記録<日本人作家> あ/か・さ/た・な・は/ま・や・らわ

「ひとこと」欄に何も書いてないのはそのうち書き足します。
10段階評価で10→◎、9→★、8→☆(以下は無印)
あくまで私が面白いと思ったかどうかが基準です。完全に好みの問題です。
作品は出版年代が古い順です。
シリーズ物は「」に。ただしシリーズ名は私が個人的に名付けたものもあります。
書簡に記事があるものはこの色で表示しています。書簡記事にジャンプします。


アンソロジー(タイトル50音順)
著者名 書名 ひとこと
谷原秋桜子/野村美月/緑川聖司/加藤実秋 7days wonder  
恩田陸/若竹七海/近藤史恵/小林泰三/
乙一/篠田真由美/新津きよみ/岡本賢一/
瀬川ことび/はやみねかおる
青に捧げる悪夢 印象に残ってる作品は、恩田陸―「水晶の夜翡翠の朝」理瀬シリーズの短編。若竹七海―「三度のサマータイム」クール・キャンデーの続編。はやみねかおる―「天狗と宿題、幼なじみ」僕と先輩のマジカルライフの幼少時代。
狗飼恭子/加納朋子/久美沙織 /近藤史恵/島村洋子/中上紀/中山可穂/藤野千夜/
前川麻子/三浦しをん/光原百合/横森理香
ありがと 。
―あのころの宝もの十二話 
 
西加奈子/豊島ミホ/竹内真/光原百合/佐藤真由美/三崎亜記/中島たい子/中上紀/井上荒野/華恵

嘘つき。
―やさしい嘘十話

いろんなタイプの優しい「嘘」の作品集。どれも読後感がよかったです。長さもちょうどいい。
道尾秀介/伊坂幸太郎/大山誠一郎/福田栄一/伯方雪日 蝦蟇倉市事件1  
秋月涼介/北山猛邦/越谷オサム/桜坂洋/
村崎友/米澤穂信
蝦蟇倉市事件2  
唯川恵/小手鞠るい/畠中恵/原田マハ/
ヴィシィ章絵/朝倉かすみ/角田光代
恋のかたち、愛のいろ どれも読み応えがあった。小手鞠さんと朝倉さんだけちょっとピンとこなかったかな。
芦原すなお/安藤由希/岩井志麻子/岸虎次郎/本沢みなみ/前川麻子/若竹七海 告白。  
松尾由美/乃南アサ/角田光代/三浦しをん/
谷村志穂/阿川佐和子/沢村凜/柴田よしき
最後の恋  
後藤みわこ/令丈ヒロ子/ひこ・田中/寮美代子/香月日輪 Twinkle―ひかりもの  ↓の「Fragile」に続く第二弾。関西在住作家による関西の中学生を題材にしたアンソロジー。どれもよかった!
角田光代/瀬尾まいこ/藤野千夜/椰月美智子/野中ともそ/島本理生/川上弘美 Teen Age    
松浦理英子/江國香織/角田光代/町田康/
金原ひとみ/島田雅彦/日和聡子/桐野夏生/小池昌代
ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ  「帚木」(松浦)「夕顔」(江國)「若紫」(角田)「末摘花」(町田)「葵」(金原)「須磨」(島田)「蛍」(日和)「柏木」(桐野)浮舟(小池)
乙一/恩田陸/北村薫/誉田哲也/西澤保彦/桜坂洋/岩井志麻子 七つの黒い夢 ホラーだと思って敬遠していたのですが、不思議系ファンタジーな話がほとんどで、どれも私好みでしたv掘り出し物v
吉田修一/森絵都/佐藤正午/有栖川有栖/小川洋子/篠田節子/唯川恵/堀江敏幸/
北村薫/伊坂幸太郎/三浦しをん/阿部和重
秘密。
私と私のあいだの十二話 
裏と表、両面から見せるショートショート。どれも面白かった!
石崎洋司/長崎夏海/令丈ヒロ子/花形みつる

