TOP本棚Index>実験室


ここは、物語の中に出てきた食べ物を、実際に作ってみて味わってみることを目的としたページです。
レシピによっては、物語中に正確な分量が記されていないものもあり、わたくしが目分量でテキトーにこさえたものも多々有。
苦情は一切受け付けておりません。あ、でも、レシピの改善案なら大歓迎です。
こちらへどうぞ→→→  (+を@に替えて下さい。)


『P・G・ウッドハウス選集T ジーヴズの事件簿』(文藝春秋)より、

材料
ウスター・ソース コップ7分目くらい
生卵  1個
タバスコ  適量

作り方
家にある中でなるべく小さいコップ(100ml以下が好ましいかも)に、ウスターソースと生卵を入れて、ぐちゃぐちゃと攪拌します。
そこへ、タバスコを適量ポチャポチャと振り入れ、はい、出来上がり〜!

『誰かが頭の中で爆弾を炸裂させ、火のついた松明を手にのどを伝って降りるような感じがした・・』(バーティ・ウースター談)

*ソースをミートソースとする文献もある。それに、卵は全卵ではなく黄身だけだというのも。