日記0503



トップへ 日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7 日記8 日記9
日記10 日記11 日記12 日記13 日記14

6月4日
映画館なんてもう何年も行ってないけど、宇宙戦争見たいなあ。
子供の頃テレビで見て、すっげ怖かったです。
母はSFとかファンタジーが好きで、(あの歳にしてはちと珍しい気がする)
小さい頃よく一緒に見てました。宇宙水爆戦争とか、ミクロの決死圏とか。
そんで夜トイレに行けなくなる。

父は超現実主義者で、私がテレビでスターウォーズを見ていたら、
「こんなもん作り話じゃないか。現実感がなさ過ぎる」
そりゃそうよ…
かわってるね…
5月30日
義理弟が「タイガー&ドラゴン」のDVD貸してくれました。2時間スペシャルの。
見逃してたのでラッキーです。
そんなわけで「タイガー&ドラゴン」が今お気に入りのドラマです。
岡田准一の竜二役に萌え萌えですよ。カワエエ…
小さくてパワフルでダメで弱くて、アニメキャラみたいにいつも同じ服を着てて。
「えー、昔から、実力が伯仲することを、竜虎にらみ合う、と申します…」
というまくらからはじまるこのドラマですが、虎児とは全然伯仲してないよね。
虎児の方がずっと大人だもの。バランス悪いなあ。でも萌えるからいい。
ただ、二人の成長が見たいのに、脇役のエピソードが多いとこが不満かな。
あと、ヤクザ界がカリカチュアライズされすぎで、虎児の生い立ちに感情移入できないんだけど。
でも笑いどこが多いし、古典落語のストーリーがわかって
知識欲も満たされるからいいんじゃないでしょうか、とても。

今後どうなるんでしょうか。虎児に、何か「あがり」はあるのかな。
ドラマの最後で達成できるような、近々(きんきん)のはっきりした目標がないよね。
竜二は、才能がない今の仕事を見限って、才能があるとわかってる落語に戻ったら
ちょっと残念だけどな…
単にやさぐれてるだけじゃなくて、今の仕事にやりがいを感じてるみたいだからね。
5月30日
子供報告
上の子供は2歳2ヶ月
もう何でも食べるし色々話すし、すっかり人間ぽくなりました。
ただ何をいってんのかを聞き取るのはけっこう難しいです。
今朝は、朝食をとりながら「チョチンタ」を連発。
チョチンタ…チョチンタ…
こっちが意味を理解するまで言い続けます。わからないまま適当に相づちを打っても
見抜かれてしまいます。
さんざん考えてようやく理解。食べているのは卵焼き。
どうやら、絵本の「おしゃべりなたまごやき(作 寺村輝夫 絵 長新太)」
を、思い出したようです。ちょうしんた、な。

毎日こんな。私はコナンでも金田一でもねえっつの。
まあしょせん推理に必要な題材は子供の狭い世界の中からなんだけどね。

子供って本当に子供言葉で話すんですね。〜でちゅ、とかね。
サ行が言えないのな。あれは大人が子供におもねって言う話し言葉だと思ってたよ。

下の子供は三ヶ月。
よく笑いよく飲んでよく寝てます。
5月30日
http://www.megmilk.com/efforts/sukimeg/sukimeg07.html       
メグミルクのCMの歌詞。
元ネタは「悟空の大冒険」のオープニング。
「悟空」という部分が「ゴクリ」になっているところが気に入りました。
メグミルクはまだ一度も買ったことないけどな。雪印不買運動継続中。
でも、MEGUMI…ミルク…なんとなくやらしくていいです。                                  
5月19日
昔親しんだ絵本と、再び出会う。名作は永遠ですね。
ぐりとぐら」読んだのは30年ぶりくらいかも知れません。
こないだ本屋で買ってきました。なつかしい。

絵本は、絵が上手ならいい、話が道徳的ならいいというものではなく、
子供の心に自然に入っていって長く愛される、それはもう理屈ではなく、
狙ってできるものではなく、まさに才能たまもの、真の芸術。
くらいに思ってたんですが、人気の絵本ってよく読むと
動物が出てくる
食べ物が出てくる
繰り返しである
この三つがあれば子供はそれだけでけっこう喜んでる。
はらぺこあおむし」とか典型。ちょっと拍子抜けな感じです。

で、久しぶりに読んで驚いたんだけど
こいつら両方 男?
二人いて一緒に住んでて、赤と青の服。絶対ぐらがメスだと思ってた。
…………
ぐら、受?


