日記0605



トップへ 日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7 日記8 日記9
日記10 日記11 日記12 日記13 日記14 日記0503 日記0506 日記0601


8月26日
げんしけんの8巻を夫が貸してくれました。
あーすごいなこれ、「ホモ妄想をする女の苦悩」なんて
マンガの主題になるんだなあと、自分が腐女子なのに(だからこそ?)感心した。
同人女の痛さもよく伝わってきます。先に男ができた仲間を陥れる。ありそう。
でも、同人女だからこそ、救いの道もそこにあり、
荻上が絵がうまい事、描き続けている事を、昔の敵が認めてくれる。
ホモ絵で評価してもらえるというのもなんかすごい話だけど、そういう世界だからね。
そこらへんをハンパに崩さないから、話が全くぶれない。
笹原の優しさは、半分はただのオタの優柔不断からできてます。でもそこもいい結果に繋がってるし。
荻上はちょっとよくなってもまたすぐぶり返す。リアルだなあと思いました。

ていうか荻上に感情移入してるんです。よ。
別に腐女子だから悩んでた訳じゃないんですけどね。(少しは悩めよ)
中学の時いじめられて、自分が大嫌いになりました。
人付き合いができなくて、いつもおどおどと自信が無くて、
軽度の鬱病で、ストレスから来る過敏性腸症候群でした。
「死にたい」が独り言の口癖でした。
男と、マンガを描く事に救われたんです。
なんかね…ダメ人間なんですよいろいろと…(何この暗い話…)
今でも自分を好きにはなれないんだけど、でも今は幸せですよ。
8月26日
ようやっとゲド戦記見てきたよー。
つまんない…眠かったよ〜
どこが悪いっていうか、いいとこはない、見所とか無かったと思います。
せっかく文太連れてきても、見せ場や名セリフがなきゃ意味ないよ。キャラ萌えとかもちろん全然無理。
駿監督で見たかったです。(みんなそうか!)

帰りに、東大の食堂でご飯を食べました。
安いしおいしい。学生でも関係者でもないのに入って食べていいのかなあ。
もう食べちゃったけど。
つーかさ、うまいじゃん!まずいのかと思っていた。
父が東大で働いていたのですが、毎日お弁当持っていってたんですよ。母の手作りの。
母が
「学食の方が、お弁当の材料費を考えると安いくらいだし、できたてであったかくて、よくない?」
と聞いても、毎日弁当を要求していた。
母の弁当食べたかったのね…

書籍部をひやかしてみたら、「ドラゴン桜」が山積みになってて、
「東大生協で一番売れてる!」って書いてあった。
東大受験マンガを、なんで東大受かった人が買うの?W

キャンパスは広く、建物は美しく、緑は多く、気持ちよかった。
8月26日
また妊婦と間違えられたorz
しかも年に二回会ってる親戚のおじさんに…
確かに腹はすごい事になってるよ…でも腹以外もすごいのに…(やや自棄)
8月24日
えーと、集英社のインターネットラジオのヤンジャンの番組
ラジオヤンジャン!制コレ7テイルズ
では、パーソナリティを、落語家と、週替わりで制コレメンバーがつとめています。
で、二人でヤンジャンの一ページを朗読する
という企画があるそうです。
BHも読んでくれた。
ここからきけると思います。8/3オンエア、週替わりパーソナリティは木嶋のりこちゃん。
水色のON AIRのボタンを押して、21分40秒あたりです。
8月15日
最近は女児萌えです。
上の娘がやたら女らしくなってきて、それがかわいくてたまらんから。
ずっと男の子が欲しくて、娘にも男の子のような格好をさせていたけど、
娘は自然に女の子らしいものを好み、男子との区別をきっぱりとつけている。
デパートに行けば売ってるドレスをみて喜び、
スカートを買うと嬉しがり、テレビや本を見ても、その中から、より女らしい、
おしゃれなものを好んでいる。
銀色のボール紙を腕に巻いて、腕輪にしている。
子供用の、300円くらいの安いアクセサリーセットを買ってあげたら、
もうあり得ないほどの気に入りよう。
私も子供の頃、こんなだった気がします、あんま覚えてないけど。
性の違いは生まれつきインプットされてるんですね。もちろん人によるけど。
ほかの同じ歳の女の子より、乙女チック度が強いように見える。
「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」とボーヴォワールは言ったそうですが。
8月15日

水着あひるちゃんと、なんでかアイドルあひるちゃん。
アニメにしかいなそうな、アイドル風のカッコウが好きです。
最近は女児萌えなので、あひるちゃんの落書きが多いです。
8月15日
これから三ヶ月間、ページトップの「現在のお仕事」欄の
「えり子くん、お茶!」のところは(再録掲載中)じゃなくなります。
嬉しいなー。久しぶりのえり子くんですが特に変わった事はないようです。
もっと画力、ネーム力上がってるかと自分に期待したが…
8月5日
しょんぼりな話