Fragile−こわれもの

令丈さんの「あたしの、ボケのお姫様。」と花形さんの「アート少女」が好き。
草野たき/梨屋アリエ/深沢美潮/川上亮/
中島京子/折原みと
放課後。  
恩田陸/今江祥智/朱川湊人/三崎亜記/有栖川有栖/二階堂黎人阿刀田高/本多孝好/
内海隆一郎/梨木香歩/篠田節子/市川拓司石田衣良/山崎洋子/大道珠貴いしいしんじ/山本一刀/柴崎友香
本からはじまる物語  
石田衣良/谷村志穂/神崎京介/大道珠貴/吉田篤弘/日向蓬/山本幸久/井上荒野/
山之口洋/橋本紡/大島真寿美/甘糟りり子
本当のうそ:  
石田衣良/中田永一/中村航/本多孝好/
真伏修三/山本幸久
LOVE or LIKE 中田永一「なみうちぎわ」がすごくよかった!
石田衣良/島村洋子/川端裕人/森福都/
前川麻子/山崎マキコ/中上紀/井上荒野/
桐生典子/三浦しをん/いしいしんじ
Love Letter  
宮下奈都/福田栄一/瀬尾まいこ/中島京子/
平山瑞穂/豊島ミホ/伊坂幸太郎
Re-born はじまりの一歩  
市川拓司/大島真寿美/樋口直哉/生田紗代村崎友/畠中恵/福田栄一/長谷川純子/
山本幸久/小手鞠るい
忘れない。
贈りものをめぐる十の話
ちょっとファンタジーな「ワスレナグサ」(市川)と「四月の風はさくら色」(村崎)が面白かった。ミニミステリー「引き出物」(畠中)もらしくてよかったですv


あ行
著者名 書名 ひとこと
愛川 晶 ・六月六日生まれの天使 ラストで、ものすっごくやるせない気持ちに…
相沢沙呼 ・午前零時のサンドリヨン  
蒼井上鷹  ・九杯目には早すぎる   
・二枚舌は極楽へ行く☆
・ハンプティ・ダンプティは塀の中
「二枚舌」最後にあっと言わせる短編ミステリ。各話少しリンクしてます。
青井夏海 ・陽だまりの迷宮   
・そして今はだれも
・星降る楽園でおやすみ
・せせらぎの迷宮
「陽だまりの迷宮」は日常の謎…面白いことは面白いけど、決め手に今一歩欠けるかも。
「そして〜」と「星降る〜」も推理小説としてもう一つ何かが欲しい
青木 和  ・弥勒の森  
青木 和雄  ・ハッピーバースデー  しょせん綺麗ごとだな〜と思いました。宣伝文句の割には陳腐
碧野圭 ・銀盤のトレース ☆  
青山七恵 ・窓の灯   
・やさしいため息
・かけら
・魔法使いクラブ
 
秋田 禎信  ・カナスピカ  
秋梨 惟喬  ・もろこし銀侠伝   
日日日(あきら ・ちーちゃんは悠久の向こう   
・私の優しくない先輩
 
朝井リョウ ・桐島、部活やめるってよ  
浅川じゅん ・闇の国のラビリンス 「ライオンと魔女」のオマージュ…なのでしょうか?
朝倉かすみ ・ほかに誰がいる   
・そんなはずない
・好かれようとしない
・タイム屋文庫  
・田村はまだか
・夫婦一年生
・ロコモーション
・エンジョイしなけりゃ意味ないね
・玩具の言い分
・ともしびマーケット
・静かにしなさい、でないと
・感応連鎖
「ほかに〜」狂おしいまでの恋心…うーん。壮絶
浅倉卓弥 ・四日間の奇蹟   
君の名残を
・黄蝶舞う
個人的にはあわない作家さん。面白いことは面白いのですが…
あさのあつこ [児童書]   
・あかね色の風/ラブ・レター
・The manzai1〜4☆
NO.6#1〜7 ☆
・ガールズ・ブルー
・えりなの青い空
・復讐プランナー  
・『ヴィヴァーチェ
―紅色のエイ
―2.漆黒の狙撃手☆
・ 神々の午睡

[スポーツもの]
バッテリー全六巻
ラスト・イニング
・ランナー☆
・晩夏のプレイボール☆

[一般書]  
・透明な旅路
福音の少年
・地に埋もれて
・ありふれた風景画
・十二の嘘と十二の真実  
・ぬばたま
・金色の野辺に唄う ☆
・あした吹く風
・「玩具箱」シリーズ
―朝のこどもの玩具箱 ★
―夜のだれかの玩具箱 ★
・夢うつつ

