日記0707



トップへ 日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7 日記8 日記9
日記10 日記11 日記12 日記13 日記14 日記0503 日記0506 日記0601 日記0605 日記0609
日記0702


2008年4月29日
tutayaはあれ以降一度も利用しないまま、昨日解約した。
10月22日
TUTAYAdiscusを、しばらく利用してみることにしました。
ネットでレンタル、ポストに返却。
一ヶ月2000円くらい、最大8枚まで借りられるコース。
普段、なかなか映画って見ないから、「見ないと損する」という
状況を作り出してみるのはどうかなあと思って。
そんなに忙しいわけでもないんだけどね、時間の使い方が悪いんだろうなあ。
なんで好きで見たいものを自分に強制しないといけないんだろうと
自分でも思います。
まあそんなわけで、10月は4本借りた。
以下感想

「ブロークバックマウンテン」
ゲイが、家族を犠牲にして不倫する話。非常に不愉快。

「キューブ」
こええ。怖すぎて、怖いシーンは飛ばしてしまいました。
飛ばしといてなんだけど、おもしろかったです。
私の「怖すぎて飛ばした」は、賛辞です、伝わりにくいけど。

「フルメタルジャケット」
昔一度見た。
今年、私もビリーズブートキャンプに挑戦したんですよ、4日で辞めちゃったけど。
なんで運動嫌いな私が入隊したかというと、フルメタルジャケットに、
ハートマンという怖い軍曹が出てくるんですよ、すっげー口の悪い。
ブートキャンプも、あんな感じなのかと思ったのです。
テレビの向こうで激しく罵るビリー。
「お前らはウジ虫だ!太ったウジ虫だ!痩せるまでお前らに価値はない!」
とか。
すげえ!こええ!でも叱られてみたい。
そんなふうに、だらしない自分を嘲り、けなし、貶めて欲しい。
いやマゾじゃないですよ、そうやって叱咤されれば少しはがんばれるかなって。
まあ結果としては、ビリーは紳士で、私は4日で…
ビリーあんなに励ましてくれたのにごめん…
「またいつかやろう」って思いつつ二ヶ月以上経つなあ…

映画は、とにかくハートマン軍曹が出色です。

「天国と地獄」
9月に、テレ朝系で放映された、この映画のリメイクドラマを見たのです。
ストーリーの骨子やセリフはいいのだけど、あちこち
つじつまとか演出がおかしい。ので黒沢版も見たいなと。
ドラマでおかしかったところは、映画では全部納得のいくものでした。
映画はさすがにいい作品でした。
でもドラマが全然意味がないかというとそうでもない。
佐藤浩市の演技はとてもよかった。
他人の子供の命のために、自分の積み上げてきた物を全て捨てる、
その葛藤が見せ場で、じっくりと表情を追うやり方は、映画にはないものでした。
まあそこ以外はいろいろアレで、
結局ラストはウフウアハハなバカップル話。
あの渋い社会派映画を…なんかある意味すごいW
でも嫌いじゃないです。
9月22日
「チャーリーとパパの飛行機」という映画を観ました。
テレビで紹介されていて、設定がすごくよくて。

チャーリーはフランス郊外に住む男の子。
クリスマスに、自転車をお願いしたのに、パイロットであるパパは、
手作りの飛行機をプレゼントするのです。
忙しさを縫って作ってくれたのに、チャーリーは喜べない。

パパは突然事故死。
チャーリーは父親の死を、受け入れることができません。
学校にも行かず、家にいると、ある日、飛行機が動いたのです!
まるで生きているみたいに!
パパが乗り移っているのでしょうか?
二人(?)はすぐに仲良しに。
しかし、自発的に飛ぶ飛行機の秘密は周囲に漏れ、
何か秘密の最新技術が隠されているのでは?と、
父親の元同僚が、飛行機を奪おうとする。
実は父は軍の飛行機開発者だったのです。

チャーリーと飛行機は、大人達に追いつめられる。
高いところに登って、逃げ場を失う。
そのときチャーリーは飛行機にしがみつき、二人は大空へ舞い上がる。
大人達が見ているなか、満月をバックに、自由に飛んでいく。

