ろう問題(鎌倉市手話講習会資料より)


[Return]



手話

手話は聴覚障害者(ろう者・ろうあ者)のコミュニケーションとして、多く使われているものです。


ろう者のコミュニケーション手段は、@手話A指文字B口話(a読話<読唇>とb発音<発声>)C筆談(空書きも含む)の方法があります。B〜Cについては「ろう者のコミュニケーション」で説明します。

手話とは言葉や物事を手の形・動きで表現するもの。例えば、日常生活の中で、頭が痛いとき言葉で言う代わりに「額に手を当てて痛い顔付き」をするでしょう。これを私たちは「身振り」といっています。(ボディランゲージもこの一種)この身振りが細かくまた体系的に表現されたものが手話です。そして手話表現では、日本語の文節の区切り方や語順が違う場合があります。

手話で表現できないときや、固有名詞などの場合は指文字を使います。今私たちが使っている指文字は、昭和5年頃大阪市立ろう学校の大曽根源助先生が考案し、昭和30年代に入ってから全国に広まるようになりました。大曽根先生が文部省からの派遣でアメリカへ行ったとき、三重苦のヘレン・ケラー女史に会い、コミュニケーションは指文字に頼っていることを知りました。女史からアルファベットの指文字を教えてもらった大曽根先生は帰国後、大阪ろう学校の先生と研究して五十音をもとにした指文字をつくりました。指文字は単独で使われることは少なく、ほとんどは手話と併用して使います。ただし、年配のろう者には知らない人がいますので会話のとき注意してください。

ろう者にとってエネルギーが少なく、気楽におこなえるのは手話なのです。

「人前ではぺこぺこ頭を下げているが、内心は舌を出している」といったように二つ以上の意味表現手話の場合、一挙動作で表現してしまいます。これが手話の魅力な面だといえます。その他、離れている相手や、ガラスで隔てられた場合でもコミュニケーションができます。あまりお勧めできませんが、会議中手話だと私語ができます。

手話を学ぶということは第1に「聴覚障害者のために」ということをいつも頭の片隅に忘れないでいただきたいものです。第2に、「あなた自信のために」という事です。

先頭へ戻る



ろう教育

日本のろう教育は明治11年(1878)京都府立盲唖院として始まりました。(古河太四郎院長。世界的には約120年遅れて)東京は1〜2年後からです。現在神奈川県内のろう学校は川崎市立・横浜市立・横須賀市立・県立平塚の4校あります(全国105校)。どの学校も基本的に幼稚部・小学部・中学部(中学部までの学校もある)・高等部(専攻科を置いてあるところもある)から成っています。横須賀校では生徒数が40名、他のろう学校は組が2〜3くらいで1クラス6名〜8名が標準で、越境通学という形になります。教室で机の配置は先が開いたU字形になっています。これは生徒がお互いに相手の顔がみえるようにしたものです。

最近は(昭和37年を境に)全国的に生徒数の減少がみられます。この原因は小中学校に特殊学級が設置され、ろう学校の幼稚部を修了した学力のある子は小学校へ入学するためです。このような体制をインテグレーション(統合教育)とよんでいます。また、高校に特殊学級が設置されていないためついていけない子はろう学校高等部に戻ってくることもあります(Uターン)。他に聴覚障害+他の障害(例、視聴覚障害・聴覚障害とダウン症による知的障害をあわせたなど)を持つ子「重複障害」が増え、その子にあった教育方法などの問題が出ています。

普通、子どもが聴覚障害であることがわかるのは1歳を過ぎてからです。ろう学校で教育相談を月何回か受けます。早いほど効果があります。幼稚部では遊びを通して言葉を身につけさせたり、発音指導や補聴器を使った聴能教育を行っています。小学部以上は普通校に準じた教科指導と発音指導・聴能訓練(養護訓練)を行っています。言葉の遅れのため言葉の意味を説明するのに時間を取られ、普通校より教科の遅れが生じます。また、ながら学習ができないことも遅れる原因になっています。国語や数学などは高等部3年で中3または高1で終わってしまいます。

コミュニケーションは戦前はほとんどが手話(手勢法)が中心で、戦後特殊学校義務化(昭和23年頃)に伴い、口話法が中心になりました。しかし平成5年に文部省から手話も使うようにとの通達が出ました。現在手話を公的に使っているのは大阪校(市立)、栃木校です。手話を使うとコミュニケーションが豊かになり学力も向上することが科学的に解明されれば、手話を併用するろう学校が増えてくると思われます。

先頭へ戻る



聴覚障害について

聴覚障害者(ろう者ともいいます)は耳が聞こえない人たちです。ただし、耳が遠い人とは違うことに注意していただきたいと思います。年を取って耳が遠くなった人は聞こえの機能に変わりはありません。ですから耳元で大きな声を出せば良いわけです。ろう者(ろうあ者)の聞こえを近似的に示すと次のようになります。

☆普通の人(健聴者)          ☆難聴者

  しゅわ                        しゅわ 補聴器を使った場合→ しゅわ


☆ろう者

  しゅわ  補聴器を使った場合→ しゅわ


このように聴覚障害者は「聴こえが悪い」人と思ってください。音はわかるが、声の(言葉としての)区別ができないということです。音さえぜんぜん聞こえないろう者もいます。つまりろう者はいろんなタイプの人がいます。

