★☆★ トップページ わが家のこだわりと工夫 暖房はFFヒーターで ★☆★

←もどる  


暖房はFFヒーターで


   ■暖房方式の選択
 ●床暖房
 ●輻射型暖房機
■輻射型FFヒーター
■機種と設置場所
 ○必要暖房能力
 ○設置場所
 ○燃料補給

■暖房方式の選択
暖房を何にするのかの選択も色々考えるところです。各暖房方法については「私の家づくりノート」の暖房機器で説明を加えてありますので参照下さい。


●床暖房
実際の選択にあたって、候補の1つはご多分に漏れず床暖房でした。床暖房にもいくつか方式がありますが、詳しくは上記の<暖房機器>を参照下さい。選択しようとしたのはもちろん低温式床暖房です。

しかし床暖房は採用しませんでした。その直接的な理由は
 ・資金不足(床暖房自体が高価)
 ・無垢材の床には不向き(床暖暖房用の無垢床材もあるが高価)
ということ。ソーラー床暖房(OMだけじゃないですよ)も検討しましたが、採用しないことにしました。
低温式はパイプ内に温水を通すので、そのメンテの不安もありました。

ところで、日本人が床暖房好きなことについては専門家から批判があります。”断熱性が低い家に住んでいるせいで足下が寒いから床暖暖房が好まれわけで、断熱性が高い家ならば床暖房にしなくとも快適だ”というものです。なるほどそうです。床暖よりも断熱性の方がまず優先されるべきでしょう。


●輻射型暖房機
暖房機選択の基準の1つは快適さです。
「私の家づくりノート」<暖房機器>にあるとおり、快適さからいうと輻射方式の暖房機器がベストです。これは体験してみないとなかなか理解できません。拙宅ではオイルヒーター(デロンギ製)の使用によって初めてその快適さを知りました。壁面などがヒーターの輻射熱で暖まるせいで室温が20℃以下でも暖かく感じます。温水式パネルヒーターも同様です。低温式(温水式)床暖房が快適なのはこれも輻射方式だからです。

選択基準の2つめはコストやメンテです。
床暖房は設置費が高い。温水パネルヒーターも高い。FFヒーターはそれらよりはかなり安い。温水パネルヒーターや床暖房を接続できるFFヒーターもあります。

メンテを考えると温水式のパイプは何年保つのかよくわからないので、配管を埋設する方式は疑問です。しかし配管がサヤ管方式になっているパネルヒーター方式であれば、メンテが可能でしょう。
FFヒーターは30年保つでしょう。北海道の私の実家ではかなり長く使ってます。時々、メンテに出すといいようです。

設置費やランニングコストから見るとエアコンもありえますが、これは輻射型に比べて快適さが劣るのでパスしました。ちなみに拙宅では断熱+遮熱+通風を工夫して、冷房は使わなくとも良いようにしてあるので、エアコン自体が不要です。

コストからはガス方式もありえます。都市ガスは灯油とほとんど同程度の暖房コストです。しかも排気ガスの汚染を考えると、灯油よりも天然ガスを主成分とする都市ガスの方がクリーンです。ただしガス方式の暖房器具には温水式パネルヒーターか排気ガスを室内に放出するファンヒーターしかないので、採用しませんでした。ちなみに北海道ではガス温水式パネルヒーターも普及しています。


←もどる  

■輻射型FFヒーター
そういうわけで、拙宅での最終的な選択は輻射式灯油FFヒーターです。

FFヒーターにすることは設計の当初から決めていました。しかし当時は温風式しか知らなかったのですが、寒冷地では現在は輻射型FFヒーターが主流であることを知り、それに決めました。暖房については「寒冷地に見習う」のが一番でしょう。これがコスト的にもメンテでも最も安価で快適だと考えました。ちなみに寒冷地では断熱性の高い住宅で、冬期間は終日暖房しています。

輻射型FFヒーターは「寒冷地用」のカタログでないと詳しい説明がないので、各社からそれを取り寄せて検討しました。拙宅ではビルトインタイプの輻射型ということで、サンポットにしました。


←もどる  

■機種と設置場所
○必要暖房能力
機種の選定にあたっては、どの程度の暖房能力が必要かがわかった方がいい。拙宅では、家の断熱性能と熱ロスを計算し(方法は<熱ロスの計算>を参照)、必要な暖房能力を計算しました。

断熱性能から計算すると、外気温を-3℃、室温を20℃とした場合に、家の外周からの熱ロスは約4,000kcal/hです。さらに換気回数を0.7回/hとすると換気による熱ロスは約2200kcal/hで、合わせて約6200kcal/hの熱ロスがあります。
したがってこの程度の暖房能力が必要ということです。

ただし「外気温-3℃」という仮定は、拙宅の地域ではやや低温すぎでしょう。外気温を0℃と仮定すると、熱ロスは約5500kcal/hです。
また実際には、生活熱(体温、照明、炊事など)の発生があるので、それが暖房を補いますし、住宅の蓄熱性能が高ければ、日中の熱を夜間に保つことができるので、それも考慮することができます。