ラストでチャーリーは飛行機とお別れするのですが、
甘いファンタジーです。

…こんな、素敵設定の話を、どうしたらこんなに退屈な映画にできるのかな。
とにかくはずしまくっている。つまんなかった。
ほかの監督にリメイクさせろ。
9月22日
エヴァ映画見てきた。
「2か3でカオルとシンジのキスシーンがあるといいな…まあないけど、
1抜かしたら話がわからんから、一応みとくかー池袋に来たついでだし」
くらいの気持ちだったんですけど、
すっっっごいよかった!
もーちょーよかった。
戦闘シーン大迫力!こんなにアニメ見て興奮したの初めて。
ドラマ部分もよくて、ぼろ泣きでした。(泣いてる奴ほかにいなかった。なんで〜)
シンジ…シンジはええ子や…
親に捨てられた子が、再び声をかけられて、その手を払いのけることが
できるわけないやないの…
愛を求めて居場所を求めてもがいてもがいて…
そんな過酷な状況でも綾波に手をさしのべるシンジの優しさが嬉しくて
めっちゃ泣けてしまいました。
って、この辺テレビとも漫画ともかわらん。何を今更。
(細かいセリフなどは、漫画の方がずっといいのだが)
そんだけ出来がよく、盛り上がったからね。
2時間の尺をたっぷり使って、ラストまで一気に。素晴らしいなあ。

要塞都市の描写は圧巻で、もうあんまりすごすぎて、
「ああ…こういうの考えるのが好きな人、いくらでもいるんだろうな…
日本には、男の子がそのままおっきくなっちゃったのがいっぱいおるよ…」
と、半ばあきれてしまった。
9月22日
夫がクレイモア買ってきたので読んでみた。
クレアかわいいな。愛嬌も愛想もないのに、なんでかかわいい。
あとヘレンが好き。バカで。

設定が怖い、よくできてる。
人を喰らう妖魔を倒すために、戦士を作る。
戦士はしばらくすると、より貪欲で強力な妖魔になる。
それを倒すためにさらに強い戦士を作る。
さらに強い戦士はさらに強い妖魔に…な悪循環。
現実の社会でもよく見られる光景ですね。
面倒や厄災を浅知恵で乗り切る、その部分の問題は解消されるが
全体的にはさらに状況は悪化する。
まずいとわかっていても、後戻りできない。
9月16日
「花より男子」
「ラブコン」
「ハツカレ」
「高校デビュー」
と…なんとなく、マーガレット系の少女漫画ばかり読みました。
花より男子はちょっと付いていきにくかったけど
(途中までしか読んでないけど同じ作者のキャットストリートはいい)
みんなおもしろかった。
特に高校デビューはよかった。
私は恋愛系の少女漫画、特にマーガレット系ってあんまり読んだことないのですよ…
あれは非オタ女子とか、現実に恋愛が手に届くところにある女子が
読むのかなって…←どんだけ情けない理由

それにしても少女漫画の男キャラはあんま性欲なさそうだよね…
ものにもよるけどね。
私はずっと、少年サンデーとかのラブコメを読んできたので、
男子というものは、同級生の胸元や太もも見てドキドキしていることが恋
なのだと思ってきました。
漫画をそのまま真に受けるわけにはいきませんが、
見比べると、少年文化と少女文化の大きな乖離を感じます。
中学くらいでうまいこと彼氏彼女作るやつってすげえ。
恋人同士でも、脳内はもしかしたらえらい遠いかもしれんよなあ。
9月15日
アニメイトに行ってBHドラマCD買ってみた。
もちろんすでにもらってるんだけどね、買ってみたかった。
ちゃんと売ってたよ〜
ついでに、
黒の契約者(以下DTB)のDVD2巻と、ハガレン新作グッズ(今でも出ているのですね)
買って帰ってきた。
はー癒される…アニメイトは癒される…
ノーベンバー11(DTBに出てくるキャラ)の登場シーンが
脳からなんかの液が出るくらい見たかったよ!
深夜アニメはよく録画し逃す。わざとだと思います。
夫に「アニメのDVDって高いよ」と文句を言ったら、
アマゾンの段ボールから「クレイモア」のDVDを取り出しながら
「OVAだと思いなさい」と言われました。
OVAだと思うことにします。

グッズの話だけど、
私はあれが欲しいなあ、抱き枕。
ドラマ「ハゲタカ」の主人公、鷲津政彦が現在の最萌えキャラです、
あれの枕があったらいいなあ…
表はビシッとスーツ。
裏は、ちょっとネクタイ弛めてるバージョン!
鎖骨がちょこっと見えちゃってます!とか!うおお!欲しい!
…実写ものはちょっと生々しいか。
9月14日
ドラマCD,今日発売です!
予約注文しなかった人も、アニメイトとか行けばおいてあるかもしれんよ!
「きゃらびぃ」(アニメイトの情報誌)でも紹介されてたよ!
嬉しいな。きゃらびぃは嬉しい。