聴覚障害の原因は、妊娠中母体の病気によるもの、高熱のため、薬(ストレプトマイシン)の副作用、事故、大きな音によるものなどいろいろあります。

耳には聞こえる 仕組みがあり、器官の障害のための場合(伝音性難聴)と聴神経に障害が生じた場合(感音性難聴)、両方が原因(混合難聴)の場合があります。聴覚障害になった年齢により言葉に与える影響も異なります。特に言語獲得以前の失聴の場合は発音が不明瞭であり、初対面では言葉が通じない場合もあります。また文章の読み書きの能力に大きな障害を持つこともまれではありません。言語獲得後の失聴(中途失聴者)の場合は、発語については実用性はあります。しかし、自分の声がフィードバックできないため、長い年月の間に声の調子が変化してしまうこともあります。

聞こえの状態を調べるために、オージオメータという機械で検査します。この機械は低い音から高い音まで各種の音の強さを変えて出すことができますから、その音に対する反応を調べてその人の聴力の状態を知ることができます。この検査による結果を表した表を、オージオグラムと呼んでいます。これを元に、その人に合った補聴器を専門家が選んでくれます。

聴覚障害は身体を見て、どこに障害があるのかわかりにくいものです。そのために誤解されたり、差別されたりする例があります。

先頭へ戻る



ろう者のコミュニケーション

1.手話

ある事柄の意味や内容を、表情や身振り動作、手の動きなどによって五体的に表現していく映像性の高い身振り言語です。健聴者(耳が聞こえる人のこと)が日常使っている身振りになんとなく似ていると感じたことがあるでしょう。基本的に物の形・動作の特徴をつかんで表します。手話はろう者(今後、聴覚障害者のことをろう者と呼びます)にとって気楽に、心のふれ合いがしやすいコミュニケーション方法です。

2.指文字

五十音を指で表したもの。アメリカで使われているアルファベットの指文字をもとに、日本独自の工夫を加えて作られたものです(講座 手話参照)。単独で使われることは少なく、多くは手話の補助に使われています。

3.筆談

文字通り紙に字を書き合ってコミュニケーションをする方法です。面倒な伝達手段であり、感情の交流がやりにくくなります。しかし、約束や重要な点を確認するためにポイントを書き合う場合があります。中途失聴者で手話を知らない人は筆談を多く使います。紙がないときは空間に字を書く(空書き)、掌を相手に向けて指で字を書く方法もあります。

注意することは短い文で展開するように、簡素に書くことです。特に二重否定語は誤解されることがあるので注意が必要です。「する、しない、だめ、必要、必要ない」と直接的な言い方が良い場合があります。

4.口語法

第一に相手の口の動きを見て読み取る方法です。口の動きに読み取り易い速さがあること、口の開け方が個人によって差がある(馴れている人にしか通用しない)、ラッパ・カッパ・アンマ・カンパ・ハッパなど音声では違っても、口形が同じ言葉があること、読み取る時口の動きに集中するため極度の緊張を強いられるなどの欠点があります。

第二に発音(発声)があります。ろう者は声を出して話すことはできます。ただし、発音が不明瞭な人もいますが・・・(講座 聴覚障害参照)。聞きなれると理解しやすくなります。聞く耳をろう者に向けて開放し、ろう者の発音を活用してください。ただし、無理強いする必要はありません。

ろう者のコミュニケーション手段はそれぞれに長所と短所があります。それぞれの手段の長所を生かし、短所を補って幾つかのコミュニケーション手段を併用しているのです。

先頭へ戻る



ろう者との付き合い方

ろう者は大体、耳からの情報に頼ることができません。(例外もいます)ほとんどのろう者は目から情報を得ているのです。そういったハンデを配慮した接し方を心得ておくことです。

  1. 声をかけたりしても、振り向かなければろう者だと思ってください。
  2. この時必ずそばに行って、肩をたたいたりして呼びかける。
  3. 目が合ってから正面より話してください。(コミュニケーションするとき大切なことです)
  4. 距離・明るさ・光線の向きに注意してください。(近すぎたり、遠すぎたりしない→口形が読み取れない、手話でもこみいった内容の場合には無理がある。自分は光に向かいろう者は背に受ける位置作りをしてください。背後に光があると、あなたの顔が影になり口や表情が見えないのです。暗いところは見えません。当然といえば当然ですが)


またろう者のコミュニケーションの特徴を配慮した接し方をすることも大切です。講座「聴覚障害者のコミュニケーション」を参照のこと。

表情・身振りの意義

健聴者は例えば、先生や上司が○○君と呼んだ時、きつい調子だと「怒られるかな」、ネコなで声だと「厄介なことを頼まれるかな」と声の調子でメッセージを判断し、心の準備をして対応するわけです。また口では「本当よ」と言っても、声の調子や表情・身振りから「うそを言っている」と判断したりしています。

多くのろう者が手話を使用する理由の一つにこういった感情の交流がしやすいことがあげられます。即ち、手話の速さ・強弱・位置・リズム・広がりなど(表情・身振り)は、声の調子に相当するものです。

ともかく、顔を向き合わせてから話すことと接し方のBCの位置取りなどがろう者とコミュニケーションする時の最低の条件なのです。また会話している時、電話のベルが鳴ったよとか、後ろから車が来るよ(安全上大切なこと)など音に関する情報を教えてあげてください。また一緒に道を歩く時はあなたは車道側を歩いてください。ろう者は後ろから車が来ることに気付かないからです。

先頭へ戻る