                                            汚れちまった悲しみに…
5月11日
歯の詰めものが取れたので歯医者に行きました。
治療中、上の子供は保育園に行ってるからいいとして、下の子供はどうしよう?
歯医者だけのために姑か母に来てもらって預かってもらうのもなんだし…と、
だめもとで予約の時に、赤ん坊を連れて行っていいか、聞いてみた。
「治療中は、治療室の隅に置いていていいですよ」とのこと。ありがたや。
治療中に泣いたら、途中でも帰らないといけないのかな…痛そうだよ
どうしようと思ったけど、ぐーすか寝ていた。
小さい子供がいると、映画とか、美容院なども行きにくかったりするわけですが、
こういう優しい歯医者さんが増えるといいなあと思いました。

ところで待合室に置いてあった本。
「80歳で20本の歯」
「自分の歯で食べる楽しみを」
「たくさんたべてげんきなからだ」
「食と歯」
「食べれません」

最後のだけなんか違う。違うぞ。
(「食べれません」は歯とは関係ないマンガ)
5月6日
最近はメイドメガネっ子というのが流行ってるのですか?
よくわからんが、どうもデコレーションオーバーというか。
メイドは「従順」の記号であり、メガネは「おとなしい」(あるいは優秀、冷淡)の記号なので
二つは類義語であり、これを並べるというのは、馬から落馬、みたいなもの。
カレーのごはん部分が白米でなくチャーハンだった、みたいなもの。
(すごいよ偏見過ぎるよ意味わかんないよ…)
と思いつつ、試しに宮野さんにメイド服を着せてみたら
…けっこういいよ…こんなメイド欲しいよ…!
ついでに山田にも着せてみました。似合わないし、家政婦として役に立たない。
5月5日
スタッフの人が、「トリビアの泉」のエンディングニャホニャホタマクローの歌と
その元ネタのラジャマハラジャが聞けるサイトを教えてくれたです。
ラジャマハラジャは、昔みんなのうたでよく聞いてたものだったよ。
完全に忘れてた。
ニャホニャホに元ネタがあるということに思い至らず、でも自分で歌うと
「インドの子供が〜」と歌ってしまう自分がいて、謎だったです。
ニャホニャホはガーナの人なのになぁ、って。
頭のすみっこが覚えていたのですね。

ネットって便利ですな!
そうか、昔好きで、今また聞いてみたい歌があれば、検索してみりゃーいいのですね。
パップラドンカルメ探してみたら、あっという間に出てきた。
なつかしい〜!
これはみんなのうたではなく、開けポンキッキで流れていました。
なんだかわからないけどすごくおいしいらしいパップラドンカルメに憧れてました。
上のリンクは音だけ。映像もどっかにあるかなあ。

今でもたまにみんなのうたを見るけど、アニメがきれいで楽しい。
4月14日
帝王切開の経緯。

早朝破水、入院。陣痛が来ない。
いろいろ陣痛を誘発するような処置をするも、変化無し。
医者に
「陣痛、こなさそうだね。こりゃ手術だね。
手術室、予約いっぱいだからさー、
手術と手術の合間に時間ができたときにちゃっちゃとやっちゃうから。
なんせ帝王切開なんて、手術自体は10分で終わっちゃうから。
いつ空くかわかんないから、気長に待ってて。」
と言うおおざっぱな説明のあと、二日半待ちました。
ものすごい暇だった。
(ちなみに一ヶ月検診の時、
「やっぱりあれ、待たせすぎだったね〜
胎盤が感染してたよ」
って…おおらかすぎるよN大病院。)
(破水したということは、子宮内と外界が通じてしまったということなので、
体内が細菌に感染する可能性があるのです)