そうめんで、ピンクと緑の色つきのが数本入ってるやつあるじゃないですか。
アレを買ったんですよ。
子供だましっぽいけど、こういうの好きなんですよ。
で、茹でたはいいがめんつゆ作るのがめんどくさくて、
鍋焼きうどんみたいな要領で、フライパンで焼いたんです。
黒胡椒とコンソメで味付けして、具はキャベツとベーコン。
そしたら!
キャベツは緑で、ベーコンはピンク。
色つきの麺が全く目立たない。
なんとなくがっかりでした。おしまい。平和ですね。
7月29日
接待ゴルフとか、接待麻雀という言葉は聞いた事がありますが
昨日、夫は

接待マジックザギャザリング

でした。
徹夜で取引先とカードゲームしまくるらしい。朝帰りだった。
世の中にはいろんな仕事があるなあW
7月29日
なんのきなしに、「ウィキペディア」でB型H系を検索してみたら
スゲー細かく書いてあってびっくり。
7月26日
7月20日
欽ちゃんの野球チームは

ゴールデンボールズ

だと思ってました。
欽ちゃんの割にシモネタだなあと思ってました。
ごめん。
7月20日
夏と言えば恐竜ですね。
あちこちで恐竜博が開かれてます。
でさ、それはすごくいいことなんだけどさ、最近の恐竜、
もさもさ毛が生えてるやん。

あれ、かわいい?

そういう問題じゃないのはわかってるよ。
でもさ、恐竜ってのはもうちょっとは忠類っぽい、無機質な感じがいいんじゃないのか。
対峙したとき、全く分かり合えなそうな、冷たい目で見られたらすくみ上がりそうな、
そんなとこに憧れを抱くんじゃないのか。
対峙する事なんかないですけどね。
7月20日
http://taisa.tm.land.to/tensei.html

よそ様のブログを見てたら、天声人語っぽい文章を作れる、
というサイトがあったので、やってみました。
できあがった文章が、長い上に重複が多いので、だいぶ整理してしまったけど、
こんなかんじ。みなさんもおヒマだったら、「自分」と「彼女」とかで作ってみてください…

今、うちでは朝日を取ってるんだけど、天声人語はこの持って回った言い回しのおかげで
私みたいな知能控えめな読者をうまいことケムに巻いてるよね。
ときどき「結論はなに…?」みたいなときあるよね?ない?

【天声人語】 (朝日新聞)

山田は、小須田はスペックが低いのだからつけあがってはいけないと主張している。しかしちょっと待って欲しい。それはやや早計ではないか。
山田の真摯な姿勢が、今ひとつ伝わってこない。
例えば小須田からは、山田が何を考えているのかわからないと主張するような声もある。
このような声に山田は謙虚に耳を傾けるべきではないか▲
思い出してほしい、過去にも何度も山田は小須田の叫びを無視している。
確かに小須田には童貞という問題もある。だが、心配のしすぎではないか▲

山田の主張は、一見、一理あるように聞こえる。
しかし、だからといって本当に山田は、小須田はつけあがってはいけないと主張できるのであろうか?
的はずれというほかない▲
事の本質はそうではではない。その前にすべきことがあるのではないか。
各方面の声に耳を傾けてほしい。▲

山田は、いやなら小須田を選ばなければいいという矛盾もある。
彼女に疑問を抱くのは私達だけだろうか。

山田の主張はあまりに乱暴だ。再考すべきだろう。
このことは滝沢高校内に波紋を広げそうだ。今こそ冷静な議論が求められる。

7月20日
子供の病気の事ばっか書いて、ご心配かけてすみません。
ほんとたいしたことはないのです。実は。
ただ、子供が保育園を休んで、私こんなに大変なの!って
世間に言ってみたかったのです…ね…
寝たら治る、がんばってって言われたい病です。
7月16日
子供二人ともとびひ…
水ぶくれができる。感染力が強い。また保育園休み…orz
重篤な病気はほとんどないのでありがたいけど、
ちょくちょく休みになるのがきつい。(子供の心配しろ)
とびひというのは正式には伝染性膿か疹というそうで、膿からどんどん
膿が広がるところが飛び火のようなので俗にこう呼ばれているのだそうですが、
病院のカルテには「とび皮」と書いてありました。
…?俗名だから字はなんでもいいのかなあ。

とびひはプールに入れちゃいけないんだって…orz
7月15日
もたもたしてるとすぐ日記の更新が一ヶ月ぶりとかになってしまいますね。
やれやれ、告知とかあったのに、全然間に合ってない。
7/6に出たヤンジャンで、BHは連載101回を迎えました。
皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます。
そして担当編集のおかげです。とても感謝しています。
なのにしょっちゅう名前を間違えてしまいます。うっかり。ひどいよね