[時代]  
・弥勒の月☆
―夜叉桜
―木練柿
・待ってる 橘屋草子☆
・『おいち不思議がたり
―ガールズ・ストーリー
火群のごとく
あさのさんの本は、男の友情をあつかったものが多いです。
特に「バッテリー」「NO.6」はおすすめ♪  

「透明な旅路」と「地に埋もれて」は姉妹編です。
「弥勒の月」は初の時代小説、「夜叉桜」はその続編です。  

瑞垣視点の『バッテリー』番外編、『ラスト・イニング』も好きです  

「ランナー」→バッテリーのようにスポーツそのものを題材にしているというより、スポーツ選手を主人公にした内面的な内容。  
血のつながらない「兄と妹」ものです。妹がひたすら可愛くてきゅんきゅんです(><)  

神木くんとあさのさんの対談を読んで以来、「The MANZAI」の歩が神木くんに思えてなりません(笑)  
1巻はいまいちだと思ったのですが、だんだん2人のやりとりがツボに…(笑)
芦原すなお ・カワセミの森で(ミステリーYA!)  
芦辺拓 ・紅楼夢の殺人   
・月蝕姫のキス(ミステリーYA!)
 
飛鳥井千砂 ・はるがいったら★   
・学校のセンセイ☆
・アシンメトリー★
・君は素知らぬ顔で
若手の作家さんですが、肩を張ってない感じで爽やかなお話で素敵です。
梓崎優 ・叫びと祈り  
安達千夏 ・ちりかんすずらん  
我孫子武丸 ・警視庁特捜班ドットジェイピー
・さよならのためだけに
 
甘木つゆこ ・はさんではさんで 表題作よかったです。長さ的にちょっと物足りない気もしましたが
天沢退二郎 ・光車よ、まわれ! いまいち
天野 頌子 ・陰陽屋へようこそ★ 狐っこ瞬太くんが激カワです!きゅんきゅんです!続編出ないかな
天野 純希  ・桃山ビート・トライブ
・青嵐の譜★
 
天野 節子 ・氷の華
・目線
 
綾辻行人 ・びっくり館の殺人(ミステリーランド)  
新井素子 ・もいちどあなたにあいたいな  
有栖川有栖 ・虹果て村の秘密(ミステリーランド) ミステリー入門書としてはいいかも
有川浩 ・「自衛官シリーズ」   
―塩の街★
―空の中☆
―海の底☆  
クジラの彼
―ラブコメ今昔
・「図書館シリーズ」☆  
―図書館戦争
―図書館内乱
―図書館危機
―図書館革命
―別冊図書館戦争1
―別冊図書館戦争2  
・レインツリーの国☆
・阪急電車
・三匹のおっさん★
・植物図鑑☆
・フリーター、家を買う。◎
・シアター!☆
・キケン◎
「図書館シリーズ」巻を重ねるごとに面白くなってます。郁と堂上もいいけど、個人的には脇が気に入ってます。手塚とか小牧とか。  
そして、ある意味「レインツリーの国」も図書館シリーズです。

「クジラの彼」がめちゃくちゃツボでした。特に表題作が好きv  
活字でベタ甘ラブロマが好きで何が悪いーー!(同感/笑)
個人的には、図書館シリーズより自衛官シリーズの方が好みです。
有間 カオル ・太陽のあくび  
有吉 玉青  ・ティッシュペーパー・ボーイ 短編連作
安房直子 ・三日月村の猫   
・花豆の煮えるまで
懐かしいにおいがする物語
あんびるやすこ ・『アンティークFUGA』☆   
―1.我が名はシャナイア  
―2.双魂の精霊
シャナ兄さんと風雅の偽兄弟可愛い!
飯田雪子 ・さみしいうさぎ◎   
・夏空に、きみと見た夢
・風のむこう、きみへ続く道☆
・桃花水 きみを待つ春のほとり
 
飯田 譲治 ・アナン★ ホームレスと彼に拾われ少年の義親子愛!
五十嵐 貴久 「パパとムスメ」シリーズ
―パパとムスメの7日間
―パパママムスメの10日間
・土井徹先生の診療事件簿
・ダッシュ!
 