ようやく順番が来る。
手術台にあがって無影灯を見上げると、どうしても
「やめろーショッカー」と言いたくなります。
細い注射針で痛み止めを打ってから、太い麻酔針を打つのだとかで、全然痛くない。
しばらくすると胸から下の感覚が鈍くなる。
手術の感覚はよくわからない。でも腹から子供を出すときは、
腹をぎゅうぎゅう押されるのでちと苦しい。
出た後は、傷を縫合するのだが、それには一時間ほどかかるので、
暇なので全身麻酔をかけてもらう。
ちくりと打たれて一瞬で寝る。すげーー

手術は夕方。その日の夜は寝返りを打つのが大変。痛い。
でも寝返りを打たないと、腰の弱い私は腰が痛くなるので、ごろごろ転がり続けた。
次の日の朝から歩き始める。
「早く動いた方が治りがいいんですよ〜」と
ナースキャップをつけた(重要)ナースが天使の笑顔で恐ろしいことを言います。
昨日腹を切ったばかりなのに歩けと言いますか…
痛いよ…
でも「治りが悪くてもいいから寝てます」とは言えない…

でも、傷の痛みは実はたいしたことない。後陣痛というキビシイものが
出産の後にはあって、これが痛くて傷どころではないのだ。
限界まで張りつめた子宮が、急速に収縮するときに伴う痛み。
点滴で「子宮収縮剤」という薬を入れると、うぎゃーってなる。
ナースが困った質問をしてくる。
「収縮剤の点滴の早さは調節できるけど、どうしたい?
、3時間コースにすれば、早く終わるけどものすごく痛い。
5時間かけてゆっくり入れれば、痛みはなんとか耐えられる程度に抑えられるけど。
どっちにする?」
って…選べません…

痛みはせいぜい5日でほとんどなくなってしまい、すごく順調な回復でした。
陣痛を経験しなかったせいか体力の消耗もなく、けっこう楽なお産だった気がします。
4月4日
久しぶりにスタッフが来てウキウキと仕事。
仕事中はだいたいくだらない話をしまくってるのですが、よくある、
「宝くじで一億当たったらどうする」という話になりまして。

私   「やっぱ、家?」
スタッフ「家は今住んでるとこでどうにかなりそうだからなぁ。」
私   「私も」
スタッフ「特に欲しいものもないし」
私   「私も」
スタッフ「一番欲しいのは時間だよね」
私   「うん」
スタッフ「やっぱ、生活費の足しかな」
私   「えー!夢がない!」
スタッフ「じゃあ何に?」
私   「老後の貯金とか」
スタッフ「おんなじおんなじ。
    今は生活のために働いてるわけだから、それがなければもっと
    鋼(の錬金術師)関連に時間をつぎ込めるかと。」
私   「同人誌やってるもんねえ。
    じゃあ、私はベビーシッター頼もう。
    そんでヒュロイケット(鋼の錬金術師の同人誌即売会)とか行く」
スタッフ「一億当たって二人とも鋼の同人誌か…」
私   「…。一億だからいけないのかな?三億なら?」
スタッフ「三億でも同じだと思う」
私   「私も…」

3億円当たったら、鋼の錬金術師の同人誌を買ったり描いたりするようです、私とスタッフ。
その狭い価値観、低い想像力、かわいそう…
4月9日
渡辺満里奈結婚なのですな。
相手の名倉潤という人のことは、ネプチューンという単語以外、
何一つ知らないのですが、幸せになって欲しいものです。
彼女は大金持ちの実業家とかと結婚するのかと思っていた。
なんかそういうイメージです、やり手っぽい感じ。
プチ文化人ぽいというか。
昔はバカっぽい感じだったのになぁ。私はバカさらせる人が好きです。
おニャン子時代、好きで好きで好きで。いやあもう結婚したかった。
話したこともないアイドルと結婚まで考えるとは、愚かしいですね若さというのは。

