日記0601



トップへ 日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7 日記8 日記9
日記10 日記11 日記12 日記13 日記14 日記0503 日記0506


5月19日
今日ローソンで「ゲド戦記」のチラシもらってきたんだけど
なにあのアレン!あの美少年っぷり!頭のてっぺんまで弱い電流が走ったよ!
声が岡田准一ってとこも期待大。
なんだろうあんなキャラだったか。ていうか、なんか拘束されて弱って
傷ついてるシーンが抜粋されてるんだけど、宣伝担当の人はなんであんなシーンを選んだんですか。
私のような人種を釣るためですか。釣られたよ。チケット予約しました。
監督の口上も載ってるんだけど、「まっさらな、雑念のない気持ちで見て欲しい」だって。無理。

ゲドは、私としてはもうちょっときりっとしたイメージなのだけど、アニメの顔は優しそう。
でも動いて話したらまた違うんだろうな。
ル=グウィンは、ゲド戦記と「空飛び猫」と「闇の左手」しか知らんのですが
闇の左手がまた腐女子的にたいそうよいです。
性別がくるくる変わる宇宙人の話です。
空飛び猫は村上春樹訳。羽が生えてる猫の話。
5月14日
ちょっと前だけど「ホテル・ルワンダ」という映画も観ました。
ルワンダ大虐殺の際、自分の管理する4つ星ホテルに逃げ込んだ避難民
1200人を救ったホテル支配人の話。実際にあった話だそうです。
銃も扱えず、腕っ節も権力もない男が、
知恵(と金)だけで、次々訪れるピンチから人々を救う。
はじめから最後まで大泣きしてしまいました。いや、見終わって映画館を出ても泣いてた。
でもハラハラしたりスカッとしたりとエンターテイメント性もあって。
虐殺という絶望的な恐怖の中で、勇気と愛というキラキラ輝く光を描いた
とても美しい映画でした。
5月14日
「バカの壁」いまさらですけど読みました。
前書きに「人は脳の能力のレベルでしか物事を理解出来ない」って書いてあるんだけど。
え…そしたら「この本つまんない」とか、言いにくくない?
「お前がバカだからこの本の良さがわかんないんだろ」って言われたら、
ハイそうかもと言うしか。裸の王様みたいな。
んでも私にはちょっと、この本のミリオンセラーの理由がわからなく…
5月14日
グッドラック&グッドナイト」という映画を観ました。
50年代アメリカ、赤狩りの急先鋒の上院議員マッカーシーに
敢然と立ち向かったCBSキャスター、エド・マロウのおはなし。
自由と正義のために戦う主人公と同僚達が実にかっこいい。
みんなタバコ吸う吸う。特に主人公は煙草がトレードマークで
スパスパやりながらテレビに出てる。そしてみんな宵っ張り。
太く短く、を主張してるようでいい。
戦う中で生まれる同僚との連帯感、勝利の充実感に、
観てるこちらまで酔うような。
あと、この時代のカメラ、テレビ、マイクにラジオなどのデザインが実にかっこいい。
映像も綺麗でした。
舌鋒鋭く議員を追求する硬派な主人公ですが
同僚同士が付き合ってるとかいう話にはてんで鈍い、そんなかわいらしい面も。

パンフレットには「CBSドキュメント」のキャスター、ピーターバラカンが一筆。
毎週楽しみにしてる番組です。
主人公達のおかげでと思うと感謝です。
5月1日
高橋功一郎「聖剣ツバメ」7巻 (5/8発売 少年チャンピオン連載中)に
一ページ寄稿させていただきました。
公式サイトに紹介されてますね。なんか絶賛です、嬉しい。
剣道の服装って、書くのものすごく面倒ですね。マンガ家って大変だなあ!
って素で思ってしまいました。
そういえば、高橋さんは品格ある人だな。
ブラチラとか書いてるけど。
5月1日
カカオ99パーセントと普通のチョコを一緒に食べる。
口内調味ってやつでしょうか。(そうか?)
はじめからカカオ70パーセントを食べるのとは違う魅力が。
5月1日
「ダイヤモンドの謎」山口遼 講談社
というのも読みました。
「日本ではプラチナが人気だが欧州ではホワイトゴールド」とか、
「巨大な青ダイヤ「ホープ」の伝説(持つものが不幸に見舞われる)は、
高値を付けるためにカルティエがでっち上げた」といった、
ジュエリーに関する蘊蓄がダラダラ書いてある。
おっさんがキャバクラとかで披露するような内容です、でもそれが聞きたくて買ったんだから
もちろんいい。
著者はミキモトの重役で、彼が言うにはまあとにかくデビアスが諸悪の根元だそうです。
世界中で産出されるダイヤを全て買い取り、売るときは一切の値段交渉を許さない。
そんな傲慢経営をつい最近(2000年)まで続けてきたこいつら許せん。
だそうです、焼鳥屋で垂れるような愚痴ですね。それが聞きたかったんだけど。
5月1日
すんごいひさしぶりに本を読みました。
「国家の品格」藤原正彦  新潮社
ミリオンセラーだそうですね。読みやすいしね。
エロ漫画家が品格の本を読んでどうすんのかという…
や、藤原正彦はイイよね。好きです。
「人は論理だけではいけない」ということを、論理的に書いてある。
論理だけではダメで、もっと情緒とか道徳とかも大事にしなさいだそうです。
大昔にどっかへ落っことしてきた気がします。
でも子供も出来た事だし、拾わなきゃな。