生田紗代 ・それいゆ  
井口ひろみ ・月のころはさらなり  
生垣 真太郎  ・ハードフェアリーズ  
池上永一 ・『テンペスト』   
―上 若夏の巻
―下 花風の巻 
 
池永陽 ・コンビニ・ララバイ☆  
・雲を斬る☆
・夢ほりびと
 
伊藤 英彦 ・『サジュエと魔法の本』   
―赤の章
―青の章
面白いことは面白いけど、これだけファンタジーが量産されている中では、ちょっと「きらり」と光るものが足りない気がしました。
伊坂幸太郎 ・オーデュボンの祈り☆   
ラッシュライフ
・「ギャングシリーズ 」 ☆  
―陽気なギャングが地球を回す
―陽気なギャングの日常と襲撃
重力ピエロ
アヒルと鴨のコインロッカー
・チルドレン★
・グラスホッパー☆
死神の精度
・魔王☆
・砂漠☆
・終末のフール★
フィッシュ・ストーリー
・ゴールデンスランバー☆
・モダンタイムス★
・あるキング
・SOSの猿
・オー!ファーザー
最近はまっている作家さん。設定が面白いです。  
注意して読んでいても、最後の方で「やられたー」と思わされる、にくい文章です(笑)  
テーマはいつも、軽いようで重いです。でもそれを感じさせないところがすごい!  
「チルドレン」「死神の精度」など短編連作は読みやすいので、読書初心者でも楽しめると思いますv  
細かく読んでいると、別の作品の登場人物やエピソードがさりげなく登場していて、それを発見するのも楽しいですv
射逆 裕二  ・みんな誰かを殺したい☆   
・殺してしまえば判らない
・情けは人の死を招く
「みんな〜」プロットが面白いです。
いしいしんじ ぶらんこ乗り◎   
・トリツカレ男☆
・麦ふみクーツェ
プラネタリウムのふたご
・東京夜話 ☆
・白の鳥と黒の鳥 ☆  
・雪屋のロッスさん☆
独特な世界観   
宮沢賢治が好きな人は気に入るかも
石井睦美 ・卵と小麦粉それからマドレーヌ   
群青の空に薄荷の匂い焼菓子の後に  
・レモン・ドロップ
・キャベツ
・兄妹パズル
「レモン〜」主人公の姉への思いにちょっと感情移入。
石崎幸二 ・首鳴き鬼の島  
石崎 洋司 ・チェーンメール   
・トーキョー・ジャンヌダルク 1
 
石田衣良 ・4TEEN   
・5年3組リョウタ組★
・親指の恋人
「4TEEN」軽いタッチの文章。あんまり好みじゃなかった。
石野 文香 ・パーク・チルドレン☆  
石持浅海 ・「座間味くんシリーズ」   
―月の扉
―心臓と左手 座間味くんの推理
BG、あるいは死せるカイニス
・扉は閉ざされたまま
・セリヌンティウスの舟  
・人柱はミイラと出会う
・Rのつく月には気をつけよう
・温かな手  
・君の望む死に方☆
・賢者の贈り物☆
・ガーディアン
・まっすぐ進め
・君がいなくても平気
・リスの窒息
「BG]思いがけず面白かった!独自の世界観での現代ミステリー
泉和良 ・エレGY  
泉啓子 ・サイレントビート☆   
・シキュロスの剣
 
伊園旬 ・ブレイクスルー・トライアル  
伊藤遊 ・鬼の橋☆   
・えんの松原★
・ユウキ
上の2つは平安ごろの日本が舞台。伊藤さんの作り出す世界観が好きですvキャラも素敵v
伊藤たかみ ・アンダー・マイ・サム   
・「ミカシリーズ」☆
―ミカ!  
―ミカ×ミカ
・雪の華☆
・ぎぶそん
・八月の路上に捨てる
おとこ女「ミカ」にまつわる話。なかなか読みやすいです。  

直木賞の「八月〜」はうーん…私にはいまいち。  
この人も児童文学の方がいい作品書くなあ…
絲山秋子 ・イッツ・オンリー・トーク   
・海の仙人
この方も、個人的にあわないです。
乾くるみ  ・リピート   
イニシエーション・ラブ☆   
・クラリネット症候群☆
「イニシエーションラブ」ただの恋愛小説に見せかけて…
「クラリネット〜」中編2作。設定勝ち。
犬飼 六岐 ・筋違い半介  
井上荒野 ・しかたのない水   
・ベーコン
・切羽へ
 
