TOP本棚Index海外作家Index>F>Jerrilyn Farmer


  イリノイ州生まれ。クイズ番組の問題作成をしたり、『サタデー・ナイト・ライヴ』などの脚本を手がけた。1988年から、ケータリング探偵マデリン・シリーズを書いており、第一作目はマカヴィティ賞最優秀新人賞を受賞。続く二作目・三作目も各賞の候補となる。

著作リスト

死人主催晩餐会 2002年7月 ★★★☆
殺人現場で朝食を 2003年3月 ★★★

Sympathy For The Devil  死人主催晩餐会     ハヤカワ文庫  2002年7月

  インパクト大の邦題を見て買いました。ケータリング探偵マデリン・シリーズの第一作目です。
  ハリウッドの大物プロデューサー(人間性=最悪)の主催するハロウィーン・パーティのケータリングを引き受けたマデリン。宴もたけなわの中、殺人事件が発生しちゃいます。都合が良いことに(悪い?)、マデリンの同僚が被害者とトラブルを抱えていたもので、当然のこと疑われてしまいます。その容疑を晴らすために、マデリンが素人探偵を引き受けちゃいます。

マデリンの彼氏、なんかいや〜〜〜・・・

Immaculate Reception  殺人現場で朝食を     ハヤカワ文庫  2003年3月

  前の事件が原因で仕事を失い、代わりに大金を手にしたマデリンは、心機一転新しいケータリングを中心としたイベント企画を始めた。そのマデリンのもとに、昔の恋人が大きな仕事を依頼しに現れ、ついでにロマンス再び!とはならなくて、かわりに古い殺人告白めいたメモを見つけてしまい、そこから新たな殺人事件へと巻き込まれていきます。