日記9


トップへ 日記1 日記2 日記3 日記4 日記5 日記6 日記7 日記8

2月1日

財前「彼は私の言いなりですから」

言いなり.....言いなり.....
腐女子妄想さくれつ!!
彼ってのは伊藤英明(若手医師)のことなんだが、財前教授に頭が上がらない。
上川隆也弁護士の激しい言葉責めに遭う伊藤英明。
美人ナースの「胸ぎゅ」をふりほどく伊藤英明。
「YASYA」で天才の役をやったときはどうしようかと思いましたが、こっちははまり役だー。

久しぶりの更新がこんなのかよ....


1月28日

中学の時、島本和彦の「華麗なるチャレンジャー」を雑誌で読んで
ファンになった。それはデビュー2作目の読み切りで、
その次の号から「風の戦士ダン」の連載が始まったから、
ホントに華麗なるデビューだったんだと思う。

高校に入ってサンデーに持ち込みに行った。31ページのストーリーまんが持って。
まあ結果はぼろぼろで、私は緊張しすぎて1枚原稿が抜けてることにも気付かんかった。
家に置いて来ちゃってた。対応してくれたサンデーの編集さんに、
目の前で読んでもらって、「話の流れわるいね〜」なんて言われてたのに、
気付かんかった。で、
「なにか生原稿見せてあげるよ。誰のファン?」と聞かれ、
迷わず島本和彦、と。するとその編集さんは、急に顔をしかめて、
「あれね〜...彼はね、今はいいけど、子供の頃の知識だけで書いてるでしょ。
ああいう人はすぐ行きづまっちゃうよ。」
そのときちょうど「炎の転校生」の連載が終わったばっかりで、原稿がなく、
かわりに高橋留美子の「うる星やつら」を見せてくれた。もちろんすごく好きだし、
とっても嬉しかった。編集さんは続けて、
「彼女こそ、努力と才能を併せ持った希有な人だよ。納得のいかないところはとことんなおす。
知識も広いでしょ。こういう人を目指しなよ」

もちろん高橋留美子は素晴らしい。しかし、自分の気に入らない作家を、
ファンの前でけなす意味は?オトナゲない.....
「子供の頃の知識」っていうのは、島本和彦が、特撮とかアニメが好きってあたりを指してるらしい。
しかし、その後、石森章太郎のまんがをリメイクしたり、
自身の同人誌で、昔の特撮やまんがを例に出して、おもしろい話作りとは何か、
というテーマに向き合ったりしている。
子供の頃の感動を今でも持ち続け、消化し、昇華している作家なのだ。
あのときの編集さんに、どーだ!見たか!と言ってみたい。もう誰だかわかんないし、
そもそも私の手柄ではありませんが。

島本和彦の単行本が百冊目を迎えた記念小冊子、吼えろペン10巻の発売日に
アニメイトに行ってもらった。まだあるかな。

1月25日

やってますよ逆転裁判3!
ゲームキューブで!もういきなり萌えっぱなし!
しかし、ほんと〜〜にゆっくりしか進まない...まだ一章が終わったばかり。
難しいよ〜
そんなわけでネタばれになる話は振らないでください。一ヶ月くらい。お願いします。

ドラマ「砂の器」もけっこういいかんじです。

「特装少女隊そあら」の園山かりなと、メイドロボ真琴。


1月21日
アシスタントしてくれてる人のことなのですが、週に35本くらい
アニメ観てるんだそうです。
その人はアニメ関係の仕事もしてるので、仕事熱心ということなんだけど。
でもすごいなあ〜

1月18日

あーごめん。告知し忘れです。
1/15発売のみこすり半劇場別館、「ひとには、言えない。」の番外編、
ショートストーリーを描きました。真琴のルーツが一目でわかる6ページです。

あと、ちょっと早いけど、すてきなOLコミックに「えりこくん、お茶!」
カラーショート6ページ、というお知らせです。1/27発売。
一応、今回で、すてきなOLでのゲストは最終回です。
今後はイラストなど、ほそぼそとした形で続く可能性はありますが、
はっきりしたことは未定です。さみしいですが....
えりこくんは、雑誌の傾向なのか、読者の方たちが、手紙やアンケートを
すごくきちんと書いてくれて、反響がよく感じられて嬉しいです。
ストーリーを描いて、という要望もたくさん頂きます。
ありがとうございます。なかなかお応えできなくてすみません.....


