれ目である。スピニングリールでサミングを覚えるべし。魚はフォールに極めて弱い



◎シーズナルその5  マッディ水系でミノーを使おう!    ミノー
 
デカバスが著しく岸に寄る時期は3/中〜5/末までです(山上湖など気温の低い場所は例外とする)。
 ルアーはミノー、スピナーベイトが特によいですがスピナーベイトは一撃必殺で使うべし。
 あまりむやみに打ちつづけるとバスが一気にスレてしまいます。
 ミノーの使い方はまずはタダ巻きがよい。ゆっくりただ巻くだけです。
 杭が岸と平行なら杭に当てる感じでコン・・・コン・・・と当てるように引いてくるだけです。
 そのブレイクアクションにバスは反射的にバイトしてきます。
 コンクリート護岸もただ岸と平行に巻くだけです。トゥイッチやジャークを織り交ぜてもよいですが
  最近のルアーはタダ巻きでも十分なアクションを引き出してくれるのでタダ巻きでも十分です。
 もしタダ巻きで反応がなければサスペンドミノーで巻いて止める巻いて止めるを繰り返せばよいです。
 止める時間は3秒〜自由です。そのときのバスの活性にもよるのでいろいろ試してみてください。

 注意しなければならないのは糸がたるんではいけない
ということ。これはアタリを取る為に絶対必要なことです。
 そしてもっと重要なのは同じ所に何度も何度もルアーを通さないこと。5投してノーバイトなら見切るべし。
 次のポイントへ次のポイントへと移動する方が確実に釣果UPするでしょう。
 
 
マニアックな攻め
 
杭は杭でもブレイクラインに近い杭を打つべし。
 なぜならブレイクラインはバスの通り道となるパターンが存在しているからです。
 さらにマニアックを求めるならワンドの近くのブレイクラインのストラクチャーを打つべし。
 ワンド内では根がかり多発ポイントでフローティングミノーを使えば入れ食いすることがあります。
 激安ノーブランドミノーでもバスは釣れます!!
 
 
 
◎シーズナルその6  春、マッディ水系でワームを使うなら!   カーリーテールワーム
 
ワームを使うのならスプリットショットリグ、もしくはノーシンカーがお勧めです。
 スプリットショットリグはリーダーを25cm程度とし、岸と平行に、あるいは単独ストラクチャーを狙う。
 その動かし方の肝は、ロッドワークで底を一定のスピードでズルズルズルズルと引くだけです。
 とにかく糸がたるまないように引くのが絶対です。底のストラクチャーにシンカーが引っ掛かった時がチャンス到来。
 ロッドワークでプンっと外しリールで糸フケを取りフォールさせる。このフォール中バイトが圧倒的に多いです。
 もっとソフトに柔らかい感じで釣りたいと感じたならノーシンカーで同じ要領で釣ってみてください。
 時間をかけて、そこにバスが居ると信じてリトリーブすることこそが上達への近道です。
 どんなに高い竿やリールを装備していても、ワームをゆっくりと底に這わせることができなければ
 バスはほっとんど釣れないでしょう。

マニアックな攻め
 
ストラクチャーはストラクチャーでもブレイクライン上のストラクチャーはHOTである。
 ガレ場やアシ際でもディープゾーンに近ければ尚 良いです。
 春バスはディープとシャローが近いエリアを通り道にしていると推測できるので
 そのような場所をフィールドで探してみてください。
 

◎シーズナルその7  昨日の寒さが嘘のよう!
 
4月、昨日とは一変して半袖になりたい!そんな日はランカーバスに期待が膨らみます。
 夕方、気温の生ぬるさが残っていれば水温はまだ下がっていないと判断し、即、フィールドへ。
 目星を付けたポイントやボトムマテリアルにワームをコンタクトすれば40upの釣れる可能性大です。
 水深は1M前後のシャローで太ったバスが釣れます。

まさかこんな場所で釣れるとは! 番外編
 
まさかと思える場所でバスを釣った経験はないだろうか…そうまさに春の出来事だったが
 ポイントのそばに細い農業用の溝がありポンプで水がくみ上げられていて、その溝の幅は
 人がまたげるほどの幅だったのですが、そこでスピナーベイトのブレードの回転を見るために投げ入れて
 遊んでいるとバスが突然目の前でバイトしたのです。まさか!35cmほどの
 バスでしたけど、こんなところでもバスって釣れちゃうの?と思った瞬間でした。

◎シーズナルその8  コンクリート護岸のアシはヨダレもの!
 コンクリート護岸のすぐ足元、5月になるとアシの新芽がニョキニョキと伸び始める。そんなポイントがあれば
 執拗なくらいテキサスリグを落とし込んで欲しい。ピッチングもスキッピングも何もしなくてよいです。
 水深1M以浅の場所でボトムに届くだけのラインを出しておいて腕を上下させるだけの単純な釣り方で、
 デカイバスが釣れてしまいます。水質はマッディであること。そして同じ箇所に落とし込まないこと。
 リグの動かし方は腕を下げてボトムにつけ、2回シェイクしてポーズ、そしてピックアップ。
 1日それをやりとおせば必ず良型バスが釣れます。

