アウェーゲーム観戦2004

福岡での試合に行ってきました。

第29節
(0−1)
負けらしい・・・
8/21
(土)
東平尾公園博多の森球技場 19:04 キックオフ
[入場者数] 10,204人 
[天候] 曇、弱風
[気温] 26.1℃
[湿度] 78%
[ピッチ] 良芝、乾燥 
[時間] 90分


博多の森・・・憧れだった場所。
何故なのかは知る人ぞ知るってことで。
とにかく試合が始まるまでは、ここへきた喜びで溢れていた。始まる前までは・ね・・・。
今日はきっと、勝つ。
それしか頭になかったから、引き分けなんて考えられなかった。
ましてや負けるなんて・・・?!

早々に博多の森入り。湿気はあるけれど、想像していたような暑さではなかった。
弾幕をはって、ゲーフラを用意して、楽器の用意をして・・・といういつもの光景。
でも、こんな風に人数の少ないアウェーは私は初めてでした。
私自身としては、怪我をしてしまってから動いて声出して応援というのは久々だったので
ものすごく楽しみにしていたんだけど、後半ばてばて気味でした・・・
これからまた、鍛えなおしですよ(笑)

試合はねー・・・
G裏の傾斜があまりにも緩やかで、前列になるほどさっぱり見えない。
仙スタの客席の高さなどは調度いいですよね。改めて思う。
なもんで、マウス近くのダイジとかゴツェとかの活躍は良く見えていたんだけど、
他の選手が・・・。「今の誰?」「あれ誰?!」とかいって皆で細い目しながら確認してコールしたりね(笑)
後半は向こうの方にばーっかり居るもんで・・・「こっち側でプレーせーい」みたいな・・・。
PK取られたと分かった時はザーっとね。額にね。青い線が何本も・・・。
ほんとにがっかりしました。何だか涙が出ました。
(OHPに監督のコメントでもがっかりした、とあったけど、悲しく思いました。監督が言うべき事ですかね?)

博多の森で試合が終わった後、1人黙々と小原君が練習していました。
友達が「頑張れよ!」って声がけしたら、コクンと頷いていました。
ベガルタの勝利への鍵を握る選手の1人です。
その努力が実を結ぶ時が来るはず!他の選手もね。
サポもそうだよ。
こつこつと、今出来る事をあきらめずにやっていきたいよね。
まだまだ、勝負はこれからなんだから。



ベガリオ!トップへ戻る