1月17日

すみません!
年末にパソコンがクラッシュして、それ以降、メールが読めていませんでした。
読めていないことに今まで気がつきませんでした。ごめんなさい。
今全部読みました。
トップページに記載されているメールアドレスが古かったのでした。
今、新しい方になおしました。以後、こちらにお願いいたします。
sanri@aa.isas.ne.jp

全然返事が出せていなくてすみません。普段は全部読ませてもらっています。
いつもありがとうございます。


1月16日
「白い巨搭」財前先生調子に乗りすぎ。あんまり慢心してるとタダのバカだし、
倒れろ!という気になりません。巨悪は細心で臆病でなければ。鵜飼教授を見習え。
それはいいとして、かたせ梨乃、もうちょっと身なりを.......
夫が生きるか死ぬかで鼻水たらして泣き叫んでる人が、毎回髪をきちんと
巻いてるのが気になります。お弁当屋なのに爪をきれいに伸ばして
マニキュアバッチリなのも気になります。
私意地悪ですか。

1月12日
大河ドラマの「新撰組!」見ました。
人物は、従来のイメージを逸脱しないつくりになっているようなので、
安心してみられそう。明るくアットホームな新撰組が見られるのかな。

1月12日

「家政婦は見た!」が好きでよく見るんですが、1/10放送の話は切なかったです。

このシリーズは、一見、なんの力もなさそうな家政婦の石崎さんが
政界財界の大物の悪事を痛快に暴き立てる、非さわやかなドラマシリーズです。
石崎さんはいつも袖の下は平気でもらうし、他人の生活をのぞき見て
なんの良心の呵責も感じてないようだし、実にしたたかです。
彼女はたくさんの金や、地位や名誉を持った人間を、ずうずうしさや知恵だけで
やりこめます。そこがいいんだけど、逆に言うと彼女自身が目に見える形で
持っているものはほとんどありません。
資格はない。お金はない。若さはない。家はない。家族はない。
家政婦紹介所の寮に住んでいるので、ワイワイ言う相手はいます。
でも、彼女らはどこか他人であり、みんな孤独なのです。孤独な集団なのです。
しゅっちゅう細かい細かいお金のことでいざこざを起こしていますが、
あれは、楽しいコメディ部分というだけではなく、彼女らの他人性を強調しているのです。
彼女は猫を飼っています。猫が老獪なボテ猫なら、きっと石崎さんの孤独を受け止め、
共に生活する家族たり得たでしょう。でも、なぜか猫はいつも子猫なのです。
いつも彼女の庇護を受けるだけの、話し相手にもならない、子猫。
そして石崎さんは、一人でさめざめ泣くには強すぎる。
いつも好きな歌を歌って今日を乗り切っているのです。

そんな石崎さんに、家族ができるかもしれない。それが1/10の話でした。
相手は、ふとしたことで知り合った、養護施設の4歳の男の子。
石崎さんによくなつき、孤独に慣れていた彼女も、初めはとまどいながらも子供を愛した。
彼女は夢想する。子供と養子縁組し、子供と共に生きることを。
子供は成長し、学校に入り、社会人になる。そして自分に向かって言う。「ただいま」
言う方も言われる方も、魔法のように幸せな言葉、「ただいま」。

しかし、石崎さんと子供では年齢が違いすぎたのです。多分、彼女は60くらいか。
子供を引き取り、成人するまで学費や生活費を稼ぐのは難しい。
結局養子縁組は認められませんでした。子供は施設に戻り、彼女に日常が戻ります。
子供がまだそこにいるような気がする。つい振り返ってみる。でももちろんいない。

石崎さんに家族ができて欲しかったなー...........
ホントにホントにできて欲しかった。石崎さんに、心の底から笑って欲しかった。
子供と別れて、すごく悲しかった。大泣きした。今も涙が出ます。


1月9日
一家総出でインフルエンザです。
皆さんも気をつけてくださいね。

1月7日

マックがクラッシュしてしまい、急遽ウィンドウズに買い換えました。
そんなわけで日記はしばらく更新が少ないかと思います。ごめんなさい。
一応マックも使えるようになりまして、今はマックから打ってます。
ウィンとマックってやっぱりうんと違うよ〜難しい〜
ショートカットとかも違うし....フォトショップもバージョンが5.5から7になったのですが
自分でも笑えるほど使いこなせねえ〜
不器用だなあ....

それはそれとして、明日1/8発売のヤングジャンプ、ふたたび
「B型H系」ゲストです。
山田ちょっとイメチェン。いままで、かわいいってかんじで、あんまり美人って感じじゃなかったんで。
よかったら読んでください。


12月21日

ようやっと白い巨搭を見終わった〜
最後の方見逃してたので、再放送で観れたよ〜
財前先生悪!卑怯!弱!かっこいい〜萌え〜
敵(東教授)が形勢不利になると、図太さを増すといういやらしさ。
敗者が手を差し出そうとする気持ちを、無碍にする非道さ。
少年まんが風に言うと、主人公に負けたライバルが、夕日を背に
「俺の.....負けだ。」といって握手をしようとする、
その手を払いのけた、ってとこですね。くう〜
二部でもきりきり舞いして欲しいものだ。

