トップへ

浴衣の着方、着付け方

[☆ 浴衣の着方、着付け方 他装、コーリンベルト未使用編]

 ゆかたは、見た目にも涼しげで、夏らしさを感じさせられる装いですね^^また、ゆかたは長襦袢を着ずに下着の上にそのまま着るので着付けも簡単です。気軽に楽しみましょうね。

@ ゆかたを、はおり、掛け衿を揃えて背縫いが背中心にくるようにします。
A 左右の衿先を揃えて、両衿先の少し上を右手で持ち、左手で後の背縫いを持ち、浴衣を上に持ち上げてくるぶしがかくれるくらいの着丈の位置に決めます。

B まず先に上前の衿下を右の腰骨の位置に合わせて上前幅を決めたら、上前を開き、下前を入れ込み、つま先を床から10p位引き上げます。
C 上前を重ね、つま先が床から5〜6p上がるようにして手でしっかり押さえておきます。手で上前を押さえている位置に腰ひもをあて、後ろで交差させて前に戻します。(★腰紐が弱いと裾がくずれます)。
D 腰紐はしっかり締めて、前で片花結びにし、ひも先は腰ひもに挟み込みます。
E 身八つ口から手を入れて、左右の衿を引き寄せ重ねて、手刀を切るようにトントンと、おはしょりを下におろします。
F 手を後へまわして後ろのおはしょりもきれいに整え、衣紋をコブシ一つ分入るくらい抜きます。
※コーリンベルト代用の腰紐の使い方

G 後の衣紋が崩れないように、下前をそっと引き出して、掛け衿の所から中に折込みその折り返しを自然に下ろします。

■  H へ 次ページ目に続きます。ここから♪

ゆかた美人をめざして

古くは湯上りに着るものだった浴衣は基本的にはカジュアル着です。 美しく着付けて美人度アップをめざしましょう♪ 衿元が開きすぎていたり、おはしょりが乱れていると、だらしなく 見えてしまいます。

手でしごくだけでもシワやたるみは直りますから、こまめにチェックしましょうね。 衿元は、鎖骨までしっかり閉じます。 直線裁ちのゆかたは、体型の凸凹を無くす事できれいに着あがります。 胸の薄い人は鎖骨下からバストの間にタオルを置いて胸元を整えましょう。 胸の豊な人は和装ブラジャーで押さえ胸元を整えると思いのほかきれいな着付けになります。






探し物が見つかりますようにね。
▼足袋のいろいろ ▼裾除け 肌襦袢 ▼着物の補正 ▼長襦袢のいろいろ ▼女性ゆかた ▼男性浴衣
▼女袴 ▼男袴 ▼草履 ▼風呂敷 ▼腰ひも ▼伊達締め
▼帯板 ▼帯枕 ▼七五三着物 ▼髪飾り ▼和装ブラジャー ▼和装小物
▼重ね衿 ▼扇子 ▼かんざし ▼帯どめ ▼コーリンベルト ▼和装バッグ
▼半幅帯 ▼袋帯 ▼丸帯 ▼名古屋帯 ▼京袋帯 ▼付け帯
▼洗える着物 ▼成人式 振袖 ▼振袖 ▼紬の着物 ▼喪服 着物 ▼絣の着物
▼お召の着物 ▼黄八丈着物 ▼更紗の着物 ▼絞りの着物 ▼夏の着物 ▼訪問着
▼色無地の着物 ▼色留袖の着物 ▼江戸小紋 ▼小紋柄 ▼付け下げ訪問着 ▼加賀友禅
▼留袖の着物 ▼男の子草履 ▼女の子草履 ▼七五三祝い帯 ▼子供用足袋 ▼子供半衿
▼帯揚げ帯締め ▼半衿 ▼雨コート ▼下駄 ▼甚平子供 ▼子供浴衣


おすすめ オンラインショップ

ベルメゾンネット

幸運ギフト
ベルメゾンネット

LIONオンラインショップ

LIONオンラインショップ

アマゾンで購入