7/11に漫革が出ました。
BH番外編6ページが載ってました。
番外編と言ってもやってる事はいつもと同じでした。
7月15日
8/10発売ヤングコミックにて、久しぶりに「えり子くん、お茶!」が
書き下ろしで掲載されます。
三号連続企画です。
今月発売のヤンコミの次号予告で、「復活!」って大きく書いてあって、
連載が再開すると勘違いする人がいるかも…(杞憂?)
しません、すみません。三回のみです。
一回目はカラーです。よかったらみてね。

これを書くにあたり、えり子を久しぶりに読み返してみたんだけど
ほんっとーに雑だな!あちこち!
えり子の苗字、決まってないだろこれ。
友達マリコに至っては、顔も名前もはっきりしない。はじめの頃違う名前で呼ばれてる。
佐藤さんと山田さんの顔のかき分け、性格、役割分担、はっきりしない。
おおざっぱだなー…
そもそも「設定を全然決めずにスタートした」事を全然覚えてなかったってのがまた雑な話だなあ。
まあBHも似たようなもんだけど。
7月15日
あんまり暑いので、ベランダにビニールプールを出しました。
子供らは大喜び。
私も涼しいです。
7月14日
上の子供(三歳)がうなぎの骨を喉に刺して救急車。
漫画のようです。
小さい骨だけど、喉の奥にぐっさり刺さってどうしても取れなくてねー。
子供は半分パニックみたいに泣き叫ぶので、ちょっとにっちもさっちもいかず…
病院に行ってちゃちゃっと取ってもらってすぐ回復。
意外と多いそうです、うなぎの骨。
みんな警戒しないからだとか。
皆さんもお気をつけ下さい。

下の子のヘルペス治りました。
7月14日
ポーランドの首相と大統領って双子なんですってね。
世界情勢に疎くて詳しい事は知りませんが。
実際には、大統領が強硬に首相を指名したりしてなかなかぎすぎすしてるそうなのですが、
私はなんかおかしくておかしくて。
服を交換して一日だけ大統領と首相が入れ替わったりしてるのか?
とか思ってしまう。
「今度EU首脳会談、ニースでやるんだ」
「えーいいな代わってくれよ」
「いいけどただじゃな。お前次どこか外遊ないの?」とか。
二人並んでぶら下がりをして、記者が
「首相!前党首の意向を継ぐとの事ですが…」
「首相は俺だよ!そっちは大統領だよ!」
みたいな。
記者が二人の写真を撮ったらどっちがどっちかわからなくなったけど
「まあどっちでもいいんじゃね?」って適当に新聞に掲載したり。

そんなことを想像して一日笑ってしまいました。
7月10日
下の子供(一歳4ヶ月)がヘルペスに。
口の中が、内壁と言わず歯茎と言わずどす赤く腫れ上がって
歯ブラシを当てるとどこからでも出血。痛々しいです。
お医者さんには
「うわあ、これは痛そうだ。固形物は全然食べられないよね。
柔らかいものをあげてね、水分だけは与えて、それも飲めなくなったら
点滴するから」
と、言われました。
でも食事になると、目の前に並んだゼリーやヨーグルトより、親や姉の食べているものを欲しがり、
あれこれ試しながら、米とか、食べられるものを食べてる。
食欲があってよかったね、という話なのか
ますます悪化するから無理にでも辞めさせるべきなのか…
エナメル質形成不全なのに歯磨きができなくて私はハラハラ。

もう一週間以上も保育園を休んでて、それもしんどい。
7月10日
ヤングガンガン連載中「戦線スパイクヒルズ」 原作原田宗典 作画 井田ヒロト
を、読みました。三巻まで。
高校生の男の子二人と女の子1人が、一流大学の受験問題を盗み出す計画を立てる
青春冒険ストーリー。
いいな〜大好きになった。
原田宗典はそこそこ好きな作家ですが、これは作画の人の力が大きいよなあ。
絵がいい。演出が好み。
ほそっこい男の子がかわいい(正直すぎる意見)
アホっぽくて痛々しい女の子もツボです。
6月20日
蕨野行」という映画を観ました。
姥捨ての話です。
芥川賞作家、村田喜代子原作。この原作がとてもおもしろかったので見てみた。
悲しい、暖かい映画でした。市原悦子は素晴らしかった。
ただ、監督は映画をヒットさせる気ゼロって感じでした。エンターテイメント性とか
見やすさとかも少しは考えてくれ。方言がきつくて何を言ってるのかわからん。
あんまりお勧めとは言えないかも。

