□ FindTag_DA Overview

 
戻る

▼ Overview
  • FindTag_DAの使用方法(1)
  • FindTag_DAの使用方法(2)
  • FindTag_DAの環境設定
  • ■本ソフト、はPalm 標準のメモ帳内を検索し、ヒットしたメモのタグをメモ又はクリップボードに生成します
    FindTag_DAの使用方法(1)
      
    ●鎌倉に関するメモを集めたい...
    ●メモ帳内を検索

    任意のDAランチャーでFindTag_DAを起動し、検索文字列に”鎌倉”を入力。

    そしておもむろにOKボタンをタップします。
    ●結果出力

    検索が終了すると、メモ帳の”鎌倉”を含むデータのタグが生成されます。

    ※重要 大前提としてPalmWiki,PsLink等がインストールされていないと、本ソフトは全く意味がありません。
      
    FindTag_DAの使用方法(2)
      
    ●イベント(アポイント、タスク)関するメモを集めたい...
    ●選択した文字列でメモ帳内を検索

    検索したい文字列を選択後、FindTag_DAを起動...そしてOKボタンをタップします。

    ※文字列を選択後、FindTag_DAを起動すると、選択した文字列が検索文字列に設定されます。
    ●検索終了

    検索が終了すると、選択した文字列がタグになりますので、タグをタップします。

    ●ハイパージャンプ先画面

    ここでおもむろに、クリップボードをペーストします。

    ●ハイパージャンプ先画面

    ペーストすると、メモ帳の”バジル”を含むデータのタグが生成されます。

      
    FindTag_DAの環境設定
      
    ●FindTag_DAの環境設定

    FindTag_DAの環境設定は、以下の内容でメモ帳に記述します。

    Key使用行数
    FindTag1行タイトルはFindTag固定
    MemoTag1行メモ帳で使用するタグを指定
    例)
    MemoTag=[,]
    IgnoreTag0〜10行 検索時に無視するタグを指定

    この設定は、あるメモ内にタグ→[Palm Memo]があり、そのタグのリンク先メモのタイトルが"Palm Memo"になっている場合(通常はなっていると思うのですが...)、
    FindTag_DAで"Palm Memo"を検索すると、リンク元、リンク先の2件がヒットしてしまいます。
    通常リンク元のタグ内の文字列にはヒットする必要がないかと思うのですがそのような場合、IgnoreTagでタグを指定すると、指定されたタグ内の文字列は検索から除外されリンク先のメモだけが検索にヒットします。
    例)
    IgnoreTag=[,]
    IgnoreTag=[,]t
    IgnoreTag=[,]a
    FindString複数行
    全行の検索文字列の合計文字数が半角1024文字までで指定可能(1行につき改行1文字が加算されます)
    検索時のFIND LISTに登録したい文字列を指定
    例)
    FindString=SQL
    FindString=Java
    FindString=http
    FindString=※TODO
    FindString=鎌倉