うんうん、そうだよなと思う事がいっぱいでした。
それは年取った証拠かもとも思いました。
4月27日
携帯からの募金通話はボーダフォンからじゃないとダメだそうです。
ルーズなことでホントすいません…
4月27日
カカオ70パーセントあたりから99パーセントまで、
ついでに普通のミルクチョコやらビターやら色々食べ比べてしまう。
99パーを食べたときは、こんなん売り出してどうすんだと思ってましたが
チョコ消費量が上がってる、あれのせいで。
4月25日
久しぶりに献血に行きました。10年振りくらいかな。
一時マニアみたいにやってました、会社を辞めて出歩かなくなってから
ずっとやってませんでしたが。
献血が、って言うか採血が好きなんですよねえ。
ぶっとい針が、たいした痛みもなくすっと腕に入って、シリンジに勢いよく
血液が流れ込んでいくのを見るのが快感。
献血の場合はシリンジではなく血液袋なのがやや不満。
でも、400cc抜いたんだけど、わずか5分ほどで血液袋がいっぱいになるのは気持ちよかった。

つか400抜けますよ…
体重50キロない人は、200ccなのです。はは。
あと血圧も上が90ないとダメらしい。いつもだいたい88-55とかで
ちょっと届かないかもと思ったけどギリギリオッケーでした。

赤十字の電話を聞くと通話料が募金されるとかなんとかいうチラシをもらったので
せっせと電話して聞いています。
内容は、赤十字がどこに活動に行ったとか募金をしたとか、あんまおもしろくない。
でもまあ、たまにはいいかと。
一応電話番号書いてみよう。(まわし者?)
*5577
携帯から。米印も忘れないでね。
4月21日
漫太郎没原稿。
まだ12歳の女の子の絵として過激すぎた。
4月15日
下の子供も保育園に行くようになりました。
まだならし保育中で、預け時間は短いんですけど、家に子供のいない暮らし!
仕事中に腹減ったーと泣かれたり、おむつ替えないでいい暮らし!ヤッホー!
イヤ子供は好きですよ、ただ仕事中は解放されたいんで(そんなに言い訳しなくても)
上の子供は三歳、下は一歳になりました。
いっちょまえに兄弟げんかとかしてます。早いもんだねえ。
4月15日
あんまり久しぶり過ぎて何を書いたらいいのかよくわからなくなりました。
「漫太郎」が出てます。ヤンジャンの増刊です。
BHの番外編が載っています。
てか、漫革だと思っていた…掲載誌さえわかっていないで書いてたんかい。
見所は初々しい12歳の山田とか、まだ胸小さい竹下とか。
井上雄彦のインタビューや「エルフェンリート」の作者の新作など載っているので、漫太郎、ぜひ。
2月21日
子育てマンガを書いてる私ですが
昼間は保育園、夜は姑がよく来てくれて、休日は夫に丸投げだったりするせいか
実はかなり育児が苦手です。
こないだは夫が休日に出かけ、珍しく、子供らと三人で一日過ごす事になりました。
午前中は公園に行き、昼間は家でDVD見たり絵本を読み、午後はもう何をしたらいいのかわからない。
誘い合わせるようなママ友もいないし…色々迷って

アニメイトに行きました。

ダメすぎ…
2月21日
出会い系メールが毎日大量に送られてきて心底迷惑しています。
一日50通くらい来てる気がする。
一応内容を確認してから消してるのですが、あんまりな文章があって
コーヒー吹いてしまった。以下にコピペしちゃえ。大好きこういうの。

