しゅみのきもの

 しゅみのきものへ戻る男性トップへ戻る  




* 男性の角帯の結び方  貝の口




※画像が大きいですが男性の腰の後ろ姿を想定して練習用ボディに結んでい ます(^_^;)

● 貝の口

貝の口結び**ゆかたにでも、着物でも貝の口(#^.^#)こちらから


● 貝の口結び


男性の帯結びの中でもこの貝の口が一番、最も一般的に多く結ばれている結び方ですね。

普段の着物から浴衣、外出着まで用いられています。

中央よりも少し左寄りに結ぶと粋な感じで男らしい結び方となりますよ^^

体型に合わせて胴に二巻きか三巻きしてしっかりと引き締めます。
  1. て、先の帯幅を二つ折りにして、て、の長さを左腰骨の横こぶし一つ分位の長さに決めます。

    この写真は胴に一巻しているところです、もう一巻します。
(この写真の左手で持っているのが帯の片方の端っこです手先と 決めて(^_^;)ここから巻き始めます)
て、先の帯幅を二つ折りにして、て、の長さを左腰骨の横こぶし一つ分位の長さに決めます。
  1. 体型に合わせて胴に二巻きか三巻きしてしっかりと引き締めます。
背中央で、て、先とたれ、先を測りたれ、の方が5センチ位長めに決めます。
  1. 胴に巻いてきた、たれ、を緩まないようにしっかり引き気味に持って、背中央で、て先とたれ先の寸法を測りたれ、の方が5センチ位長めに決めます。
残りのたれ、は内側に折り返し挟み込みます。
  1. 残りのたれ、は内側に折り返し挟み込みます。
たれ、をて、に重ね交差させて。
  1. たれ、をて、に重ね交差させて。
たれ、をて、の下から通して、しっかりと結びます。
  1. たれ、をて、の下から通して。
たれ、をて、の下から通して、しっかりと結びます。
  1. しっかりと結びます。
上に向いているたれ、を下に下げ形を整えます。
  1. 上に向いているたれ、を下に下げ形を整えます。
胴に巻いた帯の下側から左斜め上の方向へ内側に折上げます。
  1. 胴に巻いた帯の下側から左斜め上の方向へ内側に折上げます。
折上げたたれ、の輪の中にて、先を通したれ、とて、先を左右に引いて結びます。
  1. 折上げた、たれ、の輪の中にて、先を通し、たれ、とて、先を左右に引いて結びます。
  • 貝の口のもう一つのパターン


    9、10、の場面で、折上げた、たれ、の輪の中にて、先を通すところで、て、先の帯幅を広げたままで結ぶ方法もあります。

    この時も、たれ、とて、先を左右に引いて結びます。

    結び上がりに厚みが少ないので、羽織下に結ぶのには最適でしょうね。




探し物が見つかりますようにね。
▼足袋のいろいろ ▼裾除け 肌襦袢 ▼着物の補正 ▼長襦袢のいろいろ ▼女性ゆかた ▼男性浴衣
▼女袴 ▼男袴 ▼草履 ▼風呂敷 ▼腰ひも ▼伊達締め
▼帯板 ▼帯枕 ▼七五三着物 ▼髪飾り ▼和装ブラジャー ▼和装小物
▼重ね衿 ▼扇子 ▼かんざし ▼帯どめ ▼コーリンベルト ▼和装バッグ
▼半幅帯 ▼袋帯 ▼丸帯 ▼名古屋帯 ▼京袋帯 ▼付け帯
▼洗える着物 ▼成人式 振袖 ▼振袖 ▼紬の着物 ▼喪服 着物 ▼絣の着物
▼お召の着物 ▼黄八丈着物 ▼更紗の着物 ▼絞りの着物 ▼夏の着物 ▼訪問着
▼色無地の着物 ▼色留袖の着物 ▼江戸小紋 ▼小紋柄 ▼付け下げ訪問着 ▼加賀友禅
▼留袖の着物 ▼男の子草履 ▼女の子草履 ▼七五三祝い帯 ▼子供用足袋 ▼子供半衿
▼帯揚げ帯締め ▼半衿 ▼雨コート ▼下駄 ▼甚平子供 ▼子供浴衣





しゅみのきもの


Copyright(C) 2011しゅみのきもの All Rights Reserved.