細かいことですが、いままで、アマゾンでBHを見ると
サンプル画像がなかったのですが、最近出るようになりました。
9月14日
もうずっと風邪が治らないのですよ…
微熱と頭痛、咳と鼻水に、何週間も悩まされています。
そんな体調で、親知らずを一本抜いてしまった。
結論から言うと、全然どうって事無かった。全然痛くもなかった。
ものすごい気負っていただけに拍子抜けというか、
今はちょっと寂しいです。

25歳の時、ちょっとあごがみしみしする感じがあって、
なんだ?と思ってたら、親知らずが上下4本、一気に出てきてた。
そら親はしらんわ。そんな大人になってから出てくるのか。
で、歯医者には、
「かなり奥まってるから、そのうち絶対虫歯になる。そしたら抜きな」と言われ、
そりゃ怖かった…親知らずを抜いた怖いエピソードは、たくさん聞いていたからね。
なにがなんでも虫歯にすまい、と、歯磨き頑張った。
はじめの一年くらいは。
でもやっぱり、そのうちの一本が虫歯になった。
12年もったんだから、がんばったよ親知らず。褒めてあげるよ。
痛みはないんだけど、触るとわかる。でかい穴が開いてるのが。
その穴に食べかすが入り込んで、歯磨きしても取れない。
ほかの歯の詰め物が取れたのを期に、歯科医に見てもらい、抜くことに。

麻酔注射して(これもほとんど痛くない)、メリメリッとやってるなと思ったら
もう抜けてました。あっけなく。
大きな歯。
ものすごいでっかい虫歯の穴が開いてた。こりゃひでえ。
なんでこれで痛くならないのかな。
根っこの部分は傷んでいなくて、しっかりと大きかった。
なんだかもったいない。
そして寂しいです。
かみ合わせに関係なく、なんの役にも立たない、
虫歯が進行していれば痛んだだろう、そう考えると害しかないものだったけど
私の一部だったのになあ。
歯は、一応もらってみた。
9月14日
9月上旬に、二泊三日で家族旅行に行きました。軽井沢。楽しかった。
11月発売「こっこクラブ」にその様子を描きますです。

軽井沢で遊園地にも行ったのですが、上の娘は乗り物系がダメ。
遊園地に行っても何にも乗らない。私に似たのだと思う…
下の娘は、去年同じ場所に来たときも、なんにでも乗りたがった(当時一歳)
が、上の娘は、どれもこれも拒否。なんとか乗れるのはメリーゴーランドくらい。
彼女を見ていると、自分の大昔…
結婚式の翌日、出席してくれた友人らとHUJIYAMAに乗って
マジ泣きした黒歴史を、思い出す。
嫌なら乗らなきゃいいのに乗って周囲に心配かけた、当時29歳の私よりは
はじめから乗らない4歳の娘の方が賢い。
8月20日
駅前の本屋さんが潰れてしまいました。
うわあああん
これから私はどうやって本を買えばいいのだ…
本屋さんは本当に苦しいのですね。だってうちの近所、
あそこしかなかったのにさ…
確かに自分自身、マメに利用していたと言えるかどうか。
アマゾンに頼りまくりで。
でも雑誌なんかはアマゾンじゃ買えないしさ。
コンビニで雑誌買うこともあるけど、自分が望む品揃えは
本屋さんじゃないとダメなのに。
小さい本屋にしては品揃えは悪くなかったと思うけど、
確かにベストセラーがいつもおいてあると言うほどではなかったなあ…
手に入りにくかったのかなあ…
小さいながらも、マンガのコーナーでは
「腐女子特集」とか「執事特集」とか「萌え4コマ特集」
とかやって頑張ってたのに。

どうでもいいが執事ブームってなんなんだろう。
身近にいないのに…ってメイドも同じだけど。
腐女子はなんだってこんなに脚光を浴びてるんでしょうか。
年取った腐女子は貴腐人になるそうですが、何歳くらいからなんでしょうか。
「801ちゃん」も読みましたが、私は腐女子マンガと言えば
「電脳やおい少女」
を推したい。腐女子でありながら、萌えるモノが無く一線を退いていた私に
色々教えてくれたあの4コマ。あれはちょっと早すぎたのだなきっと。
8月20日
コミケに行ったよ。
いつものように山ほど801同人誌を買い込む私でした。
去年の冬は行けなかったので、一年ぶり。楽しかった。
8月20日
漫力、おもしろかったです。
お客さんが百人以上来ていてびっくり。大きなイベントです。
奥先生はマイペースで、松山先生は盛り上げてくれて
それぞれに楽しいトークでした。
私はちょっとだけ下ネタを言いました。
母が来たがっていたけど、来なくてよかった。
司会のアメリカザリガニのお二人が、うちの母にサインをしてくれて、
楽しいイベントでした。
8月11日
8/12開催の「漫力」に、ゲスト出演させて頂くことになりました。
明日やん。もっと早くに告知すべきだったか…
竹内義和先生、葉月京先生、THE SEIJI先生主催の、ファンとの交流イベント
という感じかな?
新宿ロフトプラスワンにて、20:00スタート、当日券無くなり次第終了、
ほかのゲストはなんと奥弘哉先生、松山せいじ先生。です。
どんな巨乳談義が繰り広げられるのかと…
いやどうなるかはわかりませんが。
人前にでるのは緊張しますね。
8月2日
今日発売のヤングジャンプなんですけども。
第32回金のピコピコハンマー賞審査員
というものをやりました。
金のピコピコハンマーというのは、ギャグマンガの賞です。