「初めまして、私は27歳で竹下歩美といいます。
実は私、占いの勉強をしており、貴方を占わせて欲しいのです。
ただ、その占いというのが、男性器を口に含み、こねくり回さなければ出来ないのです。
(以下略)」

この文章を書いたライターはみこすり半劇場とかで連載できると思う。
2月11日

BH2巻ポップの裏側です。
裏は小須田。
多分、店頭で見かけた方でも、裏があるってことに気付かなかった方が多かったのではないでしょうか。
こっちもちゃんと書き下ろしなのですが、目立たない存在であるところが小須田っぽいです。
2月11日
浜田山は、JR渋谷とJR吉祥寺の間くらいにある街で、こぎれいで上品だった。
パン屋とか自然食品の店とか花屋が多くて、歩いてる犬はたいがい血統書付きな感じ。
近所に豪華なマンションがあって、若貴兄弟が住んでた。
そこにキムタクが移り住んできて、わざわざのぞきに行った。
追っかけかストーカーとしかいいようがないです。
もちろんエントランスに管理人がいて、外側をうろうろしただけで
追い払われました。
まあとにかくとても好きな街でした。
2月11日
JR品川駅内のパン屋さん、ポールに行きました。
品川店は品揃えは少ないが、カフェがついてる。焼きたてを食べられる。
品名が覚えられない。いつも、「前食べたのおいしかったけど、どれだっけ?」となる。
今日はメモしてみた。
 ・パン ア ラ グレック
 ・パン オ フロマージュフュメ
 ・ファルーシュ サーモン
 ・セイグル オ レザン
そういえばこないだ池袋東武のドンマイスター
 ・ローゲンブロート
昨日は紀ノ国屋
 ・ローゲンブロート
 ・パンパニッケル
を、買いました。
多分次にどこかのパン屋に入る頃には全部忘れると思います。
パン屋さんと言えば渋谷のヴィロンも大好きです。
あとオリジンカワモトとか…

ほかにも、近くに行くと絶対寄る店はいくつかあるのですが、
どれも自宅からはちょっと遠いです。
昔、浜田山に住んでましたが、なぜかとてもパン屋が多くて、どこもおいしくて
ありがたいけどいつも買いすぎた。パン屋は遠くにありて思うもの、がいいです。
2月8日
「宇宙家族カールビンソン」買いました。
あさりよしとおのSFまんがです。
掲載誌「キャプテン」を創刊からしばらく買っていたので前半は読んでいたのですが
当時はナンセンスギャグだと思ってましたが、今見るとけっこう泣かす。
後半のおとうさんの過去がまた泣かす。

ついでに「宇宙家族ロビンソン」も買いました。(ついで?)
1966年頃放映された実写のSFドラマです。
自分は見たことがあると思っていたけど、見てみたら全然記憶と違う。
そもそも、私が「これ」と思っていたのは、登場人物が日本人だ。

「ここは惑星ゼロ番地」ってあったよなあ…かすかな記憶に残っているのはそっちかしら…
わかんない。そっちを検索してみたけどよくわかんなかった。
2月8日
げんしけんについてなんでこんなに語るかというと、
自分が漫研だったからですね。高校の時。懐かしいです。
1年のとき、2年とやりあって…あれこれと…
具体的に何があったか書いてみようと途中まで書いてみましたが
もう20年も前のことなのでちゃんと覚えてないや。とにかく大昔の青春ドラマを
ぬるま湯で薄めたような二流のあれこれがありました。
そんな書き方じゃ読んでる人には全然わかんないよ…

青春時代はあとからしみじみ思うものですね。
めんどくさくて青くて、二度と戻りたくない。
2月8日
毎日寒いですね。
冬のいいとこはコーヒーがおいしいとこですね。
インスタントで一日10杯くらい飲みます。ネスカフェゴールドブレンドです。
外食でも、どこに行っても食後はコーヒーです。
見知らぬ喫茶店があれば入ってしまいます。
家にはエスプレッソマシンがあって、夫が入れてくれます。
カプチーノもできます。デロンギです。
一応ミルもある。でも面倒なのでパックになってるのを買う。
カップにセットするだけのやつ。