江戸中期、東北地方の寒村で、村民は60歳になったら「蕨野」という場所に捨てられる。
もちろん死にたくはないけど、村の生産力では全員を賄えないから、
若い者に命を託して、自分は身を引く。
私もそんなふうに生きたい、自分の身さえ次の世代に譲って満足して死にたい。
でもいざとなったらそんな達観出来るだろうか。
そんなふうに思いました。
6月10日
歯科検診で、下の子の歯が「エナメル形成不全」と言われてしまった。
歯のエナメル質が薄いそうで。虫歯になりやすいって。
確かに、生えかけの奥歯の形が見るからに変で、生えきったら歯科に行こうと思ってたのだが。
まあできる事やっていく以外にどうしようもないし、かわってあげられるわけでもないし。
でもちっこい子が虫歯の治療ってきついだろうなー。
大人だってやだもんね。
私もまだあちこち治さないといけないところがあるんだけど、さぼってる。
6月9日
今日は6月9日か…
6と9が並んでるとどうしても反応してしまうな。
6月9日
昨日発売YJ28号の作家コメント。
「自分の漫画以外で、大好きな異性キャラを教えてください」
ガールフレンドの原作の外薗昌也先生が山田をあげてくれたよ!
嬉しいよ!

私は天馬博士って書いたんだけど、好きなキャラを1人に絞るなんて無理だよね〜
天馬博士は、アトムに対するエゴ丸出しの歪んだ愛情がいい。
天馬博士の異常な愛情。
ホントはキャプテン翼の若島津にしようかと思ったんだけど、照れが勝ってしまった。
高校の頃の私のアイドルでした…
ストイックな感じがツボでした…
そんな彼が今、FWに!
見たいよ日向小次郎とのツートップ!
6月9日
こっこクラブに連載中の子育てマンガの中で、「ピープル」という会社製のおもちゃを登場させました。
そしたらピープルからお礼とおもちゃをいただきました!
こんなことあるんだー。噂にはたまに聞いてましたが。>マンガに出てきた商品の会社からお礼
マンガに出したのは、手押し車が自動車に変形する、というおもちゃだったのですが
うちにはほかにもピープルのおもちゃいっぱいあるよ。
「ぽぽちゃん」なんか二つもある。
作りがしっかりしてて全然壊れない。
おもちゃ売り場で迷ったら、ぜひピープル製をどうぞ。
5月30日
「NHKにようこそ!」角川書店
という漫画を買ってみました。
NHK職員の業界モノだと思いこんでた。かなり間違えた。
5月30日
リュック・ベッソン監督「最後の戦い」を観ました。
長編映画監督一作目。
10年くらい前にテレビでやってたのを観た事があるんだけど、
セリフが一切無いという事に、そのときは全然気がつかなかったです、違和感なくて。
(それって成功なの?失敗なの?)
近未来パリ、最終戦争後、生き残りを賭けて戦い続ける男達。
破壊され、荒廃し、殺伐とした世界で、主人公が見せる優しさと繊細さは、
乾いた大地に降り注ぐ慈雨のよう。
ただ、邦題すごくださくないか。
5月30日
なんとなく「健全恋愛ライフ」を読み返してました。こいずみまり。
ビタースイートな、泣けるラブストーリーです。
こいずみまりは作品ごとに色々違ってて、全体を評するのが私には難しいんだけど
とにかく「こいずみまりは、世界に1人しかいない」。
この人の作品は、他の人には絶対描けない、代替がきかないの。
5月30日
よつばと!5巻を買いました(今更)
よつばかわいいよう〜
細い肩も、不安定な手足も。
気まぐれで移り気なくせに、時には大変な集中力で何かを大量に作り出したり。
水たまりが好きで、虫が好きで雨が好きで。
全てが実に子供らしい。
よつばの目を通して、自分も、世界はこんなに素敵だったかと再発見する。
新鮮な気持ちになります。
5月30日
魚ではサンマが一番好きです。
塩焼きで大根おろし。
大トロよりウナギより銀だらより。
こだわりはない。冷凍でもなんでもいい。
ただ、焼きたてアツアツをざくざく食べるんでないとダメだ。

子供にあげるときはそうはいかない。
一歳児はもちろん、三歳児にだってあの小骨はきつい。
小骨はかなり細かいモノまでみんな取って、ヒレとかも取って、
内臓も綺麗に除いて、すっかり冷えてる。もちろん大根おろしも無し。
「(落語の)目黒のサンマみたい…」
っていつも思う。
5月23日
担当さんと次回の打ち合わせをするとき、私が宮野の話を提案する事があります。
「宮野の家が借金で、宮野はメイド喫茶に売られてしまうの。どうですか?」
なんでかたいがい却下になってしまいます。
ダメですか。とても嬉しいんだけど(私が)
胸にポットが当たってひっくり返しては怒られてるそんなうっかりな
マイホームみやの。
パクリじゃん!ごめ…