◎シーズナルその9  バスは産業、生活廃棄物がお好き??   ワーム 
 4・5月のスポーニング絡みのバスはとにかくシャローが大好き。そしてマッディレイクや池などで生活廃棄物などが
 捨てられた、もしくは捨てられていた場所があれば限りなくエキサイトストラクチャーとなります。
 私の知る限り自転車やベッド、冷蔵庫や炊飯ジャーなどが捨てられていた場所からランカーサイズが爆釣したことが
 あります。いわば荒ゴミがデカバスをストックする漁礁となっているのです。このようなポイントはマレかもしれないですが
 根がかりを恐れずにダイナミックにテキサスリグを通して欲しいです。春なら間違い無くデカイバスが潜んでいます。 
 



 

<SUMMER/夏>
 


 
知ってて得する夏バージョン

夏になるとバスのスポーニングも終わり、いよいよ広範囲での釣りを展開することになります。
 夏、岸釣りでは春に比べて大型の釣れる確率は下がりますが、活性の高いバスが容易に狙えてしまう季節でもあります。
真夏は水温の変化や状況をシビアに考え、バスの居場所を探りあてましょう。
                                                                                                            

◎シーズナルその10  TOPウォーター的ミノー作戦!
 無風状態の夏の夕方、もしくは早朝、シャローエリアに小型フローティングミノー6cm以下をキャストする。
 リトリーブは竿先を高くあげて超ゆっくりと水面をフラフラと一定スピードで泳がせてみます。
 但しリトリーブするルートの条件は水面直下、もしくは近くにウィードやストラクチャーがあること。
 フィーディング状態直前のバスは必ず何かに身を隠して獲物を待っていることが多いからです。
 意外とTOPウォータープラグよりも反応が良かったりします。
 もしこの攻めが効かない場合はストレートワームの浮力の高いもの(スライダーワーム等)で水面を引いてみよう。
 V字型の波紋がス〜ッとできる感じの棒引きがいいです。 ハマれば爆釣!!是非試していただきたい。

マニアックな攻め   グラブ
 
無風状態からややさざ波が立ち始めると即座にゲーリーのグラビンバズへ変更しよう。
 カーリーテールが出す水ヨレがストレートワームよりも目立ちやすい為です。
 わざとグラブのテールを切りイモグラブにし、水面を一定スピードで引いて突然フォールさせる方法もあります。
 このフォールが劇的に効くことがあるんですよね。




◎シーズナルその11  夏はやっぱりインレット流れ込みがエキサイト
 
野池やダム湖でも水が流れ込んでいるポイントがあれば必ず狙いたい。
 流れがあり酸素が豊富なのでバスの付きも良いです。
 流れ込みと本湖の水の境目辺りを徹底的に攻めるにはスピナーベイトで表層付近をトレースしてバスの反応を見よう。
 スピナーベイトで出なければミノーの高速巻きも面白い。手際良く中層までを探り、最後にボトムを攻めたい。
 ラバージグなどでボトムの岩やストラクチャーをタイトに狙い、最後は常吉でスラッゴー4inなどのベイト系ワームで
 ストラクチャーピンポイント攻撃をしてみよう。 あくまでも流れに対してバスは上流を向いていることを意識しよう。
 これで釣れなければそこにバスはいない!!と割り切って次のポイントへ移動しましょう。

◎シーズナルその12  真夏はシェード(日陰)を意識、例外なるアクションを!
 
真夏の日中などは水温も気温も上昇しすぎて釣りどころではなくなる場合が多いですが、そうなればシェードを重点的に
 攻めよう。ただシャローの日陰は小バスとギルしか釣れないかもしれない。大型を望むなら早朝のTOPWATERか
 スピナーベイトで反射食いを狙いたい。普通にスレたバスは通常のリトリーブでは出ないことが多いです。
 ポッパーでもポコンボコンボコボコジュバジュバッ…シーーーーーンジュビジュバジュボ…シーーーーーーーン
 みたいなハードアクション+静止、あるいはずっと静止させておいて突然フラッフラッと動かしてみたりして
 その時のフィールドにマッチした動かし方を探りあててみよう。フィーディングタイムの爆釣を狙おう!

◎シーズナルその13  蝉がもし水に落ちたなら      ぺンシルベイト
 
蝉がもし水に溺れたら?水に落ちた瞬間は激しくもがくはずである。どんな生物でも陸上にいる生物は
 水に落ちた瞬間はもがくのである。それをトップウォータプラグで真似すれば良い。チャポンバシャバシャバシャ…
 バシャバシャ……バシャ………それで出なければピックアップ。同じ場所では2度目は通用しないと思って良いです。
 一発勝負の釣り方です。

◎シーズナルその14  良質ウィードにはバスは必ず付いている!
 