井上 尚登  ・クロスカウンター   
・厨房ガール!☆
 
井上夢人 ・風が吹いたら桶屋がもうかる   
・オルファクトグラム☆
・ザ・チーム
・魔法使いの弟子たち
 
今関信子 ・さよならの日のねずみ花火  
今邑 彩 ・いつもの朝に★ 兄、弟、二人とも愛しい!
今村恭子 ・『月族』   
―月族
―月族 月光の導きルーンの物語
―月族 真実の愛 運命の時
静かで綺麗な作品
岩城優佑 ・なもなきはなやま  
岩崎リズ ・DATASHIP ☆  
岩瀬成子 ・となりのこども  
岩本隆雄 ・夏休みは、銀河!上下 ★  
上田早夕里 ・ラ・パティスリー☆   
・ショコラティエの勲章
お菓子屋を舞台にした短編連作
上橋菜穂子 ・精霊の木   
・月の森にカミよ眠れ   
・「守り人・旅人シリーズ」完結  
―精霊の守り人◎
―闇の守り人★
―夢の守り人◎
―虚空の旅人★
―神の守り人★
―蒼路の旅人★  
―天と地の守り人1〜3★
―流れ行く者(守り人短編集)
狐笛のかなた
・『獣の奏者
―1.闘蛇編★  
―2.王獣編★
―3.探求編◎
―4.完結編◎
「守り人シリーズ」言わずとしれた名作だと思います。私は第1作の「精霊の〜」が一番好き。  
と言うかチャグムが好きですv番外編の「虚空の旅人」もそう言う意味で好きですv  

「狐笛のかなた」もなかなか引き込まれる話で好きですvラストは賛否両論あるようですが、私はいい終わり方だと思います。  
読後さわやかでv  

古い作品「精霊の木」「月の森に〜」も面白いです。
民俗学者でもある作者だからこその面白い視点のように思います。
上村 佑 ・セイギのチカラ  
魚住直子 ・非・バランス☆   
・超・ハーモニー
・象のダンス
・リセット  
・ピンクの神様
・園芸少年
デビュー作の「非・バランス」がすごく好きですv  
あとのは…悪くないけど特に良いとも言い難し…という感じ。
宇江佐真理 ・深川にゃんにゃん横丁  
歌野 晶午 ・魔王城殺人事件(ミステリーランド)   
・葉桜の季節に君を想うということ  
・女王様と私
・舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵
「女王様と私」倒錯的な内容。
内田響子  ・聖者の異端書  
内山 安雄 ・渋谷女子力  
打海文三 ・『裸者と裸者』   
―上 孤児部隊の世界永久戦争  
―下 邪悪な許しがたい異端の
・『愚者と愚者 』   
―上 野蛮な飢えた神々の叛乱
海人編の上と双子編の下。個人的には海人編の方が好き。双子はいまいち好きになれないんですよね…
海嶋 怜 ・たんぽぽのまもり人  
海月ルイ ・十四番目の月   
海野碧 ・「大道寺勉シリーズ」   
―水上のパッサカリア☆  
―迷宮のファンダンゴ
―真夜中のフーガ
 
江副信子 ・神々の島マムダ★   
・マンジュ
マムダを読んだのは中学生のとき。当時衝撃を受けた覚えがあります。ちゃんと読み返したい。
遠藤 徹 ・くくしがるば  
大川さとみ ・三日月ライダー☆  
大倉 崇裕 「福家警部補」シリーズ   
―福家警部補の挨拶
―福家警部補の再訪
・オチケン!(ミステリーYA!)
 