とってもおもしろかったけど、教授夫人の会の話、あのへんはうっとおしかったなあ。
だいたいさ、夫人ってなんだよ。教授という肩書きに意味があんのは
本人だけでいいだろ。教授の地位が欲しいなら自分でなれ。
無職のおばさん集団が、小学生以下のいじめを繰り広げる
エピソードなんか見せられても苦痛なんですが。だいたい教授選に関係ないし。

ところで私の父は東大の教授でした。退官してますが。
父に、あんなふうだったか〜と聞いてみたところ、
「あれは病院だからだろ〜。普通はあんなんないと思うよ」
とのことでした。本当になかったのか、父にとって関係のないことだったのか
わかりませんが。


12月20日
連載前、初めて描いたあひるちゃん。
大人みたいですね。

12月19日
インスタントコーヒーはやっぱりネスカフェゴールドブレンドです。
ちょっと高いけど、ほかの買ったら合わなかった。
浮気して初めてわかる本妻の良さ。

12月18日
鋼の錬金術師の関連グッズを買い漁ってる気がしますが、
買っても買ってもまだまだいろんな商品があるね。きりがないほどに。
なんだこの景気の良さは。こんな世界もあるんだなあ。
ガンガンって初めて読んだけど、メディアミックスで
いろんな展開がある作品ばっかりで、楽しそうでした。みんな絵きれいだし。
いいなあ.....

12月17日
でもここんとこ三ヶ月くらい、「みこすり半劇場別館」での
「ひとには、言えない。」は、しんどい展開でした。
読者も辛かったみたいで、雑誌でのアンケートも悪かった。
いやな展開になると、「今月のおもしろかった作品」の順位が落ちて、
「つまらなかった作品」の順位は上がります。
私も真琴には幸せになって欲しい。んだけどね。

12月16日

年末進行は毎年あるのに、なんで毎年しんどいんでしょうか。

ところで、うちでは、正月とお盆は毎年、父の実家に親戚が30人くらい集まって
ごちそうたべたり酒を飲んだりするんですが
今年はみんなでビンゴをするんだそうです。仲よさそうですね。
自分で言うのもなんですが、うちはホームドラマに出てくるようなほのぼの家族です。
こんなうちに育っておきながら、私は若い頃鬱々として、
人生がいやでいやで自殺のことばっかり考えていたりしたものです。
しかし、まんが家になってネームを切ってみると、ほのぼのまんがばっかり
描いてしまいます。三つ子の魂百までってこと?よくわかんないけど。


12月15日
予約しといてなんだけど、ゲームは苦手なんだけどね。
反射神経と根気がないので...
今までクリアできたゲームは「かまいたちの夜」「逆転裁判」
「探しに行こうよ」の三つだけ。
前二つは小説みたいなもんだし、後のは夫が作ったゲームだから。
おもしろかったけど、短かったからできたっていう部分はあるかも。
世の中の人はみんなすごいなーとつくづく思うよ。
別にゲームのことだけじゃないけど、
毎日お風呂にはいるとか、遅刻しないとか、顔にパックするとか、
多くの人が普通にマメにしてることが私には全然できない.....
私はいつも怠け者で、何をするにも限界でアップアップしている....
がくり。

12月12日

ニュータイプ買いました。鋼の錬金術師特集。
小説1,2巻、公式ガイドブックも購入。DVD予約。ゲームもこれから予約します。

ゲームキューブも買いました。これで逆転裁判3が
ゲームボーイアドバンスでなく、テレビのおっきい画面でプレイできます。
逆転裁判1の絵を描いてる人が、まんがを描いてた雑誌も買ってみました。 

社会人オタクがキャラ萌えしたときの経済波及効果を、身をもって実感しています。


12月8日
子供にも萌え萌えです。
子供、8ヶ月になりました。風邪ひとつひかず毎日元気です。
もうかわいくてかわいくて、全身の臭いをかいでみたりお尻にほおずりしたり
逆さ吊りにしたり指を口に含んでみたり、ただの変態です。
でも、あなたが知らないだけで、
あなたも小さい頃、親にこんな非道なことをされてたんですよ〜(断言?)

12月7日

職場にハガレン(鋼の錬金術師)ヒートアップ中。
アシの人と二人で萌えすぎです。もう我々どこにいくのってくらいです。
DVD買う〜アニメ雑誌も買う〜
アニメ雑誌買うって....20年ぶりくらいかも....マクロス以来?
もうたまらないです。エドかわいすぎ。
先日の放送では色っぽい年上お姉さんが登場したのですが
お姉さんがエドにチュウでもしてしまったらどうしようと本気でハラハラしました。
本気でかよ!われながらバカすぎる。でも本気.....
アルにもっと活躍して欲しい....二人が主人公って感じにして欲しいなあ
とか、ホークアイ中尉には最後、大佐をかばって殉職して欲しいなあとか
ウィンリイにはもっとスカートはいて欲しいとか
いろんな望みを自分の中でストーリー化してみたりして
妄想はふくらむばかりです。

あと、中途半端に過去の日記が復活しました。