何年か前に、みこすり半劇場別館で、賞の審査員を、
との話があったのですが、
毎回、原稿が上がるたびにネタの出来の悪さに自己嫌悪になっていた私には
人の作品を評価する事なんて絶対無理、と、
お断りさせていただいたのでした。
あとから後悔した…
当時、別館の表紙と巻頭は私だったので
少しは雑誌のことを考えたっていいんじゃないの。
ほかの審査員のマンガ家だって、自分が完璧と思って参加する
とも限らないだろうに、私は自分のことばっか。
新人さんを応援する気持ちがあるなら、やればいいのに。

そんなわけでかなりかしこまった気持ちでさせて頂きました。
でも、総評はやっぱりろくに参考になることは言えず…
ギャグについて新人に伝えたい事って…うーん…
情けない話だけど、それがすらすら出てくるならもっと
売れてんじゃないかと…

ギャグじゃなくてマンガ全体ということなら、伝えたいことはある。
でもそれも、すごく当たり前のことだけなんだけど。

マンガ家になりたいなら、絶対あきらめないこと。
ずっと描くこと。
マンガ家は、サラリーマンなどに比べてきついと思われがちだけど、
モチベーションを考えると、好きな事を仕事にするということは
楽であること。
マンガ家は、仕入れもない、店舗の確保もない、
自営としては実はけっこうリスク低い仕事であるということ。
こんな豊かな現代日本で挑戦しなかったら、
いつの時代のどこの国で挑戦するんだよ、ということ。
女性の場合、子供ができても続けるやり方があるということ。

マンガ家になりたいけど、好きではない堅実な道との二択で迷っている、
という人がいたら、私はチャレンジすることを勧めます。
新人には本当に頑張って欲しいと思います。

でもヤンジャンに、萌え絵シモネタ4コマを投稿するのは
えーと…ちょっと待…競合…

台無し過ぎ!!
8月2日
戦闘シーンがあるものはアンパンマンでもプリキュアでも嫌だ、
という気難しい娘のために、「パンダコパンダ」を買いました。
スタッフに、高畑勲・宮崎駿・小田部羊一・大塚康生といった
ゴージャスな面々がならぶ古いアニメです。
「うちの子トトロ好きだし、ラピュタとかまだ早いし」
といった理由でなんとなくどんぐり共和国(ジブリのショップ)で
買ったお父さんお母さんは多いのではないでしょーか。
というかうちがそう。
ほのぼのしておもしろく、子供らも気に入ってくれたのですが…
なんか、かすかにびみょーーにいらつく私。
「一人暮らしの小学生の女の子の家に、
親子のパンダが居候する」という話なんだけど

ヒロインが小学生にもなってパンツ丸出し
ヒロインが、まだ子供なのに母親役をしている
居候の大の男(パンダだけど)は、稼ぐでもなく、家事もしない

「子供に、ロリパンツと母性両方おしつけんな」
とか思うのよ。
これは主婦目線、母親目線なんだろうなあ。
こういうヒロイン、宮崎アニメにホントよく出てくるよね。
8月2日
そんな、大切な物を色々捨てて歳食って開き直った私が
今萌えているのが「黒の契約者」です。
(長いことアニメが苦手だったけど、BHのドラマCDをきっかけに
それがすっかりなくなったみたいです。
ますます堕ちていくばかりな…)
黒(主人公の名前)、エロかわいい…
つーか私の萌え、浅ー。
まだ見始めたばっかでいまいち話もよくわかんないのに。
クールで手袋ならそれでいいのかよ。いいみたいです。
DVDも買ってしまった。