岸釣りの場合、ウィードのエリアのバーチカル(垂直)な釣りはやりづらいので水平方向のリグの使い方を説明します。
 泣く子も黙る1/16OZジグヘッドリグにベイトシルエットの4inワームをセット。竿先を微シェイクしながら一定のスピード
 で巻いてくる。ヒョロリと伸びたウィードに絡めばチャンス到来。プンっと外してフォール。そしてまた微シェイクリトリーブ。
 その繰り返しでバスは意外と口を使います。但し泳ぐワームの水深を一定にキープしながらリトリーブするのが肝なのかも。
 
◎シーズナルその15  夕立だからこそフィールドに立つ
 
レインコートはバス釣りの必需品です。夏の夕立はバスを釣る重要なファクターとなりうる。
 沈黙するフィールドに恵みの雨が。激しい雨は水温の上がった希薄な溶存酸素を豊富にさせ
 一時的にバスの活性をUPさせます。TOPウォータープラグは雨の波紋でかき消されるため
 スピナーベイトかミノーでポイントをランガンしてみましょう。


<AUTUMN/秋>


知ってて得する秋バージョン
秋にはバスの活性を急激に低下させるターンオーバーという現象があります。
ターンオーバーの影響を受けない場所は何処なのか??そしてどのような攻め方があるのか…
水質を見極めることが秋の釣果を左右すると言って過言ではないでしょう。

◎シーズナルその16  初秋は広範囲に探りまくれ!
 
夏から徐々に気温が下がり始めるこの時期は朝、夕問わずオールマイティに攻めることができます。
 ワームでピンポイントを狙う釣りよりも広範囲を狙う釣りの方が釣果的に良い場合が多いです。それは
 水温が18〜25度が最もバスの活性が高く、広範囲においてライブベイトを追いまわすからです。
 ウイードエリアなら時合いがくればバイブレーションやスピナーベイト、ミノーのタダ巻きでもHITします。
 初秋はライブベイトも迅速に動き回るためミノーならジャークなどのイラギュラーアクションを織り交ぜて
 バスの目を引かせてみましょう。

マニアックな攻め   スピナーベイト
 
スピナーベイトやバイブレーションはワームと同じような使い方をすることで釣果がUPすることがあります。
 テキサスリグでボトムを這わせる釣り方と同じでストラクチャーにコンタクトすれば外してフォール
 させてみます。それを延々と繰り返します。
 バイブレーションはシンキングタイプかサスペンドタイプを反応の良い方で使い分けるとよいです。
 意外に釣れます!
 
◎シーズナルその17  ターンオーバーを感じたら生きた水を探せ!
 インレットは本湖に流れ込む小川のことで、ターンオーバーが起きてもインレット付近は
 水が生きている場合が多いです。ターンオーバーは湖底の微生物の死骸や腐敗物などが
 秋の急激な気温低下により水中を撹乱してしまう現象です。そうなれば溶存酸素が低下
 してしまうのでバスも口を使わなくなってしまいます。とにかくこの時期攻めるなら生きた水を探すこと。
 どんな小さな流れ込みでも良いです。バスの餌となるライブベイトは水の綺麗な場所を好みますので
 流れ込みがなければ自分の目で少しでも綺麗な水を探して欲しいです。あとは信じてキャストするのみ。
 ターンオーバーは普段よりも水の濁りが激しいため少しでもアピール力の高いスピナベなどが
 探りやすいです。ワーミングなら蛍光色を試したり、ラトルを埋め込み音でアピールさせるなど
 普段には無い工夫をしてこそ嬉しい結果を招きたいですね。




<WINTER/冬>


知ってて得する冬バージョン
冬バス。こんなにバスを釣るのが難しい季節は無いです。
釣るためには水の流れの無い所、そして気温(水温)の上昇しやすい所でバスを狙います。

◎シーズナルその18  大きな湖ならば湧水を探せ!
 
かなり難しいことでありますが、冬に釣るのであれば知っておきたいメソッドの一つ。
 湧水、良質ウィードがルアーに絡めば湧水の出ている可能性が高いです。湧水は地中深い場所から
 溢れるように出てくる水なので水温は冬の湖に比べて温かいです。少しでも水温の高い場所にはライブベイト
 も集まってくるのでバスも当然そこにいるという方程式です。湧水があるのを知る他の方法としては
 水面の変化(他のエリアの湖面と違った表情をしている、波立ち方が他のエリアと違う等)。
 湧水部分は水面温度も他と差が出るため、霧が発生したときには霧の濃い薄いで湧水エリアを
 特定できるかもしれないです。そして湧水は山の谷ラインの延長線上にあることが多いことから
 航空写真や等高線を見て自分なりに仮説を立てるのもよいかと思います。もしそれで冬バスをGET
 できたのならこれほど嬉しい一匹はないですよね。
◎シーズナルその19  気温の高い日が続けばひたすらシャロー打ちでよい。  スピナー 
 
水温が上がりやすいのはシャロー面積の大きいワンドで特に南向きの日照時間の長いワンドがよいです。
 できる限りスローな釣りを展開することになりますが、スピナベなどのリアクションに反応することは意外と多いです。
 ニジマス用のスプーンやスピナーが大吉となることがあるのでタックルボックスには数種類用意して
 おきたいです。いずれにしても少しでも水温の高い場所で釣りをしてみてください。 



TOPへ 

バス釣り ブラックバスのサイトへ

バスサイトランキングはこちら!