大崎 梢 ・『成風堂書店事件メモ』☆   
―配達あかずきん   
―晩夏に捧ぐ  
―サイン会はいかが?
・片耳うさぎ
・平台がおまちかね☆
・夏のくじら★
・スノーフレーク
・ねずみ石
本好きにとっては思わずにやりとしてしまう場面が多々ありますv
大島 真寿美  ・水の繭   
・青いリボン
・すりばちの底にあるというボタン
・三人姉妹☆
・戦友の恋
 
おおた うに   ・イナカノコ  
太田忠司  ・「景子・新太郎シリーズ」   
―ミステリなふたり☆  
―誰が疑問符を付けたか?
・黄金蝶ひとり(ミステリーランド)
・『月読』  
―月読☆
―月読 落下する花
・『予告探偵
―西郷家の謎  
―木塚家の謎
・レストアオルゴール修復師・雪永鋼の事件簿
・「甘栗シリーズ
―甘栗と金貨とエルム
― 甘栗と戦車とシロノワール
・五つの鍵の物語
・奇談蒐集家
・まいなす(ミステリーYA!)
軽く読めるミステリーが多いです。   
個人的には強烈夫婦大活躍の「ミステリなふたり」と  
独特な世界観の「月読」が好きです。特に月読の雰囲気はいいです。キャラも魅力的だし。
大谷美和子 ・ひかりの季節に  
大沼紀子 ・ゆくとしくるとし  
大山誠一郎  ・アルファベット・パズラーズ  
岡嶋二人 ・なんでも屋大蔵でございます   
・99%の誘拐
クラインの壷
クラインの壷、最高に面白かったです!計算し尽くされたミステリー
岡田淳 ・放課後の時間割★   
・雨やどりはすべり台の下で★
・リクエストは星の話  
・ムンジャクンジュは毛虫じゃない
・二分間の冒険★
・扉のむこうの物語◎
・びりっかすの神さま★    
・ポアンアンのにおい
・星モグラサンジの伝説☆
・『こそあどの森シリーズ 』★    
―ふしぎな木の実の料理法
―まよなかの魔女の秘密
―森の中の海賊船
―ユメミザクラの木の下で    
―ミュージカル・スパイス
―はじまりの樹の神話
・選ばなかった冒険★
・ふしぎの時間割
大好きな作家さんです。私は小さい頃、短編はあんまり好きではなかったのですが、この方の短編は好きでした。  
←のうち、「リクエストは〜」「放課後の時間割」「雨やどりは〜」「ふしぎの時間割」なのですが、どれも短編連作の形をとってます。  
その中で、特に好きなのは「放課後の時間割」    
岡田さんは教師だけあって、学校にある何気ないものを使った物語作りがお上手で、いつもすごいなあという気持ちになります。  

短編だけでなく、長編も非常に面白いですv
特に好きなのは「二分間の冒険」「扉のむこうの物語」    
どちらも古い作品なのですが、今読んでも全然古くさくないところがすごいです!    
「扉のむこうの物語」にはさりげない伏線の数々に思わず「うまい!」と言ってしまった記憶があります(笑)    

「こそあどの森」は対象年齢は低めですが、母親が子どもと一緒に読んでも面白い、そんなシリーズですね。(最近のは追っかけてませんが)
岡田なおこ ・薫ing  
岡本蒼 ・黒い髪のアリス  
小川一水 ・時砂の王   
・不全世界の創造手
・煙突の上にハイヒール
 
小川糸 ・ファミリーツリー  
小川 勝己 ・この指とまれ   
・純情期
 
小川みなと ・新しい森―2050年西新宿物語  
小川洋子  ・博士の愛した数式☆  
沖水幹生  ・ルナ★  
荻原規子 ・『勾玉三部作』◎   
―空色勾玉
―白鳥異伝
―薄紅天女
・これは王国のかぎ◎
・樹上のゆりかご★
・西の善き魔女◎
・風神秘抄★  
・『RDG レッドデータガール 』   
―はじめてのお使い◎
―はじめてのお化粧◎
―夏休みの過ごしかた
あえて語る必要はないように思います。私の最愛の作品たちです。  
三部作の中では「空色勾玉」が一番好きですv後書きの言葉には目から鱗でした、本当に。  
こんなに好きになれる作品に出会えた私は本気で幸せ者です。    
素敵な作品を生み出してくれた荻原さんには感謝の一言です。
荻原浩 ・僕たちの戦争☆   
・千年樹☆
・愛しの座敷わらし
・ちょいな人々☆
・オイアウエ漂流記
・ひまわり事件
 