黒は、魔界都市の秋せつらとは関係ないのかしら?色々似てるよ。
8月2日
エヴァンゲリオンのコミックスを今更買いました。

アニメの方はね、オタの夫にほぼ無理やり観せられて…
そんな経緯のせいかどうか、あんまりピンと来なかった。
正直言うと、エヴァがどうとかじゃなく、アニメ自体がちょっと苦手だった…
でも貞本義行の絵はかわいいので、
フィギュアついてる7巻だけ買ってみたりとなんとなく気にならんでもない、
くらいの気持ちで。で、こないだコンビニに置いてある10巻をたまたま
手にとって

カオルがシンジにキスしてて

でまあ、全巻揃えてしまいましたよ…
なんかねもう、エヴァの世界的な評価とか優れた脚本とか
演出とか使徒のデザインとかそういうの私ってどうでもいいんだね。
キャラ萌えすれば、ホモがあればそれでいいんだ。
わかってたはずだけどわかってなかった。
自分はそれでもわずかにはまともな審美眼も持ってると思ってた
改めて自分にがっかりだ。
しょんぼりしながら何度もお気に入りのシーンを眺めて
萌えています。
7月3日
明日発売のヤングジャンプなんですけども。
ちょっと、…かなり進行が難航しまして。
スタッフのスケジュールも合わず。
担当に、誰かアシスタントを紹介してくれないかと、頼んだんです。
そしたらなんと!
ヤングジャンプ本誌で連載中の「十字架の魔術師」の
岡崎圭先生を紹介されました。
作家同士が知り合うのはいいことだろうとの配慮です。
すでに連載中のプロの人を…恐縮過ぎですよ…
ちょうど都合がつくとのことで、引き受けてくれました。

実はこういう事は二度目です…
一度目は、まんがくらぶオリジナルに
「猫の手貸します!」を連載中、どうにもやばいので
やっぱり担当に誰か新人の人か誰かを頼めないか聞いてみたところ、
藤島じゅん先生が!来てくれました。
(担当に頼むと作家が来るものなのか?)
同じ雑誌で連載中やー!!
十字架の魔術師は月一連載だけど、
当時、藤島先生が連載中だった「コンビニぶんぶん」と
「猫の手」は、締め切りが同じ日だったですよ…!
藤島先生が自分の原稿が終わったからということで
来てくれたのでした。
担当も何も考えずに、ただ先生が人がいいから頼んだんだと思います。
このときは事前に誰が来るのか知らされてなかったので
激しくびびった。藤島先生も、私のどの原稿を手伝うのかは
聞いていなかったそうで、
「え…くらオリの原稿ですか?今?」と驚いていて。
でも賢明な先生はそれ以上突っ込まなかったのでした。
いやー焦ったです。
もうこりごりです、反省しました。
…はずだったのですが。

岡崎先生は、当たり前だけど上手だし、早かったです。
扉絵の、額縁の中の絵を全部描いてくれました。
是非見てください。
7月3日
今更だけど、アニメの「時をかける少女」観ました。
メガネっ子超かわえええ!
それはさておき、
いやーさわやかですね!どんだけさわやかなのか。
思わず自分の人生振り返って、空しさのあまり
自分が嫌いになりそうなほどに。
しっかし、性欲のない、女未満の、少女前後の存在って
好きになると大変ですな。
こっちは彼女の胸とか見て、性別を女と認識して好きになってんのに
向こうはまだ女じゃないんだから。
とか言う感想がすでに薄汚れてる気がします。
貞本義行の絵もいいし、テンポもいいし、いい映画でした。とても。
6月29日
あっ今日、キャラフル発売です。
ヤングコミック増刊、オール新作書き下ろし美少女漫画雑誌、
表紙イラストを描かせていただきました。
表紙のみです。本文には描いていません。
表紙の女の子はえり子くんっぽい感じですが、
特に誰と定めたわけではありません。
なんつーかね、ヤンコミはずっとえり子くん再掲載なのに
呼んでもらって、しかも表紙で嬉しくて、
がんばって描いたつもりだったのだけど、
考えてみたら最近こういうカラーの一枚イラストを、あんまり
描いていなかったのですね。
ん〜なんだか腕が下がったような…
んんん…
6月29日
BHドラマCDの予約注文ページで
主役二人によるコメントが聴けますよ。
もー浅野さんはコメント収録後もだいいんしんだいいんしんと
連発していました…

しかし、だいいんしんという単語をそれまで聞いたことがなかったって
どういう事なんでしょう。
私にはあり得ない、私の人生では
どこで知り逃しても別のシーンでかっならず目に耳にするはず。
たいそう親しみ深い言葉ですよ。
同じ現代日本に生まれても、人生色々ですよ。
(そんな人生をもっと恥じたらどうか)