アイスコーヒーの魅力はよくわかりません。夏もだいたいホット。
2月2日
えりこ浴衣
2月2日
毎日寒いですね。
運良く仕事が出来てる夜も、ひやーっと足下から冷えてくると、
すごくさみしくなってきます。
もともとひどいさみしがりやです。
夜中にそっと子供の寝顔を見に行って、布団を治して安心して。
前は夫の寝顔を見に行っていたのですけど、子供出来てから
夫への愛情、関心はすっかり目減りしていますW
おかげで夫はこの寒いのに布団を治してもらえません。
寒いと鬱々とした気分になります。
体が冷え切ると動けなくなります。
たまに、体が石のように固まってしまうときがあります。凍えたまま、部屋の隅で丸まってしまう。
一年中夏ならいいのに。夏大好きフリスキー。しつこい。
2月2日
毎日寒いですね。
私は、だいたい普段 夜は子供と一緒に、早い時間に寝て、深夜三時頃起きるようにしていたのですが
こう寒いと、深夜に起きて仕事なんてとてもとても。
3時に起きて、なんか食べて、ついまた布団に入って朝まで寝てしまう。
というのを、冬になってから、週二回くらいのペースでしてしまってる気がする。
美容にも健康にも歯にもすごく悪そうです。
眠いので歯止めがきかず、あんまん二つとかあっという間に食べてしまう。
なんでかジーパンも軒並みきついです。なんでじゃねえよ。
2月2日
げんしけんを借りたのは夫からだったのですが、返すときに
「コーサカくんどうよ、彼女いるのにエロゲー会社に就職するもんかなあ」と言ったら
「俺もいこうと思ってた」と言われました。
別の会社に受かったから辞めただけだとさー
あああっっぶね!
とか思ったけど自分がエロゲ作ってたっつの。
今でもエロマンガ描いてるっつの。
胸を張って生きていこうよ堂々と。エロ大好きフリスキーですから。
1月27日
げんしけん
人から借りて読みました。
きめの細かいマンガですね…人物描写も、小道具をこまごま書き込んだ絵も、
オタク考証も。どのキャラも、役割と魅力がはっきりしているし、共感できます、
自分も骨の髄までオタクだし。
一番共感したのは、漫研の、ハラグーロこと原口部長ですね。
あの人の言ってること正しいよ…殻が厚くて行動力のないタイプのオタクにとっては、
ああいう、どんどん決めて進めてくれる人が必要だよ。
作品を残せるんだから、引っ張られた人にとっても、結果としてはいいはず。
現視研に対する感想も同じ。
いい若いもんが親に金だしてもらって大学行きながら、ゲーム三昧って…
何かに一生懸命になって、人とぶつかり合う。そういう事って大事だよね。
例えそれが、エロパロ同人誌作りでもね。
そういう意味で、みんなで同人誌作ってコミケに参加するあたりが一番おもしろかった。
個人のペースを大事にする現視研の存在意義を否定してる…?
んでもみなさんけっこう熱いよね。

自分の趣味を人に強要する大野さんだけはちょっと苦手なんだけど、
あの人のメガネ姿超萌える。

アニメも見た。
非オタ(咲ちゃんの友達)の役をやってる声優さんがめっちゃアニメ声で笑った。
1月27日
朝、スーパーで買い物した。
夜、ご飯を作ろうとした。買ったはずの鮭がない。
サッカー台の上に買い物袋を置いたとき、袋の中の商品の山がくずれた。
どうやらあの時、一番上にあった鮭が、サッカー台の裏に落ちたらしい。
あのまま腐っていったら、店かわいそう。
電話したら、もう回収したとのこと。よかった。
「お会計がすんでるんで、商品を預かっていますよ」と言われ。
「あーもういいです、処分してください」
この寒い夜に、子供らを連れて一キロ先のスーパーまで行きたくない。
「じゃあ、配達しますよ」え!配達制度なんて無いスーパーなのに。
速攻で持ってきてくれて、しかも
「この商品は、夕方から半額だったんです」と、半額返してくれた。

ハナマサ一生ついてくよ。
1月21日
BH 2巻。店頭にポップが飾られてます。
嬉しい!
これ、裏にも絵が入ってるんですよ。表と裏、両方見て欲しいなあ。
1月21日
BH 2巻が本日発売されました!
表紙のデザインはボラーレさんです、かっこいい!
エメラルド色と、帯の、やや褪せたオレンジの組み合わせがとてもおしゃれです。
1巻同様、くだらない書き下ろしもちょびっとはいっています。
よろしくお願いします〜
1月21日
落書き
えり子、宮野、ハガレン エリシアちゃん
1月12日
1/13発売の少年画報社「校則違反」という雑誌に、イラストを一枚描きました。
久しぶりのえり子くんです。あんまりエロくないですが。
雑誌自体が絵のレベル、エロ度共に見応えのある内容なので、お勧めです。