サックスカルテット アンサンブル・ミューズ
アンサンブル・ミューズ 不定日記
サックスカルテット アンサンブル・ミューズ
アンサンブル・ミューズ top アンサンブル・ミューズ member アンサンブル・ミューズ result アンサンブル・ミューズ schedule アンサンブル・ミューズ BBS アンサンブル・ミューズ link


   アンサンブル・ミューズ ぼてぼて通信    

ぼてぼてと不定期に書き散らす、お気軽日記です
練習のコト・・・メンバーからの話題・・・全く関係ないコトまで、
さぁ、めくるめくミューズワールドへおいでませ。

Back namber
2007年 2008年 2009年 2010年 2011年
2012~15年

2016年12月23日(金)
気が向いたものでw
かなりご無沙汰をしております。
最近はSNSもあるものですから、活動報告などはそちらが多く、ホームページをイジることもめっきり少なくなりました。
さてさて、今年は久しぶりに人前でアンサンブルを演奏させてもらいました。
所属する松文管楽アンサンブルの定演でロビコン。伊那楽友協会吹奏楽団の依頼演奏で“マーチングフェスにて立奏”
やはり、アンサンブルは楽しい・・・そんな感想しか出て来ませんね。
強引にでもミューズの依頼演奏を取り付けてみようかしら。コータ欠員分は・・・たまには飛行機で飛んできてもらうか。

最近ヒロシはちゃんとレッスン通えてるのか。入団したらしい千曲市吹にはちゃんと行ってるのか。
北海道の楽団で、まだ“本職はサックス”であることを隠してるって噂のオーボエ吹きコータ。
佐久市吹でアルトに苦戦しているエリコ。楽器からは離れてしまったキヨコ。
最近ソプラノ吹く機会が増えてきて、使命感とは裏腹にセンスがないカズオ。
これからも、こんなメンバーでお送りしていきます(笑

・課題曲研究演奏会 舞台裏


・マーチングフェスにて
2016年3月20日(日)
カズオの本番日記(松文管楽アンサンブル)
所属する松本文化会館管楽アンサンブルの定期演奏会の本番がありました。
団としては今年で7回目、個人的には4回目・・・かな。
ちなみに司会の台本も書かせてもらいました。色々とネタを散りばめたのに、一番ウケたのが「アドリブ」と指示した男性司会者の小ネタだったのには、自分の非力さを感じました(笑

今年は珍しく「クラシック音楽」に取り組んでみたり、ロビーコンサートやってみたり、更にはソプラノ吹いたりと、いつもと趣が違って大変な部分もありましたけど、楽しかったです。
ロビーコンサートは楽団全体に募集が掛かった中で、メンバー揃えて参戦の意思表明したのがサックスパートだけだったので、独断場である楽しさと緊張感を両方味わってきました。
ロビコン演奏時はさほど緊張してなかったけど、本編第1部の途中から、遅れてやってきた緊張感からか、お腹がキリキリ痛くなってたことは秘密です。
第1部~第2部の休憩時に、ひっそり「お湯」を飲んでたことはますます秘密です。
ロビコン編成にあたっては、メンバーに「ロビコン出るか、本編の長いソロ吹くか選べ」と言う究極の2択を突きつけたりしましたが、両人とも快く引き受けてくれて助かりました。それにしても本編でもソプラノを吹いたけれど、やはりあれは“センスのある人”が吹くモノだと痛感しました。
生半可な人がソプラノサックスやE♭クラに手を出してはいけませんよ!悪目立ちするから~(苦笑
ホント、吹いてて落ち込むくらい神経使いました。
そう考えると、やはりミューズのヒロシはスゲぇょ・・・アンタすげぇょ~( ノД`)シクシク…

しかしながら、ロビコンは3日間の夜練しか出来なかったけど、イイ感じに演奏できたと思ってます。お客さんや会館スタッフの皆さんからの評判も上々だったし、やれて良かったです。楽しかった。
演奏曲目は「ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女」「アニメ版 進撃の巨人主題歌:紅蓮の弓矢」でした。紅蓮はテンポ180で5分以上あり、結構ヘトヘトになります。今後演奏する人はお気を付けください(苦笑

また、今回はいつもの如く各所に賛助をお願いしまして、本当にお世話になりました。
私のツテじゃない人まで含めたら、5~6楽団からお越しいただいてます。しかも団長級とか(汗
毎度お手数掛けておりまして・・・と言いつつ、また今後ともよろしくお願いします。

さて本編は、パート割りの妙もあれど、珍しくソロを吹くことなく過ごしました。ソロは若い衆に任せて、オイサンは隠居ってことで~(?) まぁ、そんなに沢山ソロはありませんでしたけど、サックス担当である以上、いつでも誰でも、どんな曲でも“2つ返事で”ソロが吹けないといけませんからね。難しくて長めのソロを若い団員が堂々と吹きましたが、良い経験になったと思います。
しかしながら、団として本番間近になるまでの煮詰まらなさが、大きな課題かと思いました。全般に練習より本番の方が上手くいった部分が多いですけど、集中して神経を張り巡らしただけで改善できたような箇所が多すぎるかなと思いました。同じことを普段の練習で意識していれば、他の練習にもっと時間を割けるのにと。
ま、本番の演奏が一番良かった(と思う)のは喜ばしいですから、この感覚を次へ繋げていきたいなと思います。

さ、本番が終われば、楽しい打ち上げの時間です。
その前に時間があれば市街地まで下りて立ち飲み屋ででも一杯引っ掛けてくるのに、今回は時間が無かったので、何故か突然「ラーメン食べに行こう」という、サックスパート独特の悪ノリが発動し、それにまさかの先生が呼応するという状況に発展!
自分の狭い車に5人の相乗りでラーメン屋へGOーーー!
飲み会の前に「〆を食べる」という独自の文化を編み出してみましたが、意外に良かったです。
ってか、単純に疲れてるところに“ラーメン旨ス~~~”ってな話しです。
飲み会ではあんま食べずに、ひたすら飲んじゃうタイプの人は、悪酔い対策にもなります。
皆さんもお試しあれ。

打ち上げでは会館スタッフのテーブルに、先生とワタシとが相席になるっつう、クジ引きとは言え未曽有の濃ゆいテーブルになりまして、同卓の22歳の新人女子が完全にポジションを見失う大ピンチ。それでも意外に屈託なく話しをして、結構盛り上がったのは嬉しい誤算でした(笑
それから各テーブルを回って、最近入団した方とか、自分のツテじゃない賛助さんとかと喋ってみたり、司会者の男性と、昨年に引き続きスターウォーズについて語る「ジェダイ評議会 松文管楽アンサンブル出張所」が開催されてみたり、盛りだくさんでした。
店を3時間半も押さえてくれてあったのに、瞬殺でしたね。


そんなわけで、今年も無事に本番を終えることができました。
これからまた訪問演奏や依頼演奏で地道にPRを重ね、併せて実戦経験も重ね、また来年の定期演奏会を迎えられるように頑張っていきたいと思います。

本当に関係者の皆様、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

・22歳下の次世代エース


・最近入団してきた旧友


・エロい照明


・ロビコンメンバー


・お茶ゾーンにて


・古巣 松本市吹関係の出演者

・今年のサックスパート


・まさかの0次会


・打ち上げにて

アンサンブル・ミューズ index アンサンブル・ミューズ top アンサンブル・ミューズ member アンサンブル・ミューズ result アンサンブル・ミューズ schedule アンサンブル・ミューズ BBS アンサンブル・ミューズ link

サクソフォンカルテット アンサンブル・ミューズ 長野県