奥山景布子 ・源平六花撰☆
・恋衣 とはずがたり★
 
小沢章友 ・ムーンドラゴン 時代は「風神秘抄」と同じ。白拍子も出てくるのでその辺も類似
小澤征良 ・しずかの朝  
小田雅久仁 ・増大派に告ぐ  
おちのりこ ・てりふり山の染めものや  
乙一 ・夏と花火と私の死体   
・失踪HOLIDAY☆
・暗いところで待ち合わせ  
・GOTH―リストカット事件
・さみしさの周波数☆
・ZOO ☆
・失われる物語☆  
・銃とチョコレート(ミステリーランド)
「GOTH」は描写が私にはちょっとキツかった。   
「銃とチョコレート」は正統派探偵冒険小説で、乙一さんこんなのも書くんだ、とちょっと意外でした。  
「失われる物語」で初めて乙一さんの真骨頂を味わいました。「ZOO」も「失踪HOLIDAY」もよかった!この人は短編の妙手です。
鬼塚 忠   ・Little DJ 小さな恋の物語
・カルテット!
・僕たちのプレイボール
 
小野祐泰 ・ブリガドーンの朝 いまいち
小野不由美 ・『十二国記』シリーズ◎   
・魔性の子
東亰異聞☆  
・屍鬼★
くらのかみ (ミステリーランド)☆
「十二国記」なんでもっと早く読まなかった!と過去の自分に文句を言いたい!文句なしに面白いです。ちなみに、陽子、延麒、珠晶あたりが好きです。  

「屍鬼」も、冒頭部分が長くて入り込むまではたるいですけど、一旦引き込まれると止まらない面白さ!と言うか切ない!!
おのりえん ・メメント・モーリ☆ これも読み返したい。もうすっかり忘れてるけど当時好きでした。
小野寺史宜  ・ROCKER ☆  
小山歩 痛いけど、伝わってくるものはすごく深い物語でした。
恩田陸 ・不安な童話☆
・「三月シリーズ」★
―三月は深き紅の淵を
―麦の海に沈む果実  
―黒と茶の幻想
―黄昏の百合の骨
木曜組曲★  
ネバーランド
・puzzle☆
上と外★  
・「神原恵弥シリーズ
―MAZE
―クレオパトラの夢
ドミノ ★  
・劫尽童女
蛇行する川のほとり
・まひるの月を追いかけて
・禁じられた楽園
Q&A ★  
夜のピクニック
・夏の名残の薔薇★
ユージニア
・ネクロポリス 上下
・チョコレートコスモス★
・中庭の出来事☆
・木漏れ日に泳ぐ魚
・猫と針  
・ブラザー・サン シスター・ムーン
・訪問者
・私の家では何も起こらない


[SF・ファンタジー]
・六番目の小夜子☆
・球形の季節☆  
・『常野物語
―光の帝国☆
―蒲公英草紙★
エンドゲーム
・「塚崎多聞シリーズ」  
―月の裏側
不連続の世界
・ライオンハート
ロミオとロミオは永遠に
・ねじの回転☆
・きのうの世界☆


[短編集]
・象と耳鳴り☆  
・図書室の海★
・朝日のようにさわやかに
・いのちのパレード☆
・六月の夜と昼のあわいに☆
「三月シリーズ」は1作ずつで独立してますが、通して読むとなお面白い。出版順で読むのがベストだと思います。間違っても「黄昏〜」を「麦の海〜」より先に読んではいけません(私はそれで失敗した!)  


恩田さんの本はいろんなところでリンクしていて面白いですv
読後思わず「うーん」と呻ってしまう作品も多々ありますv  
(でもちょっと当たりはずれがあるかな〜とも思います。途中まではいいのですが、ラストで「あれ?」と思う作品も。まぁ、好みの問題かもしれませんが)  

ひたすら美形が多いのも恩田さんの特徴の一つ(笑)
キャラが魅力的でいいですv  
感情移入して読むと言うより、あくまで客観的な視点で読める作品だなーと思います。  

途中までは面白いのだけど、ラストがもやっとな話が多いのが玉に瑕。  
綺麗にまとまっているなあと感じたのは「ネバーランド」「木曜組曲」「夜のピクニック」    

本を出版するペースがとても速いのも嬉しいです。

記録<日本人作家> あ/か・さ /た・な・は/ま・や・らわ

back