基本の作り方、手順を説明


☆ 慣れてきて自分の思うように作りたい、そして、どんな石けんを作りたいのか!?
ちょっと上級者向けですね^_^;
オリジナルのレシピの作り方

☆ 初級編の基本の石けん 私はこちらです(*^_^*)/
〇 マルセーユ石けん

〇 オリーブ石けん
☆ 基本の作り方、手順を説明

■ 精製水と苛性ソーダを量る

こぼさないように注意しながらステンレスのスプーンで正確に量ります。

■ 苛性ソーダを精製水で溶かす

苛性ソーダ水溶液が透明になるまで手早くかき混ぜる。

■ 油を量り、油と苛性ソーダ水の各温度をそろえる

両方とも38度から40度にそろえる。

■ 油と苛性ソーダ水を合わせ、20分間かき混ぜる

泡だて器でオイルをかき混ぜながら、苛性ソーダ水溶液を少しずつ注ぎ入れる。

■ タネを型に入れるタイミングを見きわめる

20分たったら泡だて器を入れたままラップをして12時間から24時間、型入れ時を待つ。
(子供やペットのいたずらに気をつける)

■ 型に入れる

泡だて器からしたたるタネで絵が描けるくらいになったら型入れ時、香りや効能の為にプラスしたい材料はこの時に入れる。

■ 保温箱に入れて固める

タネの重みで中央がふくらむので、タコ糸で二箇所ほどしばる。

■ 型から出し、切り分けて乾燥させる

石けんの表面が乾いたらゴム手袋をして切り分ける。

■ 4週間寝かせて出来上がり(今回はドライハーブを入れてみました)

(オリーブ石けんは6週間)日があたらず、通気の良い乾燥した場所で熟成させる。 オリーブ石けんは、材料がオリーブオイル、苛性ソーダ、精製水の3点のみに変わるだけで、基本的な手順は変わりません。
上手く切れなかったのでおにぎりにしちゃいました(^^ゞコーヒーのマーブルです。

体臭・加齢臭などにお困りなら「いい快互服ドットコム」

成分にこだわった天然アミノ酸系シャンプー【ラムダケア】

MENU

この二冊は私が参考にしている本です