これは 一応満里奈を描いたつもり…なのですが、特に似せてるって感じでもなし、
誰だかわかりゃしないよ…
昔ファンロードという雑誌の表紙になった絵です。
ファンロードは、読者から投稿されたイラストの中から選ばれた作品を
デザイナーがセル画にして表紙にしているのです。
15年前の絵…今とあんまりかわらん…
4月8日
不親切なサイトだ。真宵ちゃんがなんなのか、説明はないのか。
真宵ちゃんというはゲーム「逆転裁判」のヒロインです。
色気がないのが売りで、アンミラの格好をしても誰からも愛されないところが萌えを誘います。
3月26日
萌え萌え真宵ちゃん

3月22日

毎日おむつを替えまくってミルクをやりまくっています。

ところで服を整理してたら懐かしい絵が出てきました。
Tシャツにアイロンプリントされた絵です。
映画ジュラシックパークが封切りされた頃に書いたもの。
友達に、「恐竜の絵を描いて」と頼まれ、かなりがんばって描いたものの、
そのままあげるのが惜しくなったので、カラーコピーを取っておくことにした。
当時はなかなかカラーコピーを取れるところが無くて、しかも一枚500円くらいした。
お茶の水のコピーセンターまで行ってコピーを取り、うっかりな私は
最初コピー機のどこに絵を置いていいのかよくわからず、一部が切れてしまって500円損したり。
その上帰りの電車で絵を網棚においといてそのまま降り、無くしてしまいました。
ぐは…
かなりショックでしたが、よく考えたら、コピーを取り損じたものが
コピーセンターのゴミ箱に残っているはず。あわてて取りに行って、一部切れたところだけを
書き足して、友達にあげたのでした。
コピーをあげるなよ!
あのとき友達はどんな思いをしたことだろ…
そして友達はなぜかその絵をTシャツにアイロンプリントしてくれたのでした。

もう色が褪せていて詳細がわからないな…
恐竜大好きです。
3月15日
おととい退院しました。おかげさまで母子ともに健康です。
3/3生まれ、また女児です。2歳違いの姉妹です。

一子の時同様、また帝王切開だった。
術後の経過はすんごくいいです。もうほとんど痛くない。
でももう一回切るのはイヤ…。子供は二人で打ち止めです。
自分が3人兄弟だったから子供は3人欲しいとか、
男女両方欲しいとか、自然分娩してみたいとか
私なりにドリームがあったのですが、もーいーです。
あと、また母乳が全然出ないよ〜。母乳ドリームもあったんだけどこっちもダメかも〜

B型H系はしばらくお休みさせて頂きます。2ヶ月弱かな…5月には
増ページカラー付き!で再開予定です。
ゆるゆる育児日記はなんとか休載無しの予定です。(いつまで続くかわからな…いやいや)

それと、今月から4,5回の予定で、ぶんか社刊「爆笑4コマ魂」という雑誌に
「へたれ子育てまんが」が再録されます。毎月15日発売、らしい。
以前、竹書房の雑誌で連載させてもらっていた、一子の妊娠中の話を描いたものです。
再録なのに雑誌表紙に名前を載せてもらったりして…描きおろしと間違えそうで
ちょっと紛らわしいかなって…
もうちょっと目立たなくしてくれますかと編集にお願いしてしまいました。
なんだか変な話ですけど。

ヤングコミックでの「えりこくん、お茶!」の再録も、まだしばらくは続く予定です。
毎月テレカプレゼントがあるのですが、ありがたいことに好評だそうです。
どうもありがとうございます!

あーそうだ。逆転裁判3も入院中に終わりました。
ようやく…
ネタバレイヤなのでずっと買わないでいた、お気に入りサークルの同人誌
早速申し込みました。(新生児かかえたいい大人がなにをやってるのか)