ビルトイン型FFヒーターの暖房能力は大型のもので最大5400kcal/hです。外気温0℃、室温20℃とした場合の熱ロストほぼ等しい能力です。したがって拙宅では、大型のFFヒーターが1台あれば全館の暖房が可能だということになります。(これは間取りとも係わることで、その点は後述。)
しかし暖房器具は集中させるよりも分散させた方がいいので、3000kcal/h程度のやや小型のFFヒーターも1台設置することにしました。
大型のFFヒーターは、当初は左写真のタイプを考えていましたが、2001年の新製品に右写真の薄型でシルバーのヒーターが出た。私自身は北国育ちなので火が見える左のタイプが好きなのだが、連れ合いは火が見えない方が安全な感じがする(これは単なる思いこみです)し、シルバーが好きなので、右のタイプがいいとのこと。
右のタイプは高さが大きいのですが(この問題は後述)、これにしました。
UFH-632
FF-632OF

FF-621CF
小型のヒーターにはビルトイン型はないのですが、最大3300kcal/hのFF-383BFにしました。


○設置場所
FFヒーターを設置する場合は設計段階から決めないといけない。
 ・壁際がいい(壁から給排気筒を出すから。ただし排気筒は4mまで延長できるから、壁際でなくとも設置できる)
 ・効率的に室内を暖めるう場所がいい

拙宅では居間に大型のヒーターを置きました。居住時間が最も長いからですが、それ以上に、拙宅は断熱性が高く、宅内の空間が一体的であるので、居間のヒーター1台で全館暖房が可能と思います。そうでない間取りの場合には各部屋に暖房器具が必要でしょう。
拙宅は全館暖房が可能な間取りや構造になっています。
 ・1階も2階も間仕切が少なくて各階の空間は一体的である。
 ・西側の居間に吹抜があって1階と2階との空間を一体化させている。
 ・東側に階段があって、西側の吹抜とで1、2階の空気が対流する。
 ・断熱性が高く、かつ蓄熱性が高い。
居間には洋服入れを造作し、その下にヒーターを置くようにしました。
当初計画していた機種は高さが56cmで、その上に10cm以上の空間を開けないといけない。先述のように変更した機種は高さが62.5cmで、同じく上に10cmを開けるので72.5cmの空間が必要になる。その上に洋服入れをつくるにはやや高すぎの感じですが、まあなんとかなりそうな高さです。

食堂の小型のヒーターは、壁面収納の一部に設置する予定です。

上記2台で熱量的には不足がないですが、しかし北東位置にあるトイレ・浴室周辺は暖房器具から遠く、もしかしたら少し寒いかもしれない。老人が風呂に入る場合などは寒さ対策として、現在使っているオイルヒーター(デロンギ製)を補助暖房器具として用いるかもしれないと考えています。当然、そのためのコンセントを用意しました。

(2002/10/25追記)オイルヒーターのコンセントについて。
オイルヒーターは1200Wです。ところでコンセント用回路は1回路が最大で15A(1500W)になるように設計するので、オイルヒーターを接続するコンセントと同一回路の他のコンセントに使う電気機器には注意が必要。
ちなみに拙宅では、オイルヒーターは洗面・脱衣・洗濯スペースに置きますが、そこには洗濯機があり、また洗面台ではドライヤーを使う。どちらもオイルヒーターと同時に使うとブレーカーが落ちる。そのことを知った上でどのコンセントと同じ
だからオイルヒーターを接続予定のコンセントと同じ回路のコンセントで何が使われているかを注意しないといけない。

ベストはオイルヒーター用コンセントは専用の回路とすることでしょうが、そこまでは不要と考え、洗面台のコンセントといっしょの回路にしました。なお新居の洗濯機はドラム式で、乾燥機能もついていて消費電力が大きいので、こちらは単独の回路にしてあります。


○燃料補給
FFヒーターの設置に関してはもう1点、燃料である灯油の補給のことを考えないといけない。移動式のファンヒーターのようにヒーターに灯油タンクが内蔵されているものもありますが、大型ヒーターの場合にはタンクを別置きにするようになっています。

別置きタンクを室内に置いて、必要なときにポリタンクから給油するという方式もありえます。使用上はこれで問題はないのですが、拙宅では連れ合いが、室内置きのタンクに危険を感じ(そんなに危険じゃないんだけど・・・)、屋外設置のタンクにしました。100Lや200Lのタンクを屋外に設置します。ここから銅製の配管でヒーターに給油されます。

一般にはタンク位置が1階床よりも高い位置になるので、自然落下で給油可能です。しかし拙宅の1階床は中2階程度の位置なのでそれが不可能。オイルサーバーを使って、一度高い位置に汲み上げて、そこから自然落下で給油させます。2階にヒーターを設置した場合にも同様です(私の実家ではそうしています)。


←もどる  


2002/6/8