TOP本棚Index日本作家Index>か>倉知 淳


  1962年静岡県生まれ。94年『日曜の夜は出たくない』でデビュー。2001年『壺中の天国』で第一回本格ミステリ大賞受賞。

著作リスト

まほろ市の殺人 春 平成14年
ほうかご探偵隊 2004年 ★★

まほろ市の殺人 春   無節操な死人          祥伝社文庫  平成14年

  同じ歳くらいの作家4人による競作の春編。どの物語も幻の都市、『まほろ市』を舞台にしています。ほんの少しの重なり合いが見られ、とても興味深いものになってます。本のボリュームを抑え目なので、1日で全ての季節を読みきることも可能かと。
  まほろ市の春の風物詩、浦戸颪。猛烈な風が吹き荒れる名物の自然現象が、なんでもない殺人事件を摩訶不思議なものへと変えて事件を複雑にしてしまいます。暇人大学生の新一は、勝気な彼女の命令で、殺人容疑のかかった彼女の友人のピンチを救うべく、事件解決のために動き出します。

全然探偵してないし、捜査もほとんどしていません。事件に対する関心は、相当低いと思われます(笑)

夏編 秋編 冬編

ほうかご探偵隊          講談社ミステリーランド  2004年

  平穏無事な学校生活に突如割り込んできた『不要物連続消失事件』。何故か僕の居るクラスだけが被害に遭っている。でも、名前からして不要物なので、誰も真剣に取り合おうとしていない。大騒ぎをしているのは、クラス委員の神宮寺だけ。でも、僕が4番目の被害者になったことから、僕は調査を始めることに。「1枚の絵」と「張りぼてのネコ型貯金箱」と「にわとり」と「たてぶえの真ん中部分」に共通するものとは一体何なのか?深まる謎に、僕と乱歩小説好きの龍之介くん、そして2人の女の子とともに、挑戦することに。